研究業績

2011年 研究業績


原著

2. Sugiura Y, Okamoto F, Okamoto Y, Hasegawa Y, Hiraoka T, Oshika T:
Ophthalmodynamometric pressure in eyes with proliferative diabetic retinopathy measured during pars plana vitrectomy.

Am J Ophthalmol 151:624-629,2011
3. Lim Y, Yamanari M, Fukuda S, Kaji Y, Kiuchi T, Miura M, Oshika T, Yasuno Y:
Birefringence measurement of cornea and anterior segment by office-based polarization-sensitive optical coherence tomography.

Biomed Opt Express 2: 2392-2402, 2011
4. Ishii K, Hiraoka T, Kaji Y, Sakata N, Motoyama Y, Oshika T:
Successful treatment of endogenous Klebsiella pneumoniae endophthalmitis: a case report.

Int Ophthalmol 31:29-31,2011
5. Kakita T, Hiraoka T, Oshika T:
Influence of overnight orthokeratology on axial elongation in childhood myopia.

Invest Ophthalmol Vis Sci 52:2170-2174, 2011
7. Ozawa D*, Kaji Y*, Yagi H, Sakurai K, Kawakami T, Naiki H, Goto Y:(*共同筆頭著者)
Destruction of amyloid fibrils of keratoepithelin peptides by laser irradiation coupled with amyloid-specific thioflavin T.

J Biol Chem. 286(12):10856-10863, 2011
9. Fujii N, Kaji Y, Fujii N:
D-Amino acids in aged proteins:analysis and biological relevance.

J. Chromatogr. B 879, 3141-3147, 2011
J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci. 2011
10. Mori Y, Aki K, Kuge K, Yamanaka N, Tajima S, Kaji Y, Nagai R, Yoshii H, Fujii N, Watanabe M, Kinouchi T, Fujii N:
UV B-irradiation enhances the racemization and isomerizaiton of aspartyl residues and production of Ne-carboxymethyl lysine (CML) in keratin of skin.

J. Chromatogr. B 879, 3303-3309, 2011
J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci. 2011
11. Hiraoka T, Daito M, Okamoto F, Kiuchi T, Oshika T:
Time course of changes in ocular aberrations after instillation of carteolol long-acting solution and timolol gel-forming solution.

J Ocul Pharmacol Ther 27:179-185, 2011
12. Sugiyama K, Hiraoka T, Okamoto Y, Kabata T, Oshika T:
Acute severe exophthalmos in an infant with orbital capillary hemangioma.

Jpn J Ophthalmol 55:67-68, 2011
13. Fujiike K, Mizuno Y, Hiratsuka Y, Yamada M; Strabismus Surgery Study Group:
Quality of life and cost-utility assessment after strabismus surgery in adults.

Jpn J Ophthalmol 55:268-76. Epub, 2011
14. 佐藤正樹,大鹿哲郎,ビッセン宮島弘子:
2010年日本白内障屈折矯正手術学会会員アンケート
IOL&RS 25:563-584, 2011
15. 井出 武,上二門 尚,前田直之,大鹿哲郎,ビッセン宮島弘子,黒坂大次郎,戸田郁子,荒井宏幸,岡本茂樹,稗田 牧,魚里 博,根岸一乃,坪田一男:
老視の定義と診断基準2010.
あたらしい眼科 28:985-988, 2011
16. 藤池 佳子, 勝田 智子, 水野 嘉信, 山田 昌和, 成人斜視手術研究グループ:
成人の外斜視手術の整容的,機能的効果.
眼科臨床紀要 4: 546-551, 2011
17. 斎藤純一郎,板垣秀夫,平岡孝浩,大鹿哲郎:
十二指腸癌切除術後に発症したビタミンA欠乏症の1例.
眼科臨床紀要 4:693-697, 2011
18. 須藤史子,大道千秋,島村恵美子,堀 貞夫,大鹿哲郎:
IOLMaster®に超音波Aモード法を併用すべき症例の検討.
眼科臨床紀要 4:733-737, 2011
19. 大東正和,石井晃太郎,坂田典繁,大鹿哲郎:
レボフロキサシン耐性菌が検出された涙小管炎にシリコンチューブを留置した1例.
眼科臨床紀要 4:757-759, 2011
20. 前田直之, 西田幸二, 湖崎 亮, 二宮欣彦, 林  仁, 井上智之, 島袋幹子, 高 静花, 竹原敦子, 中川智哉, 大家義則, 渕端 睦, 戸田良太郎, 東浦律子, 伊藤真理子, 上二門 尚, 二宮さゆり, 黒田輝仁, 別所建一郎, 西信良嗣, 堀 裕一, 大鹿哲郎,安野嘉晃, 真野富也, 福岡佐知子, 岡本茂樹, 陳 建培, 三橋俊文, 福間康文, 中尾浩久, 関根明彦, 秋葉正博, 弓掛和彦, 雑賀 誠, 広原陽子, 洲崎朝樹, 後藤祐二, 林 研一,岡本圭一郎:
眼画像診断の進歩 治療法選択のための新しい前眼部画像診断法.
日眼会誌 115:297-323, 2011
21. 長谷川優実,岡本史樹,平岡孝浩,安野嘉晃,巻田修一,大鹿哲郎:
高侵達光干渉断層計による脈絡膜骨腫の観察.
日眼会誌 115:1036-1042, 2011
22. 山本敏哉,平岡孝浩,大鹿哲郎:
オフロキサシンゲル化製剤点眼後の実用視力と波面収差の経時的変化.
日眼会誌 115:1094-1100, 2011
23. 平岡孝浩,加治優一,岡本史樹,大鹿哲郎:
オルソケラトロジーによる角膜後面形状変化の経時的評価.
日本コンタクトレンズ学会誌 53:7-11, 2011
24. 高木美善,山本敏哉,平岡孝浩,大鹿哲郎:
虹彩分離症を伴う白内障手術にヒーロンVを用いた3例.
臨床眼科 65:313-318, 2011
25. 岡田明, 浅野宏規, 柏瀬光寿, 籠谷保明, 黒田真一郎, 飽浦淳介, Lungrick Tenzin:
眼科医療協力活動の実施地域における患者背景の変化
臨床眼科65: 345-349, 2011
26. 中岫典子,石井晃太郎,岩田洋佳,大鹿哲郎:
楕円フーリエ記述子に基づく水晶体形状発達の定量的解析.
臨床眼科 65:1137-1142,2011
27. 浅野宏規, 岡田明, 柏瀬光寿, 籠谷保明, 黒田真一郎, 飽浦淳介:
海外医療協力活動に携行する眼内レンズ度数の検討
臨床眼科65:1157-1160, 2011
28. 増田綾美,平岡孝浩,岡本芳史,岡本史樹,大鹿哲郎:
眼腫瘍患者における視覚関連QOLの検討.
臨床眼科 65:1477-1482,2011
29. 森谷充雄、子島良平、森洋斉、野口ゆかり、佐々木香、宮田和典:
アカントアメーバ角膜炎に対する副腎皮質ステロイド薬投与の影響.
臨床眼科 65:1827-1831, 2011

総説

2. 星 崇仁,大鹿哲郎:
先天性水晶体欠損症.
あたらしい眼科28:505-506, 2011
3. 星 崇仁,大鹿哲郎:
Siepser Slipknot Techniqueによる瞳孔形成.
あたらしい眼科 28:821-822, 2011
4. 大鹿哲郎:
経結膜・強角膜一面切開.
あたらしい眼科 28:1713-1714, 2011
5. 平岡孝浩:
コントラスト
あたらしい眼科2011年臨時増刊号 28:1713-1714, 2011
6. 木内貴博:
瞳孔間距離測定器.
眼科ケア2011年夏季増刊 155:144-145, 2011
7. 柿田哲彦:
手術用顕微鏡 手術用顕微鏡の特徴.
眼科ケア2011年夏季増刊 155:196-198, 2011
8. 柿田哲彦:
手術用顕微鏡 OPMI Lumeraシリーズ(ツァイス)
眼科ケア2011年夏季増刊 155:200-202, 2011
9. 川名啓介:
手術用顕微鏡 M844 F40(ライカ)
眼科ケア2011年夏季増刊 155:204-205, 2011
10. 柿田哲彦:
手術用顕微鏡 OMS-800/850(トプコン)
眼科ケア2011年夏季増刊 155:206-207, 2011
11. 星 崇仁,大鹿哲郎:
新しい粘弾性物質―ディスコビスク.
眼科手術24:183-185, 2011
12. 大鹿哲郎,小椋祐一郎,相原 一,岡田アナベルあやめ,近藤峰生,榛村重人,園田康平,前田直之:
戦略企画会議第一委員会―WOC 2014に向けて―.
日眼会誌115: 55-57, 2011
13. 大鹿哲郎:
評議員会指吊講演「眼画像診断の進歩《.
日眼会誌115:173-175, 2011
14. 大鹿哲郎:
もし日本眼科学会の庶務理事がドラッカーの「マネジメント《を読んだら.
日眼会誌115:677-678, 2011
15. 渡部大樹,大鹿哲郎:
前眼部3次元光干渉断層計の利点と欠点.
日本の眼科 82:631-632, 2011
16. 大鹿哲郎:
日本眼科学会から:WOC®2014 Tokyo開催について.
日本の眼科 82:742-745, 2011
17. 加畑隆通:
糖尿病網膜症.
病気と薬パーフェクトBOOK2011増刊号(池田宇一、大越教夫、横田千津子編)
薬局 62:708-709 2011
18. 平岡孝浩:
コントラスト感度・コントラスト視力・実用視力
臨床眼科増刊号 65:24-31, 2011
19. 川名啓介:
前眼部OCT.
臨床眼科増刊号 65:84-88, 2011

著書

1. 加治優一:
アカントアメーバ角膜炎の薬物療法
臨床眼科増刊号 眼科診療:5年前の常識は現在の非常識(坂本泰二編)
医学書院,東京,145-149, 2011
2. 岡本史樹:
甲状腺・副甲状腺疾患.
専門医のための眼科診療クオリファイ5 全身疾患と眼 内分泌疾患
中山書店,東京,176-181,2011
3. 平岡孝浩:
オルソケラトロジーに挑戦する.処方の実際.
専門医のための眼科診療クオリファイ6 コンタクトレンズ自由自在(大橋裕一編)
中山書店, 東京, 225-230, 2011
4. 平岡孝浩:
オルソケラトロジーで近視の進行は抑制できますか?
専門医のための眼科診療クオリファイ6 コンタクトレンズ自由自在(大橋裕一編)
中山書店, 東京, 246-248, 2011
5. 大鹿哲郎:
眼科学 第2版
文光堂,東京,2011.
6. 岡本史樹:
コントラスト感度・歪視.
眼科学 第2版(大鹿哲郎,編)
文光堂,東京,701-703,2011
7. 木内貴博:
眼圧に影響を与える諸因子.
眼科学 第2版(大鹿哲郎編)
文光堂,東京,956-959,2011
8. 平岡孝浩:
オルソケラトロジー.
眼科学 第2版(大鹿哲郎編)
文光堂, 東京, 1191-1194, 2011
9. 平岡孝浩:
義眼.
眼科学 第2版(大鹿哲郎編)
文光堂, 東京, 1195-1197, 2011
10. 加治優一:
階段や敷居でよくつまずけば黄斑変性の疑い大で五十代以降で糖尿病の人は注意.
健康365「老眼・緑内障・白内障の危険サインと最強療法《( 安田高弘編)
H&I出版,東京,29-30,201

学会発表

1. 大鹿哲郎:
医工連携による前眼部三次元光干渉断層計の開発.
つくば医工連携フォーラム(招待講演)(つくば市)1月, 2011
2. 木内貴博:
正常眼圧緑内障におけるもう一歩進めた眼圧管理.
埼玉県眼科教育講演会(さいたま)1月, 2011
3. Lim Y, Yamanari M, Fukuda S, Kaji Y, Kiuchi T, Miura M, Oshika T, Yasuno Y:
In vivo investigation of cornea and anterior segment using office based polarization sensitive swept-source optical coherence tomography.
BiOS - SPIE Photonics West 2011(San Francisco)January, 2011
4. Yamanari M, Ishii K, Miura M, Oshika T, Yasuno Y:
Optical rheology of porcine sclera by polarization-sensitive optical coherence tomography.
BiOS - SPIE Photonics West 2011(San Francisco)January, 2011
5. 杉浦好美,岡本史樹,岡本芳史,大鹿哲郎:
種々の網膜疾患の硝子体手術中における眼底動脈圧測定.
厚生労働省難治性疾患克朊研究事業平成22年度班会議(名古屋市)1月, 2011
6. 福田慎一,長野真澄,山下年晴,大鹿哲郎,大根田 修:
機能性が高い血管内皮前駆細胞の網膜色素変性症モデルマウスへの投与効果の検討.
厚生労働省難治性疾患克朊研究事業平成22年度班会議(吊古屋市)1月, 2011
7. 岡本史樹,岡本芳史,福田慎一,大鹿哲郎:
網膜疾患における視覚関連QOL.
厚生労働省難治性疾患克朊研究事業平成22年度班会議(吊古屋市)1月, 2011
8. 森谷充雄,子島良平,森 洋斉,尾形美由紀,南 慶一郎,宮田和典,大鹿哲郎:
角膜内皮移椊術と全層角膜移椊術の臨床成績の比較.
第34回日本眼科手術学会(京都市)1月, 2011
9. 長谷川優実,中野伸一郎,大鹿哲郎:
トーリック眼内レンズ挿入後の乱視量とその影響因子.
第34回日本眼科手術学会(京都市)1月, 2011
10. 加治優一,山下正木,小林竜也,榊原潤:
前房内灌流液動態の3次元的解析.
第34回日本眼科手術学会総会 (Alcon Ophthalmic Surgery Film Award) (京都市)1月, 2011
11. 大鹿哲郎:
トーリックIOL臨床導入のポイント.
トーリックIOLセミナーin博多(基調講演)(福岡市)2月,2011
12. 大鹿哲郎:
白内障手術2011.
第157回岡山県眼科医会生涯教育講座(特別講演)(岡山市)2月,2011
13. 長谷川優実,中野伸一郎,大鹿哲郎:
トーリック眼内レンズ挿入後の乱視量とその影響因子.
第42回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2011
14. 中岫典子,石井晃太郎,大房隆行,星 崇仁,大鹿哲郎:
360度スーチャー・トラベクロトミー変法が奏効した続発緑内障の一例.
第42回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2011
15. 長谷川優実,中野伸一郎,大鹿哲郎:
トーリック眼内レンズの矯正効果.
第42回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2011
16. 中野伸一郎,長谷川優実,岡本史樹,大鹿哲郎:
切開位置によるトーリック眼内レンズの効果への影響.
第42回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2011
17. 松丸絢佳,平岡孝浩,上野勇太,森谷充雄,大鹿哲郎,国広和人:
眼瞼に発症した巨大癌肉腫の一例.
第42回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2011
18. 岡本史樹,大鹿哲郎:
新しい最周辺部観察用硝子体レンズを用いた硝子体手術.
第42回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2011
19. 平岡孝浩:
「角膜と視機能《涙液変化・コンタクトレンズ装用と視機能.
角膜カンファランス2011,第35回日本角膜学会総会,第27回日本角膜移椊学会(東京)2月, 2011
20. 上野勇太,平岡孝浩,渡部大樹,大鹿哲郎:
プラチド型角膜形状解析装置と前眼部光干渉断層計による上正乱視フーリエ解析の比較.
角膜カンファランス2011,第35回日本角膜学会総会,第27回日本角膜移椊学会(東京)2月, 2011
21. 平岡孝浩,上野勇太,渡部大樹,大鹿哲郎:
正常眼における角膜前面形状と後面形状のフーリエ解析結果の比較.
角膜カンファランス2011,第35回日本角膜学会総会,第27回日本角膜移椊学会(東京)2月, 2011
22. 高橋幸輝,森 洋斉,子島良平,森谷充雄,片岡康志,大谷伸一郎,宮田和典,大鹿哲郎:
初発翼状片に対する術中マイトマイシンC併用手術の長期成績:多数例での検討.
角膜カンファランス2011,第35回日本角膜学会総会,第27回日本角膜移椊学会(東京)2月, 2011
23. 刑部安弘,丸山葉子,森谷充雄,南 慶一郎,宮田和典,大鹿哲郎:
前房内投与を前提としたレボフロキサシン点眼液の培養ヒト角膜内皮細胞への影響.
角膜カンファランス2011,第35回日本角膜学会総会,第27回日本角膜移椊学会(東京)2月, 2011
24. 大鹿哲郎:
白内障手術器機・器具の進歩.
眼科診療アップデートセミナー2011(IN京都)(京都市)3月,2011
25. Oshika T:
Intraoperative keratometry for toric IOL and LRI.
25th Congress of DGII (Invited lecture) (Frankfurt, Germany) March, 2011
26. Oshika T:
New preloaded acrylic IOL formm incision.
25th Congress of DGII (Invited lecture) (Frankfurt, Germany) March, 2011
27. Oshika T:
Challenges and progress in organizing educational program in Japan.
26th Asia Pacific Academy of Ophthalmology Congress (Symposium) (Sydney, Australia) March,2011
28. Hiraoka T:
Higher-order aberrations in various ocular conditions. Higher-order aberrations during orthokeratology.
26th Asia Pacific Academy of Ophthalmology Congress (Symposium) (Sydney, Australia) March,2011
29. Oshika T:
Visual optics in cataract surgery.
Academia Ophthalmologica Internationalis Inaugural Lectures (Sydney, Australia) March,2011
30. 星 崇仁,岡本史樹:
増殖糖尿病網膜症における 硝子体手術後の前房フレア値.
第8回つくば糖尿病と網膜症研究会(つくば市)3月, 2011
31. 木内貴博:
緑内障の最新?眼圧管理と薬物療法.
参天製薬社内教育講演(つくば市)3月,2011
32. Hiraoka T:
Influence of overnight orthokeratology on axial length elongation in childhood myopia.
The 11th International Congress of Ophthalmology and Optometry China (Symposium) (Shanghai, China) April, 2011
33. Yamanari M, Ishii K, Fukuda S, Miura M, Lim Y, Oshika T, Yasuno Y:
Optical rheology of sclera based on birefringence measurement with polarization-sensitive optical coherence tomography.
ARVO/ISIE Imaging Conference ( Fort Lauderdale, Florida) April, 2011
34. Oshika T:
Structural and polarization sensitive OCT.
Association for Research in Vision and Ophthalmology ( Fort Lauderdale, Florida) May, 2011
35. Hiraoka T, Miyata K, Nakamura Y, Miyai T, Ogata M, Okamoto F, Oshika T:
Influences of cycloplegia with topical atropine on higher-order aberrations.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida) May, 2011
36. Hasegawa Y, Okamoto F, Sugiura Y, Okamoto Y, Hiraoka T, Oshika T:
Intraocular pressure elevation after vitrectomy for various vitreoretinal disorders.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida) May, 2011
37. Sugiura Y, Okamoto F, Okamoto Y, Hiraoka T, Oshika T:
Changes in intraoperative intraocular pressure during 20-gauge pars plana vitrectomy using the Vented Gas Forced Infusion system.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida) May, 2011
38. Watanabe H, Okamoto F, Sugiura Y, Hoshi S, Suto M, Oshika T:
Stereoacuity after successful surgery for rhegmatogenous retinal detachment.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida) May, 2011
39. Okamoto F, Sugiura Y, Okamoto Y, Hiraoka T, Oshika T:
Changes in contrast sensitivity following surgery for macula-on rhegmatogenous retinal detachment.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida) May, 2011
40. Nakano S, Okamoto F, Hasegawa Y, Oshika T:
Influence of incision location on the effect of toric intraocular lens implantation.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida) May, 2011
41. Fukuda S, Nagano M, Yamashita T, Oshika T, Ohneda O:
Endothelial progenitor cells from umbilical cord blood rescued vessel and photoreceptor with retinal degeneration.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida) May, 2011
42. Yamanari M, Ishii K, Fukuda S, Miura M, Lim Y, Oshika T, Yasuno Y:
Optical rheology of porcine sclera using noninvasive, noncontact polarization-sensitive optical coherence tomography.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida) May, 2011
43. Lim Y, Yamanari M, Fukuda S, Oshika T, Yasuno Y:
Abnormal birefringence of keratoconus measured by polarization-sensitive optical coherence tomography.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida) May, 2011
44. Yasuno Y, Lim Y, Fukuda S, Ishii K, Okamoto F, Yamanari M, Oshika T:
Clinical case series of anterior polarization sensitive optical coherence tomography.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida) May, 2011
45. 大鹿哲郎:
トーリックIOL:ホップ,ステップ,ジャンプ.ステップ編:トーリックIOLの導入.
第115回日本眼科学会総会(ランチョンセミナー)(東京)5月, 2011
46. 平岡孝浩:
合併症と対処法.
第115回日本眼科学会総会(オルソケラトロジー講習会)(東京)5月, 2011
47. 福田慎一,長野真澄,山下年晴,大鹿哲郎,大根田 修:
機能性が高い血管内皮前駆細胞の網膜色素変性症モデルマウスへの投与効果の検討.
第115回日本眼科学会総会(東京)5月,2011
48. 周藤 真,石井晃太郎,孫 智剛,安藤知明,大鹿哲郎:
加齢による眼球微小変形の数値解析.
第115回日本眼科学会総会(東京)5月,2011
49. 南川裕香,岡本芳史,岡本史樹,大鹿哲郎:
裂孔原性網膜剥離に対する硝子体術後の虹彩後癒着の頻度.
第115回日本眼科学会総会(東京)5月,2011
50. 石井晃太郎,斉藤 啓,亀田敏弘,大鹿哲郎:
高速カメラを用いた眼球の弾性ヒステリシスの定量的測定.
第115回日本眼科学会総会(東京)5月,2011
51. 岡本史樹,渡部大樹,杉浦好美,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
網膜剥離術後の立体視.
第115回日本眼科学会総会(東京)5月,2011
52. 平岡孝浩,柿田哲彦,大鹿哲郎:
5年間のオルソケラトロジー治療継続が小児期の眼軸長変化に及ぼす影響.
第115回日本眼科学会総会(東京)5月,2011
53. 上野勇太,平岡孝浩,渡部大樹,大鹿哲郎:
円錐角膜眼における角膜前面形状と後面形状のフーリエ解析結果の比較.
第115回日本眼科学会総会(東京)5月,2011
54. 加治優一,後藤英樹,岡本史樹,大鹿哲郎:
アミロイドーシスとしての瞼裂斑.
第115回日本眼科学会総会(東京)5月,2011
55. 加治優一,Santos Simone,子島良平,宮田和典,藤井紀子,大鹿哲郎:
翼状片におけるD-アミノ酸含有タンパク質および蛋白糖化最終産物.
第11回日本抗加齢医学会総会(京都市)5月,2011
56. 加治優一:
眼感染症診断と治療の過去現在未来.
第10回茨城Eye Forum(つくば市) 5月,2011
57. 岡本史樹:
OCT入門.
第10回茨城Eye Forum(つくば市) 5月,2011
58. Oshika T:
Advances in corneal imaging and topography.
10th Qingdao International Symposium of Ophthalmology (Invited lecture) (Qingdao, China) May, 2011
59. 大鹿哲郎:
この合併症は避けられたのか.Capsular block syndrome.
第50回日本白内障学会総会・第26回日本白内障屈折矯正手術学会総会(イブニングセミナー)(福岡市)6月, 2011
60. 佐藤正樹,大鹿哲郎,ビッセン宮島弘子:
2010 年日本白内障屈折矯正手術学会会員アンケート.
第50回日本白内障学会総会・第26回日本白内障屈折矯正手術学会総会(福岡市)6月,2011
61. 木内貴博:
緑内障診療における最新眼圧管理法と薬物療法.
札幌北区緑内障懇話会 特別講演(札幌市)6月,2011
62. 大鹿哲郎:
白内障手術の進歩.
第382回大阪府眼科医会集談会(特別講演)(大阪市)6月, 2011
63. 大鹿哲郎:
白内障診療ステップアップ.
第117回山口県眼科医会春季集談会(特別講演)(山口市)6月, 2011
64. Oshika T:
Controloing postoperative inflammation after cataract surgery and how to perform minimally invasive surgery.
11th Annual Meeting of Tianjin Society for Cataract and Refractive surgery (Invited lecture), (Tianjin, China)6月, 2011
65. 大鹿哲郎:
白内障手術2011.
第2回聖マリアンナ眼科臨床フォーラム(特別講演)(川崎市)6月, 2011
66. 平岡孝浩:
各種コンタクトレンズが眼光学系と視覚の質に及ぼす影響.
第54回日本コンタクトレンズ学会総会 (日本コンタクトレンズ学会学術奨励賞講演)(京都)7月, 2011
67. 平岡孝浩:
合併症と対処法.
第54回日本コンタクトレンズ学会総会(オルソケラトロジー講習会)(京都)7月, 2011
68. 大鹿哲郎:
白内障手術2011.
第117回埼京眼科学会(特別講演)(川越市)7月, 2011
69. 大鹿哲郎:
白内障手術アップデート.
眼科診療アップデートセミナー2011(IN東京)(東京)7月, 2011
70. 木内貴博:
緑内障 前眼診断.
眼科診療アップデートセミナー2011(IN東京)(東京)7月, 2011
71. 大鹿哲郎:
白内障手術2011.
第4回沖縄オフサルミックセミナー(特別講演)(那覇市)7月, 2011
72. 加治優一,樋口明宏,國方俊雄,大鹿哲郎:
強膜炎と難聴をきたし診断・治療に苦慮した再発性多発軟骨炎の1例.
第8回免疫疾患フォーラム(つくば市)7月, 2011
73. 大鹿哲郎:
白内障手術2011.
札幌IOL研究会(特別講演)(札幌市)7月, 2011
74. 大鹿哲郎:
白内障手術と乱視治療.
大阪前眼部手術研究会セミナー(招待講演)(大阪市)8月, 2011
75. 大鹿哲郎:
眼の光学特性と視機能.
第47回日本眼光学学会総会(教育セミナー)(東京)9月, 2011
76. 雜賀 誠,上二門 尚,前田直之,大鹿哲郎,三橋俊文,広原陽子:
IOLの光学性能測定(スルーフォーカスMTF,PSF,軸上色収差).
第47回日本眼光学学会(東京)9月, 2011
77. 木内貴博,高林南緒子,井上隆史,大鹿哲郎:
ラタノプロスト・チモロールマレイン酸塩2剤併用から配合剤への長期的な切り替え効果.
第22回日本緑内障学会(秋田市)9月, 2011
78. 大鹿哲郎:
元気が出る白内障手術.
第49回六大学合同眼科研究会(特別講演)(福岡市)9月, 2011
79. 大鹿哲郎:
白内障手術ステップアップ.
第1回関西眼科フォーラム(招待講演)(大阪市)9月, 2011
80. 大鹿哲郎:
INFINITI®に関する基礎知識.
INFINITY Users Seminar(招待講演)(大阪市)9月, 2011
81. 木内貴博:
緑内障外科治療 * 攻略・裏技談義 *.
アルコン社内講演会(東京)9月,2011
82. 大鹿哲郎:
難症例の白内障手術.
第65回日本臨床眼科学会(インストラクションコース)(東京)10月, 2011
83. 大鹿哲郎:
眼内レンズの選択.眼内レンズ選択と度数計算を極める2011.
第65回日本臨床眼科学会(インストラクションコース)(東京)10月, 2011
84. 平岡孝浩:
近視進行予防の最前線.オルソケラトロジーによる近視進行防止.
第65回日本臨床眼科学会総会(シンポジウム)(東京)10月, 2011
85. 平岡孝浩:
合併症と対処法.
第65回日本臨床眼科学会総会(オルソケラトロジー講習会)(東京)10月, 2011
86. 増田綾美 ,大谷伸一郎,子島良平,本坊正人,南慶一郎,宮田和典:
フォーダブルアクリル眼内レンズ表面光散乱の経年的増加と視力への影響.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
87. 田中三知子,黒坂大次郎,永本敏之,上二門 尚,近藤峰生,佐藤美保,大鹿哲郎,石橋達郎,東 範行:
先天白内障における眼内レンズ二次挿入に関する多施設アンケート調査.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
88. 永本敏之,東 範行,上二門 尚,石橋達朗,佐藤美保,近藤峰生,大鹿哲郎,黒坂大次郎:
全国調査結果による先天白内障に対するIOL挿入例と非挿入例の比較.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
89. 東 範行,上二門 尚,石橋達朗,佐藤美保,近藤峰生,大鹿哲郎,黒坂大次郎,永本敏之:
先天白内障の手術に関する全国調査.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
90. 加治優一,サントス・シモーネ,平岡孝浩,大鹿哲郎:
結膜乳頭腫患者の涙液におけるヒトパピローマウイルスの検出.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
91. 岡本芳史,岡本史樹,南川裕香,大鹿哲郎:
網膜硝子体疾患に対する硝子体術後の虹彩後癒着の頻度.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
92. 平岡孝浩,増田綾美,岡本芳史,岡本史樹,大鹿哲郎:
眼腫瘊患者における健康関連QOL.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
93. 佐藤りえ,平岡孝浩,湯浅雅志,川吊啓介,岡本史樹,大鹿哲郎:
毛様体悪性黒色腫、胃癌および食道癌の3重複癌の1例.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
94. 中野伸一郎,長谷川優実,岡本史樹,大鹿哲郎:
初心者と熟練者におけるトーリック眼内レンズ挿入白内障手術の術後成績.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
95. 長谷川優実,中野伸一郎,岡本史樹,大鹿哲郎:
術前乱視種類別に検討したトーリック眼内レンズの矯正効果.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
96. 高橋幸輝,平岡孝浩,中村泰大,大鹿哲郎:
下眼瞼に発生した隆起性皮膚線維肉腫の一例.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
97. 石井晃太郎,山成正宏,安野嘉晃,岩田洋佳,大鹿哲郎:
小児眼底形状の非球面性の定量的解析.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
98. 田島万莉,石井晃太郎,山成正宏,安野嘉晃,岩田洋佳,大鹿哲郎:
眼球形状と水晶体形状の発達に対する定量的解析.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
99. 山本敏哉,平岡孝浩,大鹿哲郎:
眼内レンズ挿入眼の自覚全乱視および波面収差が視力へ及ぼす影響.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
100. 大房隆行,平岡孝浩,上野勇太,伊藤泰明,大鹿哲郎:
α-1受容体遮断薬内朊者における虹彩厚とIntraoperative floppy iris syndromeの関連.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
101. 南川裕香,岡本芳史,高橋幸輝,木住野源一郎,岡本史樹,大鹿哲郎:
液状後発白内障に対するYAGレーザー後に硝子体混濁と視力低下をきたした1例.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
102. 杉浦好美,岡本史樹,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
黄斑前膜患者のコントラスト感度と網膜形態.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
103. 中岫典子,岡本史樹,杉浦好美,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
特発性黄斑前膜患者の上同視と網膜形態.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
104. 木住野源一郎,岡本史樹,杉浦好美,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
黄斑前膜患者の立体視とoptical coherence tomography所見.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
105. 岡本史樹,杉浦好美,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
黄斑前膜患者の変視と網膜形態.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
106. 伊藤泰明,平岡孝浩,南川裕香,大鹿哲郎:
放射線治療によるマイボーム腺の形態変化.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
107. 宮井絢佳,平岡孝浩,上野勇太,森谷充雄,国広和人,大鹿哲郎:
基底細胞癌から発生したと考えられた眼瞼癌肉腫の一例.
第65回日本臨床眼科学会(東京)10月, 2011
108. 大鹿哲郎:
元気が出る白内障手術.
東北三県眼科勉強会in 盛岡(特別講演)(盛岡市)10月, 2011
109. Oshika T:
Use of Intraoperative Keratometry for Toric IOL.
Asia Pacific Association of Cataract and Refractive Surgeons (Symposium) (Seoul) October, 2011
110. Oshika T:
Cataract Surgery through Transconjunctival Single-Plane Sclerocorneal Incision.
Asia Pacific Association of Cataract and Refractive Surgeons (Symposium) (Seoul) October, 2011
111. Oshika T:
New trends in cataract surgery and complication management.
浙江医科大学第二医院白内障研究会(特別講演)(Hangzhou, China)October, 2011
112. 大鹿哲郎:
眼光学と白内障診療.
福井県眼科学術講演会(特別講演)(福井市)11月, 2011
113. 大鹿哲郎:
筑波大眼科2011.
第33回茨城医学会眼科分科会・平成23年度茨城県眼科医会集談会(特別講演)(水戸市)11月, 2011
114. 中岫典子,平岡孝浩,小川友梨,周藤 真,上野勇太,大鹿哲郎:
涙腺腺様嚢胞癌3症例の検討.
第33回茨城医学会眼科分科会・平成23年度茨城県眼科医会集談会(特別講演)(水戸市)11月, 2011
115. 杉浦好美,増田綾美,大鹿哲郎:
レミケードが奏功した難治性壊死性強膜炎の1例.
第33回茨城医学会眼科分科会・平成23年度茨城県眼科医会集談会(特別講演)(水戸市)11月, 2011
116. 大房隆行,石井晃太郎,中岫典子,大鹿哲郎:
360度スーチャー・トラベクロトミー変法の治療成績.
第33回茨城医学会眼科分科会・平成23年度茨城県眼科医会集談会(特別講演)(水戸市)11月, 2011
117. 高橋幸輝,岡本芳史,大鹿哲郎:
黄斑下出血に対するSF6ガス注入後に著明な硝子体混濁を来した1例.
第33回茨城医学会眼科分科会・平成23年度茨城県眼科医会集談会(特別講演)(水戸市)11月, 2011
118. 木住野源一郎,岡本史樹,杉浦好美,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
黄斑前膜患者の立体視と網膜形態.
第33回茨城医学会眼科分科会・平成23年度茨城県眼科医会集談会(特別講演)(水戸市)11月, 2011
119. 岡本史樹:
OCT入門.
第11回茨城EYE FORUM(水戸市)11月, 2011
120. 平岡孝浩:
オーバーナイトオルソケラトロジー長期装用が眼軸長変化に及ぼす影響.日本人学童における5年間経過観察結果.
第1回アジア・メディカル・コンタクトレンズ・セミナー(京都)11月, 2011
121. 岡本史樹:
ランチョンセミナー "Truncatedレンズ"で周辺部網膜をきれいに見る!!
第50回日本網膜硝子体学会総会,第28回日本眼循環学会,第17回日本糖尿病眼学会総会(東京)12月, 2011
122. 岡本史樹,杉浦好美,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
黄斑前膜患者における術前後の変視と網膜形態.
第50回日本網膜硝子体学会総会,第28回日本眼循環学会,第17回日本糖尿病眼学会総会(東京)12月, 2011
123. 杉浦好美,岡本史樹,岡本芳史,大鹿哲郎:
Idiopathic Macular Telangiectasia type1の視機能.
第50回日本網膜硝子体学会総会,第28回日本眼循環学会,第17回日本糖尿病眼学会総会(東京)12月, 2011
124. 湯浅雅志,大鹿哲郎:
IOL後入れトリプル手術における,トリアムシノロンによる水晶体後嚢可視化.
第50回日本網膜硝子体学会総会,第28回日本眼循環学会,第17回日本糖尿病眼学会総会(東京)12月, 2011
125. 大鹿哲郎:
白内障診療ステップアップ.
第12回三重県眼科手術懇話会(特別講演)(津市)12月, 2011