• トップ
  • 筑波大学眼科について - 設備(主要なもの)

設備

光干渉断層計(OCT)

網膜の断面図を撮る機械です。網膜疾患全般の診断に非常に有用な検査です。
また、緑内障などの場合で視神経の状態を評価することもできる機械です。

前眼部OCT(CASIA、CASIA2)

角膜の形状や、水晶体・虹彩の形態を断面図で評価する機械です。
角膜の形態異常や角膜乱視の程度を評価できるほか、前房(角膜と水晶体の間のスペース)の広狭を明確に映し出します。

波面収差解析(Wave Front)

角膜や水晶体の形態および混濁具合を評価する場合に使います。
患者さんの見え方のシミュレーションを画像として表示することが出来ます。

光学的眼軸長測定機(IOL Master)

眼球の長さ(奥行き)を光学的に測定する装置です。白内障術前に使用します。
超音波Aモード
(下記)とは異なり、安定した測定ができますが、測定用の光が入らないような強い白内障の場合は測定できないことがあります。

超音波Aモード

超音波を発射させて眼の長さ(奥行き)を測定する装置です。白内障術前に使用します。
機械の先端を眼に直接触れて測定しますが、麻酔の点眼を行うので痛みはありません。
1回ずつの測定値に少々ばらつきが出ますが、強い白内障の場合でも測定することが可能です。

レーザー光凝固装置(PASCAL)

網膜裂孔、糖尿病網膜症等に対して、網膜光凝固術を行う装置です。
従来は1回の照射で小さな1つのスポットしか出ませんでしたが、この機種は最大25のスポットが出るため時間が短縮して治療できます。

レーザー光凝固装置(YAGレーザー)

急性閉塞隅角緑内障に対する虹彩切開術に、また後発白内障に対する後嚢切開術に用いるレーザー装置です。