研究業績

2016年 研究業績


原著

1. Sugiura Y, Okamoto F, Okamoto Y, Hiraoka T, Oshika T:
Visual function in patients with idiopathic macular telangiectasia type 1.
Acta Ophthalmol 94:e672-e673, 2016. doi: 10.1111/aos.13127.
2. Sano M, Hiraoka T, Ueno Y, Itagaki H, Ogami T, Oshika T:
Influence of posterior corneal astigmatism on postoperative refractive astigmatism in pseudophakic eyes after cataract surgery.
BMC Ophthalmol 16:212, 2016.
3. Yamamoto T, Hiraoka T, Oshika T:
Apparent accommodation in pseudophakic eyes with refractive against-the-rule, with-the-rule and minimum astigmatism.
Br J Ophthalmol 100:565-571, 2016. doi: 10.1136/bjophthalmol-2015-307032. Epub 2015 Aug 28.
4. Hasegawa Y, Nejima R, Mori Y, Sakisaka T, Minami K, Miyata K, Oshika T:
Risk factors for corneal endothelial cell loss by cataract surgery in eyes with pseudoexfoliation syndrome.
Clin Ophthalmo 30;10:1685-9, 2016. doi: 10.2147/OPTH.S106661. eCollection 2016.
5. Makabe K, Kurishima K, Shiozawa T, Miyazaki K, Ohara G, Kagohashi K, Satoh H, Hizawa N:
Treatment of choroid metastasis from lung adenocarcinoma with bevacizumab-containing chemotherapy: A case report.
Exp Ther Med. 11:239-242, 2016.
6. Murakami T, Okamoto F, Iida M, Sugiura Y, Okamoto Y, Hiraoka T, Oshika T:
Relationship between metamorphopsia and foveal microstructure in patients with branch retinal vein occlusion and cystoid macular edema.
Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 254:2191-219, 2016.
7. Fukuda S, Okuda K, Kishino G, Hoshi S, Kawano I, Fukuda M, Yamashita T, Beheregaray S, Nagano M, Ohneda O, Nagasawa H, Oshika T:
In vivo retinal and choroidal hypoxia imaging using a novel activatable hypoxia-selective near-infrared fluorescent probe.
Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 254:2373-2385, 2016. doi: 10.1007/s00417-016-3476-x.
8. Kaji Y, Oshika T:
Understanding the Maillard reaction for the prevention of blindness.(リンクなし)
IMARS Highlights 11: 5-15, 2016.
9. Kasaragod D, Fukuda S, Ueno Y, Hoshi S, Oshika T, Yasuno Y:
Objective evaluation of functionality of filtering bleb based on polarization-sensitive optical coherence tomography.
Invest Ophthalmol Vis Sci 57:2305-2310, 2016. doi: .1167/iovs.15-18178.
10. Fukuda S, Fujita A, Kasaragod D, Ueno Y, Hoshi S, Kishino G, Beheregaray S, Yasuno Y, Oshika T:
Quantitative evaluation of phase retardation in filtering blebs using polarization-sensitive optical coherence tomography.
Invest Ophthalmol Vis Sci 57:5919-5925, 2016. doi: 10.1167/iovs.16-19548.
11. Ninomiya Y, Minami K, Miyata K, Eguchi S, Sato R, Okamoto F, Oshika T:
Toric intraocular lenses in eyes with with-the-rule, against-the-rule, and oblique astigmatism: One-year results.
J Cataract Refract Surg 42:1431-1440, 2016. doi: 10.1016/j.jcrs.2016.07.034.
12. Nagamoto T, Oshika T, Fujikado T, Ishibashi T, Sato M, Kondo M, Kurosaka D, Azuma N:
Surgical outcomes of congenital and developmental cataracts in Japan.
Jpn J Ophthalmol 60:127-134, 2016. doi: 10.1007/s10384-016-0436-2. Epub 2016 Mar 3.
13. Okamoto F, Sugiura Y, Moriya Y, Murakami T, Okamoto Y, Hiraoka T, Oshika T:
Aniseikonia and foveal microstructure in patients with idiopathic macular hole.
Ophthalmology 123:1926-1932, 2016. doi: 10.1016/j.ophtha.2016.05.051.
14. Horiuchi T, Mihashi T, Fujikado T, Oshika T, Asaka K:
Voltage-controlled accommodating IOL system using an ion polymer metal composite actuator.
Opt Express 24:23280-23288, 2016. doi: 10.1364/OE.24.023280.
15. Nakajima M, Hiraoka T, Yamamoto T, Takagi S, Hirohara Y, Oshika T, Mihashi T:
Differences of longitudinal chromatic aberration (LCA) between eyes with intraocular lenses from different manufacturers.
PLoS One 11:e0156227, 2016. doi: 10.1371/journal.pone.0156227. eCollection 2016.
16. Sugita S, Iwasaki Y, Makabe K, Kimura T, Futagami T, Suegami S, Takahashi M:
Lack of T Cell Response to iPSC-Derived Retinal Pigment Epithelial Cells from HLA
Homozygous Donors.

Stem Cell Reports 7:619-634, 2016.
17. Sugita S, Iwasaki Y, Makabe K, Kamao H, Mandai M, Shiina T, Ogasawara K, Hirami Y,
Kurimoto Y, Takahashi M:
Successful Transplantation of Retinal Pigment Epithelial Cells from MHC Homozygote iPSCs
in MHC-Matched Models.

Stem Cell Reports 7:635-648, 2016.
18. Hoshi S, Okamoto F, Arai M, Hirose T, Fukuda S, Sugiura Y, Oshika T:
Polyethylene glycol-based synthetic hydrogel sealant for closing vitrectomy wounds: An in vivo and histological study.
Transl Vis Sci Technol5(3):7, 2016. eCollection 2016 May. doi: 10.1167/tvst.5.3.7.
19. 鳥井秀雄,大鹿哲郎:
Berger腔のトリアムシノロンによる可視化.
あたらしい眼科 33:263-264, 2016.
20. 宮崎真希,板垣秀夫,平岡孝浩,大鹿哲郎:
外傷を契機に著しい眼動静脈循環障害をきたした眼窩内動静脈瘻の一例.
眼科臨床紀要 9:505-510, 2016.
21. 武井一夫, 佐々木美千子, 鈴木綾子, 大山賢吉, 高なぎさ:
散瞳剤点眼による外眼部炎の発症頻度.  
眼科臨床紀要 9:563-567, 2016.
22. 三橋俊文, 広原陽子, 神田寛行, 大川賀孝, 三好智満, 森本 壮, 不二門尚:
独立成分分析を用いた4種類の刺激に対する網膜内因性信号の検討.
視覚の科学 37:7-17, 2016.
23. 中島 将,平岡孝浩,山本敏哉, 広原陽子, 大鹿哲郎, 三橋俊文:
高次収差の波長による違いおよびその年齢依存 3波長波面センサーを用いた検討.
視覚の科学 37:45-54, 2016.
24. 小塚淳子,星 崇仁,平岡孝浩,佐藤友光子,加藤篤子,福田慎一,大鹿哲郎:
実用視力検査による弱視治療眼の視機能の検討.
日本視能訓練士協会誌 45:129-133, 2016.
25. 林寺 健,子島良平,長谷川優実,増田綾美,森 洋斉,宮田和典,大鹿哲郎:
白内障術後の角膜内皮細胞減少率における偽落屑症候群の影響.
臨床眼科 70:1559-1563, 2016.
26. 守屋友貴,岡本史樹,大鹿哲郎:
自然閉鎖した特発性黄斑円孔患者の視機能と日常生活での物の見え方.
臨床眼科 70:1603-1608, 2016.

総説

1. Oshika T, Nishida K, Sotozono C, Saika S, Fukushima A, Hori Y:
Toward a bright future for corneal research and practice in Japan and abroad.
21st Annual Meeting of the Kyoto Cornea Club, November 27 and 28, 2015. Cornea 35 Suppl 1:S1-S2, 2016.
2. 平岡孝浩:
ドライアイと関連疾患. コンタクトレンズとドライアイ.
Frontiers in Dry Eye. 涙液から見たオキュラーサーフェス 11:48-52, 2016.
3. 佐藤正樹,林 研,根岸一乃,神谷和孝,ビッセン宮島弘子:
2014・2015年度JSCRS会員アンケート. IOL&RS 30:385-401, 2016.
4. 平岡孝浩:
屈折矯正を見直す! オルソケラトロジーによる近視抑制.
あたらしい眼科 33:795-800, 2016.
5. 平岡孝浩:
学童の近視進行予防アップデート. コンタクトレンズによる近視進行予防.
あたらしい眼科 33:1435-1441, 2016.
6. 平岡孝浩:
小児眼科Q&A.学童近視・近視検査・屈折異常など.近視進行に対する光学的治療について
教えてください.
あたらしい眼科 33(臨増): 65-71, 2016.
7. 秋山敏宏,瀬川尋貴,加治優一,大鹿哲郎,加納英明:
生体組織のラベルフリー・マルチカラー非線形光学イメージング.
オプトロニクス 35:79-89, 2016.
8. 平岡孝浩:
こどもの近視進行予防. オルソケラトロジーによる予防.
眼科グラフィック 5:170-174, 2016.
9. 平岡孝浩:
実用視力検査の意義と臨床応用.
視覚の科学 37:75-82, 2016.
10. 大鹿哲郎,後藤 浩,黒坂大次郎,石田 晋,稲谷 大,岡田アナベルあやめ,門之園一明,近藤峰生,佐藤美保,榛村重人,平塚義宗:
戦略企画会議第一委員会(第三期)の活動について.
日本眼科学会雑誌 120:57, 2016.
11. 稲谷 大,石田恭子,大鹿哲郎,福地健郎,山本哲也,白内障手術併用眼内ドレーン会議:
白内障手術併用眼内ドレーン使用要件等基準.
日本眼科学会雑誌 120:494-497, 2016.

著書

1. 加治優一:
翼状片.
今日の眼疾患治療指針 第3版 (大路正人,後藤浩,山田昌和,野田徹,編)
医学書院(東京)304, 2016.
2. 加治優一:
偽翼状片.
今日の眼疾患治療指針 第3版 (大路正人,後藤浩,山田昌和,野田徹,編)
医学書院(東京)305, 2016.
3. 加治優一:
瞼裂斑.
今日の眼疾患治療指針 第3版 (大路正人,後藤浩,山田昌和,野田徹,編)
医学書院(東京)306, 2016.
4. 加治優一:
加齢性眼疾患の発症における蛋白糖化最終産物, 糖化による疾患と抗糖化食品・素材.
シーエムシー出版(東京)90-97, 2016.
5. 加治優一,石橋康久:
感染性角膜炎(真菌・アカントアメーバ)
眼科における薬物療法パーフェクトガイド, Monthly book OCULISTA 増大号
全日本病院出版会(東京)12-20, 2016.
6. 石井晃太郎:
近視の病態と定義.近視の本態としての眼軸延長と眼球の変形について,小児の場合を
中心に教えてください.
専門医のための眼科診療クオリファイ28「近視の病態とマネジメント」(大野京子,編)
中山書店(東京)15-17, 2016.
7. 平岡孝浩:
近視の検査所見.高次収差,コントラスト感度.
専門医のための眼科診療クオリファイ28「近視の病態とマネジメント」(大野京子,編)
中山書店(東京)74-90, 2016.
8. 平岡孝浩:
近視の治療.オルソケラトロジー.
専門医のための眼科診療クオリファイ28「近視の病態とマネジメント」(大野京子,編)
中山書店(東京)130-141, 2016.
9. 加治優一:
網膜,脈絡膜.脈絡膜.
専門医のための眼科診療クオリファイ30「眼の発生と解剖・機能」(大鹿哲郎,編)
中山書店(東京)342-345, 2016.
10. 大鹿哲郎:
検査目的.Ⅰ前眼部OCTを知る.
前眼部画像診断A to Z.OCT・角膜形状・波面収差の読み方.(前田直之,大鹿哲郎,不二門尚,編)
メジカルビュー社(東京)10-11, 2016.
11. 福田慎一:
水晶体・白内障術後.Ⅰ 前眼部OCTを知る.
前眼部画像診断A to Z.OCT・角膜形状・波面収差の読み方.(前田直之,大鹿哲郎,不二門尚,編)
メジカルビュー社(東京)91-97, 2016.
12. 上野勇太:
トーリック眼内レンズ乱視軸決定.対象別結果の読み方.Ⅱ 角膜形状解析を知る.
前眼部画像診断A to Z. OCT・角膜形状・波面収差の読み方.(前田直之,大鹿哲郎,不二門尚,編)
メジカルビュー社(東京)194-202, 2016.
13. 平岡孝浩:
オルソケラトロジー.コンタクトレンズ.Ⅱ 角膜形状解析を知る.
前眼部画像診断A to Z. OCT・角膜形状・波面収差の読み方.(前田直之,大鹿哲郎,不二門尚,編)
メジカルビュー社(東京)227-233, 2016.
14. 平岡孝浩:
点眼.涙液(連続測定).Ⅲ 波面収差解析を知る.
前眼部画像診断A to Z(OCT・角膜形状・波面収差の読み方)(前田直之,大鹿哲郎,不二門尚,編)
メジカルビュー社(東京)356-360, 2016.
15. 加治優一:
滴状角膜.
一目でわかる眼疾患の見分け方(上巻)角結膜疾患,緑内障.(井上幸次,山本哲也,大路正人,門之園一明,編)
メジカルビュー社(東京)17, 2016.
16. 加治優一:
Fuchs角膜内皮ジストロフィ.
一目でわかる眼疾患の見分け方(上巻)角結膜疾患,緑内障.(井上幸次,山本哲也,大路正人,門之園一明,編)
メジカルビュー社(東京)18-19, 2016.
17. 加治優一:
後部多形性角膜ジストロフィ.
一目でわかる眼疾患の見分け方(上巻)角結膜疾患,緑内障.(井上幸次,山本哲也,大路正人,門之園一明,編)
メジカルビュー社(東京)20, 2016.
18. 加治優一:
細隙灯顕微鏡の見方.
眼科診療マイスターI. 診察と検査(飯田知弘,中澤徹,堀裕一,編)
メジカルビュー社(東京)50-54, 2016.

学会発表

1. 大鹿哲郎:
白内障手術アップデート2016.
Sapporo Ophthalmic Surgery Conference(特別講演)(札幌市)1月, 2016.
2. 加治優一:
角膜ジストロフィの新規治療法の開発の現状と問題点.
第1回SCOOP Meeting(浜松市)1月, 2016.
3. 木内貴博:
緑内障診断術アップデート.
つくば緑内障勉強会.(つくば市)1月, 2016.
4. 平岡孝浩:
眼疾患の基礎知識.
眼科コメディカル講習会(東京)1月, 2016.
5. 岡本史樹:
網膜疾患の変視と不等像視.
アイリーア3周年記念講演会.(鹿児島市)1月, 2016.
6. 岡本史樹:
網膜色素変性症との上手なつき合い方.
茨城県難病講演会(土浦市)1月, 2016.
7. 大鹿哲郎:
ブラッシュアップ白内障手術.
第23回栃木眼科セミナー(特別講演)(宇都宮市)2月, 2016.
8. 大鹿哲郎:
テクニス・オプティブルーの総合力を考える.
クオリティ眼内レンズセミナーin Osaka(特別講演)(大阪市)2月, 2016.
9. 岡本史樹:
RVOの治療と変視.
Novartis web symposium(東京)2月, 2016.
10. 木内貴博:
眼圧日内変動アップデート.
日本アルコン社内講演会(つくば市)2月, 2016.
11. Hiraoka T, Sekine Y,Oshika T:
Ten Year Follow-up of Ortho-K for Myopia Control in Japan.
World Ophthalmology Congress 2016 (Symposium) (Guadalajara, Mexico), February , 2016.
12. 森田由香:
こどもの眼の成長教室.
母親教室(柏市)2月, 2016.
13. 高田 寛,上野勇太,泉田真也,小塚淳子,佐藤友光子,木下由美子,森山真帆,平岡孝浩,大鹿哲郎:
若年者の前眼部測定における高深達・前眼部OCTの有用性.
第47回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2016.
14. 泉田真也,上野勇太,高田 寛,小塚淳子,佐藤友光子,木下由美子,森山真帆,平岡孝浩,大鹿哲郎:
高深達・前眼部OCTによる水晶体厚測定と各パラメータとの相関.
第47回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2016.
15. 吉田祐史,上野勇太,大鹿哲郎:
エクスプレス挿入術後の強膜フラップ厚変化.
第47回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2016.
16. 佐藤友光子,小塚淳子,平岡孝浩,星 崇仁,加藤篤子,泉田真也,上野勇太,福田慎一,大鹿哲郎:
実用視力計による弱視種類眼の視機能の検討.
第47回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2016.
17. 大房理恵,杉浦好美,周藤 真,佐藤りえ,大鹿哲郎:
失明状態から劇的に視力が改善した真菌性鼻性視神経症の1例.
第47回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2016.
18. 田原由希子,長谷川優実,大鹿哲郎:
両外転神経麻痺を認めたアレルギー性真菌性副鼻腔炎の1例.
第47回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2016.
19. 加治優一,大鹿哲郎,石橋康久:
角膜移植後に生じた角膜真菌症の治療予後.
第47回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2016.
20. 加治優一,村上智哉,石橋康久,大鹿哲郎:
コンタクトレンズ関連眼合併症のレンズケースにおけるバイオフィルムの検出.
角膜カンファランス2016,第40回日本角膜学会総会,第32回日本角膜移植学会(軽井沢町)2月, 2016.
21. 藤田亜佳里,上野勇太,平岡孝浩,大鹿哲郎:
Vivinexを用いた1.8mm切開白内障手術創口の前眼部OCTによる観察.
角膜カンファランス2016,第40回日本角膜学会総会,第32回日本角膜移植学会(軽井沢町)2月, 2016.
22. 天野文保,長谷川優実,中野伸一郎,大鹿哲郎:
眼瞼縁へのアイメイク付着が角膜上皮に及ぼす影響.
角膜カンファランス2016,第40回日本角膜学会総会,第32回日本角膜移植学会(軽井沢町)2月, 2016.
23. 飯田将元,長谷川優実,田原由希子,周藤 真,岡本芳史,加治優一,大鹿哲郎:
睫毛エクステンション後に生じた緑膿菌性角膜潰瘍の一例.
角膜カンファランス2016,第40回日本角膜学会総会,第32回日本角膜移植学会(軽井沢町)2月, 2016.
24. 村上智哉,上野勇太,平岡孝浩,大鹿哲郎:
周辺部角膜潰瘍にて発症した結膜扁平上皮癌の1例.
角膜カンファランス2016,第40回日本角膜学会総会,第32回日本角膜移植学会(軽井沢町)2月, 2016.
25. 平岡孝浩:
QOVの観点から考える前眼部診療.
秋田角膜セミナー(特別講演)(秋田市)2月, 2016.
26. 岡本史樹:
最新の網膜硝子体手術.
興和講演会(つくば市)3月, 2016.
27. 佐藤正樹:
非専門医が知っておくべき中高齢者の眼科疾患.
第7回つくば臨床勉強会(つくば市)3月, 2016.
28. 秋山敏宏,瀬川尋貴,加治優一,大鹿哲郎,加納英明:
マルチモーダル多光子顕微鏡を用いたラット眼組織の分子イメージング.
第62回応用物理学会春季学術講演会(東京)3月, 2016.
29. Hiraoka T:
Post-marketing surveillance of overnight orthokeratology: 5-year follow-up study in Japan.
The 16th International Congress of Ophthalmology and Optometry China(Invited lecture)
(Shanghai, China) March, 2016.
30. Hiraoka T, Yamamoto t, Oshika T:
Apparent accommodation in pseudophakic eyes with against-the-rule, with-the-rule, and minimum astigmatism.
The 31th Asia-Pacific Academy of Ophthalmology Congress(Taipei, Taiwan)March, 2016.
31. Nakano S, Hiraoka T, Oshika T:
Postoperative outcomes of HOYA 355 toric intraocular lens implantation.
The 31th Asia-Pacific Academy of Ophthalmology Congress(Taipei, Taiwan)March, 2016.
32. Oshika T:
Jose Rizal Medal Lecture: Development of a comprehensive evaluation system for anterior segment structure and function.
The 31th Asia-Pacific Academy of Ophthalmology Congress (Special Lecture) (Taipei, Taiwan) March, 2016.
33. 大鹿哲郎:
眼内レンズと視機能.光と視機能.
第120回日本眼科学会総会(シンポジウム)(仙台市)4月, 2016.
34. 岡本史樹:
網膜静脈分枝閉塞症と変視.
第120回日本眼科学会総会(シンポジウム)(仙台市)4月, 2016.
35. 大鹿哲郎:
AcrySofの現状とこれから.術後炎症問題,Aコード,UltraSert.
第120回日本眼科学会総会(ランチョンセミナー)(仙台市)4月, 2016.
36. 大鹿哲郎:
プリロード型トーリックIOLの基本.プリロード型トーリックIOLを使いこなそう.
第120回日本眼科学会総会(ランチョンセミナー)(仙台市)4月, 2016.
37. 岡本史樹:
RVO患者の治療効果と視機能.
第120回日本眼科学会総会(ランチョンセミナー)(仙台市)4月, 2016.
38. 平岡孝浩:
合併症と対処法.
オルソケラトロジー講習会.第120回日本眼科学会総会(仙台市)4月, 2016.
39. 真壁健一,杉田 直,高橋政代:
実験的自己免疫ぶどう膜炎での網膜マイクログリアのシクロオキシゲナーゼ-1発現の解析.
第120回日本眼科学会総会(仙台市)4月, 2016.
40. 藤田亜佳里,上野勇太,平岡孝浩,大鹿哲郎:
CENTURION®とINFINITI®を使用した白内障手術の手術効率と角膜内皮細胞減少率の比較.第120回日本眼科学会総会(仙台市)4月, 2016.
41. 守屋友貴,岡本史樹,杉浦好美,村上智哉,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
特発性黄斑円孔術後の不等像視と網膜形態.
第120回日本眼科学会総会(仙台市)4月, 2016.
42. 佐藤りえ,加治優一,藤井紀子,大鹿哲郎:
落屑症候群におけるD-アミノ酸含有蛋白質の沈着.
第120回日本眼科学会総会(仙台市)4月, 2016.
43. 加治優一,藤井紀子,子島良平,森 洋斉,林寺 健,大鹿哲郎:
翼状片におけるD-アミノ酸含有蛋白質の沈着.
第120回日本眼科学会総会(仙台市)4月, 2016.
44. 浅野宏規,平岡孝浩,長田ひろみ,柴田哲平,田畑賀章,佐々木麻衣,関 祐介,猿田貴紀,藤掛福美,大鹿哲郎,佐々木洋:
タンザニア農村部の失明原因.
第120回日本眼科学会総会(仙台市)4月, 2016.
45. 平岡孝浩,小塚淳子,柿田哲彦,岡本史樹,大鹿哲郎:
学童期の近視進行と高次波面収差の関係.
第120回日本眼科学会総会(仙台市)4月, 2016.
46. 岡本芳史,星 崇仁,新井三樹,木住野源一郎,岡本史樹,大鹿哲郎:
家兎眼の線維柱帯切除術に対するLYDEX術中塗布の効果.
第120回日本眼科学会総会(仙台市)4月, 2016.
47. 飯田将元,上野勇太,中野伸一郎,平岡孝浩,大鹿哲郎:
白内障手術創周囲の角膜浮腫範囲の経時的変化.
第120回日本眼科学会総会(仙台市)4月, 2016.
48. 森川翔平,岡本芳史,岡本史樹,香留 崇,三田村佳典,川野純廣,坂本泰二,上田哲生,緒方奈保子,大鹿哲郎:
眼球破裂および穿孔の視力予後.
第120回日本眼科学会総会(仙台市)4月, 2016.
49. 村上智哉,岡本史樹,杉浦好美,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
黄斑円孔術後の変視の経時的変化とその影響因子.
第120回日本眼科学会総会(仙台市)4月, 2016.
50. 中野伸一郎, 飯田将元, 天野文保,平岡孝浩,大鹿哲郎:
前眼部光干渉断層計とVERION®を併用したトーリック眼内レンズ挿入術の術後早期成績.
第120回日本眼科学会総会(仙台市)4月, 2016.
51. 高木星宇,中島 将,山本敏哉,広原陽子,三橋俊文,平岡孝浩,大鹿哲郎:
眼内レンズ挿入眼に対する多波長波面センサーを用いた色収差の生体計測.
第120回日本眼科学会総会(仙台市)4月, 2016.
52. 岡本史樹:
変視について.
iSeminar(東京)4月, 2016.
53. 大鹿哲郎:
承認の経緯,ガイドライン,使用上の注意.
第11回HOYA CTR講習会(仙台市)4月, 2016.
54. 大鹿哲郎:
白内障手術2016.
北海道IOL勉強会2016(特別講演)(札幌市)4月, 2016.
55. 岡本史樹:
OCT診断について.
興和講演会(東京)4月, 2016.
56. 大鹿哲郎:
結果にコミットする。白内障手術.
第16回北海道眼科ワークショップ(特別講演)(札幌市)5月, 2016.
57. 大鹿哲郎:
承認の経緯,ガイドライン,使用上の注意.
第12回HOYA CTR講習会(東京)5月, 2016.
58. Oshika T:
Prevention and management of endophthalmitis after cataract surgery.
中華医学会眼科学分会,中華医学会眼科学分会白内障学組(Invited Lecture)
(西安, 中華人民共和国)5月, 2016.
59. Hiraoka T, Yamamoto T, Kotsuka J, Okamoto F, Oshika T:
Influence of cosmetically tinted contact lenses on contrast sensitivity, light scattering, and higher-order aberrations.
Association for Research in Vision and Ophthalmology 2016(Seattle, Washington)May, 2016.
60. Okamoto F, Hoshi S, Sakai T, Kishino G, Murakami T, Moriya Y, Sugiura Y, Oshika T:
Novel critical hydrogel tamponade for experimental rhegmatogenous retinal detachment in rabbit eyes.
Association for Research in Vision and Ophthalmology 2016(Seattle, Washington)May, 2016.
61. Murakami T, Okamoto F, Sugiura Y, Okamoto Y, Hiraoka T, Oshika T:
Time course of changes in metamorphopsia and retinal microstructure after successful rhegmatogenous retinal detachment surgery.
Association for Research in Vision and Ophthalmology 2016(Seattle, Washington)May, 2016.
62. Moriya Y, Okamoto F, Sugiura Y, Murakami T, Okamoto Y, Oshika T:
Time course of changes in aniseikonia following vitrectomy for macular hole.
Association for Research in Vision and Ophthalmology 2016(Seattle, Washington)May, 2016.
63. Kasaragod D, Makita S, Ueno Y, Hoshi S, Oshika T, Yasuno Y:
Evaluation of filtration bleb by multi-contrast anterior-segment optical coherence tomography.
Association for Research in Vision and Ophthalmology 2016(Seattle, Washington)May, 2016.
64. Okamoto Y, Hoshi S, Arai M, Kishino G, Okamoto F, Oshika T:
The effect of intraoperative application of chemically defined bioadhesive powder for trabeculectomy in rabbit eyes.
Association for Research in Vision and Ophthalmology 2016(Seattle, Washington)May, 2016.
65. Morikawa S, Okamoto Y, Okamoto F, Hiraoka T, Oshika T:
Refractive changes after scleral buckling for rhegmatogenous retinal detachment.
Association for Research in Vision and Ophthalmology 2016(Seattle, Washington)May, 2016.
66. Yukawa C, Hasegawa Y, Hiraoka T, Oshika T:
Effects of astigmatic on contrast sensitivity assessed with multiple measurement charts.
Association for Research in Vision and Ophthalmology 2016(Seattle, Washington)May, 2016.
67. Hoshi S, Okamoto F, Sakai T, Kishino G, Murakami T, Moriya Y, Sugiura Y, Oshika T:
In vivo feasibility study of a novel critical hydrogel as an artificial vitreous body using rabbit eyes.
Association for Research in Vision and Ophthalmology 2016(Seattle, Washington)May, 2016.
68. Takagi S, Nakajima M, Yamamoto T, Hirohara Y, Mihashi T, Hiraoka T, Oshika T:
Evaluation of longitudinal chromatic aberration of pseudophakic eyes with a multiwavelength wavefront sensor in pseudophakic eyes.
Association for Research in Vision and Ophthalmology 2016(Seattle, Washington)May, 2016.
69. Nakano S, Iida M, Hiraoka T, Oshika T:
Measurements of corneal astigmatism axis with anterior segment swept source optical coherent tomography versus auto refractokearatometer.
Association for Research in Vision and Ophthalmology 2016( Seattle, Washington)May, 2016.
70. Mori H, Ueno Y, Hiraoka T, Fujita A, Oshika T:
Imaging of crystalline lens using a new anterior segment optical coherence tomography.
Association for Research in Vision and Ophthalmology 2016( Seattle, Washington)May, 2016.
71. 加治優一:
塗抹検鏡の重要性と限界.
杉田病院研修会(名古屋市)6月, 2016.
72. 木内貴博:
緑内障診断術アップデート.
参天製薬社内講演会(つくば市)6月, 2016.
73. 藤田亜佳里,加治優一,大上智弘,大鹿哲郎:
瞼裂斑における杯細胞数及び角化細胞の形態変化.
第16回日本抗加齢医学会総会(横浜市)6月, 2016.
74. 加治優一:
コンタクトレンズ関連眼感染症の治療戦略.
ファイザーオフサルミックセミナー(千葉市美浜区)6月, 2016.
75. 大鹿哲郎:
結果にコミットする。白内障手術.
第59回愛媛県眼科フォーラム(特別講演)(松山市)6月, 2016.
76. 森田由香,鯨岡結賀,髙橋信幸,平岡孝浩,大鹿哲郎:
神経線維腫に伴う硬膜動静脈瘻が原因と考えられた片眼性眼瞼下垂の1例.
第72回日本弱視斜視学会総会・第41回日本小児眼科学会総会(横浜市)6月, 2016.
77. 森田由香,鯨岡結賀,平岡孝浩,大鹿哲郎:
近視眼の内斜視および外斜視における脱臼角の検討.
第72回日本弱視斜視学会総会・第41回日本小児眼科学会総会(横浜市)6月, 2016.
78. 平岡孝浩:
オルソケラトロジーアップデート.
第12回大阪角膜フォーラム(大阪市)6月, 2016.
79. 杉浦好美:
BRVO変視の長期経過.
RVO Next Generation Meeting. (東京) 6月, 2016.
80. 大鹿哲郎:
The Loading of the Rings.
第31回JSCRS学術総会(インストラクションコース)(京都市)6月, 2016.
81. Oshika T:
Prevention of postoperative endophthalmitis.
第31回JSCRS学術総会(ASCRS, ESCRS, JSCRS symposium)(京都市)6月, 2016.
82. 長谷川優実:
白内障手術と視機能変化.
第31回JSCRS学術総会(シンポジウム)(京都市)6月,2016.
83. 加治優一:
翼状片手術後のマネージメント.
第31回JSCRS学術総会(特別報告)(京都市)6月, 2016.
84. 佐藤正樹,林 研,根岸一乃,神谷和孝,ビッセン宮島弘子:
2015年度JSCRS会員アンケート.
第31回JSCRS学術総会(特別報告)(京都市)6月, 2016.
85. 神谷和孝,林 研,根岸一乃,佐藤正樹,ビッセン宮島弘子:
屈折矯正手術の前向き多施設共同研究.
第31回JSCRS学術総会(特別報告)(京都市)6月, 2016.
86. 大鹿哲郎:
UltraSert登場.
第31回JSCRS学術総会(モーニングセミナー)(京都市)6月, 2016.
87. Bellucci R,Henderson B,Hoffman R,Spalton D,佐藤正樹,神谷和孝,ビッセン宮島弘子,坪田一男:
日本のスタンダードは世界のスタンダードか?
第31回JSCRS学術総会(オープンフォーラム)(京都市)6月, 2016.
88. 平岡孝浩:
オルソケラトロジー 近視進行抑制効果の真のメカニズムに迫る!
眼科手術開業医の会セミナー(京都市)6月, 2016.
89. 周藤 真:
ブロムフェナクナトリウム点眼液と抗VEGF抗体硝子体注射.
第2回視機能を考えるセミナー(つくば市)6月, 2016.
90. 大鹿哲郎:
白内障の手術はこれでいいのか?
眼科臨床実践講座2016(東京)7月, 2016.
91. 佐藤正樹:
DME治療の実例.
大塚製薬社内研修会(つくば市)7月, 2016.
92. Oshika T:
Preoperative consideration and patient selection. MasterClass “Optimizing outcomes in toric IOLs”.
29th Asia-Pacific Accosiation of Cataract & Refractive Surgeons.(Bali, Indonesia)July, 2016.
93. Oshika T:
Complication management and difficult cases. MasterClass “Optimizing outcomes in toric IOLs”.
29th Asia-Pacific Accosiation of Cataract & Refractive Surgeons.(Bali, Indonesia)July, 2016.
94. 吉井雅美,田口詩路麻,小川達也,中山凱夫,園尾純一郎:
耳下腺部領域に発生した海綿状血管腫の1例.
第43回関東農村医学会学術総会(箱根町)7月, 2016.
95. 加治優一:
コンタクトレンズ関連眼感染症の未来予想図.
第5回守口オフサルミックセミナー(守口市)7月, 2016.
96. 加治優一:
瞼裂斑のオキュラーサーフェスに与える影響.
フォーサム2016東京,第53回日本眼感染症学会,第50回日本眼炎症学会,
第59回日本コンタクトレンズ学会総会,第5回日本涙道・涙液学会総会(シンポジウム)
(東京)7月, 2016.
97. 平岡孝浩:
近視抑制は可能か?-近視抑制の現在と未来- オルソケラトロジー.
フォーサム2016東京,第53回日本眼感染症学会,第50回日本眼炎症学会,
第59回日本コンタクトレンズ学会総会(シンポジウム),第5回日本涙道・涙液学会総会
(東京)7月, 2016.
98. 平岡孝浩:
合併症と対処法.
フォーサム2016東京,第53回日本眼感染症学会,第50回日本眼炎症学会,
第59回日本コンタクトレンズ学会総会(オルソケラトロジー講習会),
第5回日本涙道・涙液学会総会(東京)7月, 2016.
99. 加治優一,村上智哉,石橋康久,大鹿哲郎:
角膜擦過物より栄養体が検出されたアカントアメーバ角膜炎の臨床的特徴と治療経過.
フォーサム2016東京,第53回日本眼感染症学会,第50回日本眼炎症学会,
第59回日本コンタクトレンズ学会総会,第5回日本涙道・涙液学会総会(東京)7月, 2016.
100. 大鹿哲郎,大橋裕一,後藤 浩,江口秀一郎,Alcon眼内レンズ術後炎症調査委員会:
Alcon眼内レンズ術後の無菌性眼内炎に関する症例調査報告.
フォーサム2016東京,第53回日本眼感染症学会,第50回日本眼炎症学会,
第59回日本コンタクトレンズ学会総会,第5回日本涙道・涙液学会総会(東京)7月, 2016.
101. 平岡孝浩,伊藤孝雄,山本輝一,大鹿哲郎:
オルソケラトロジー使用成績調査.5年間の解析結果.
フォーサム2016東京,第53回日本眼感染症学会,第50回日本眼炎症学会,
第59回日本コンタクトレンズ学会総会,第5回日本涙道・涙液学会総会(東京)7月, 2016.
102. 加治優一,村上智哉,石橋康久,大鹿哲郎:
口腔内歯垢可視化剤を用いたコンタクトレンズケース内バイオフィルムの同定.
フォーサム2016東京,第53回日本眼感染症学会,第50回日本眼炎症学会,
第59回日本コンタクトレンズ学会総会,第5回日本涙道・涙液学会総会(東京)7月, 2016.
103. 村上智哉,加治優一,大鹿哲郎,石橋康久:
市販の歯垢可視化剤を用いたコンタクトレンズケース内バイオフィルムの可視化.
フォーサム2016東京,第53回日本眼感染症学会,第50回日本眼炎症学会,
第59回日本コンタクトレンズ学会総会,第5回日本涙道・涙液学会総会(東京)7月, 2016.
104. 頓宮真紀、松村望、加藤祐司、高橋寧子、松本雄二郎、加治優一、宮崎千歌:
看護師による涙管通水検査の正確性と安全性
第6回日本涙道涙液学会(東京)7月、2016.
105. 平岡孝浩:
コンタクトレンズ装用者のQOVとQOL-ドライアイの合併を中心として-.
旭川眼科フォーラム(旭川市)7月, 2016.
106. 大鹿哲郎:
スペシャリストの魅力.
第5回眼科サマーキャンプ(木更津市)8月, 2016.
107. 佐藤正樹:
OVDの使い分け.
参天製薬社内研修会(つくば市)8月, 2016
108. 平岡孝浩:
波面センサー最新情報と今後の展開.
2016眼光学チュートリアルセミナー(東京)8月, 2016.
109. 加治優一:
塗抹検鏡 今日から始めるコツ.
広島県塗抹検鏡講習会(広島市)8月, 2016.
110. Mihashi T, Hirohara Y, Oshika T, Shah S, Wolffsohn J:
A compact Shack-Hartmann wavefront aberrometer: useful tool for clinical and basic research purposes.
8th European Meeting on Visual and Physiological Optics. (Antwerp, Belgium) August, 2016.
111. Mihashi T, Hirohara Y, Kanda H, Miyagawa S, Morimoto T, Miyoshi T, Fujikado T:
Responsive spatial extent of retinal intrinsic optical signal, electroretinography, and optics
chiasm evoked potentiag-l to light stimulation in cats.
8th European Meeting on Visual and Physiological Optics. (Antwerp, Belgium) August, 2016.
112. 三橋俊文,大鹿哲郎,前田聡陽,塩入 諭,広原陽子:
眼の収差と日本語文章の読書速度の関係.
第52回日本眼光学学会(東京)9月, 2016.
113. 広原洋子,三好智満, 宮川 雄, 神田寛行, 森本 壮, 不二門尚:
色刺激に対する網膜機能画像の反応強度と誘発電位の比較.
第52回日本眼光学学会(東京)9月, 2016.
114. Nakano S, Hiraoka T, Oshika T:
Results of toric intraocular lens implantation using surgical guidance and AS-OCT orientation.
The XXXIV Congress of the European Society of Cataract and Refractive Surgeons (Copenhagen, Denmark) September, 2016.
115. Hiraoka T, Sekine Y, Okamoto F, Oshika T:
Ten-year follow-up of overnight orthokeratology for myopia control.
The XXXIV Congress of the European Society of Cataract and Refractive Surgeons (Copenhagen, Denmark) September, 2016.
116. Oshika T:
Cataract surgery in complicated cases.
21st Chinese Ophthalmological Society (Suzhou, Jiangsu, China) September, 2016.
117. Oshika T:
Controlling postoperative inflammation and infection.
Fyodorov Ophthalmology Forum 2016 (Invited Lecture)(Moscow, Russia) September, 2016.
118. Hiraoka T.:
Post-marketing surveillance of overnight orthokeratology: 5-year follow-up study in Japan.
Ophthalmology Society of Oceania 2016 (OSO2016) (Invited lecture) (Gold Coast, Australia) September, 2016.
119. Mihashi T, Shioiri S, Maeda A, Oshika T:
Prediction of reading speed from wavefront aberration in Japanese.
Optical Society of America, Fall Vision Meeting(Rochester, New York) October, 2016.
120. 大鹿哲郎:
白内障手術こんな時どうする!?
瀬戸内眼科コロシアム(モーニングセミナー)(岡山市)10月, 2016.
121. 平岡孝浩:
コンタクトレンズ診療アップデート.
第21回茨城EYE FORUM(水戸市)10月, 2016.
122. 杉浦好美:
RVOの抗VEGF療法と変視.
RVO Expert Clinical Conference. (東京)10月, 2016.
123. Oshika T:
Prof. Shinobu Ishihara, Giants in Asia-Pacific Ophthalmology.
American Academy of Ophthalmology 2016 (Symposium)( Chigago, Illinois)October, 2016.
124. 大鹿哲郎:
結果にコミットする。白内障手術.
第108回久留米大学眼科研究会(特別講演)(久留米市)10月, 2016.
125. Oshika T:
Cataract surgery in complicated cases.
VIIth International Congress with International Participation (Invited Lecture)(Moscow, Russia) October, 2016.
126. 大鹿哲郎:
白内障手術こんな時どうする!?
第18回札幌眼疾患研究会(特別講演)(札幌市)10月, 2016.
127. 大鹿哲郎:
承認の経緯,ガイドライン,使用上の注意.
第13回HOYA CTR講習会(京都市)11月, 2016.
128. 大鹿哲郎:
白内障手術こんな時どうする!?
北海道IOL勉強会2016秋(特別講演)(札幌市)11月, 2016.
129. 加治優一
コンタクトレンズ関連眼合併症の過去・現在・未来.
福岡コンタクトレンズ販売管理者講習会(福岡市)11月, 2016.
130. Oshika T:
Development of a comprehensive evaluation system for anterior segment structure and function.
Kyoto Cornea Club (Keynote Lecture)(Kyoto) November, 2016.
131. 木内貴博:
緑内障診療アップデート -賢いOCT利用術-.
県北眼科講演会(日立市)11月, 2016.
132. 加治優一,石橋康久:
前眼部における真菌感染症の診断と治療.
第70回日本臨床眼科学会(真菌症シンポジウム)(京都市)11月, 2016.
133. 大鹿哲郎:
眼内レンズ選択.眼内レンズ選択と度数計算.
第70回日本臨床眼科学会(インストラクションコース)(京都市)11月, 2016.
134. 大鹿哲郎:
白内障手術こんな時どうする!? 難症例の白内障手術.
第70回日本臨床眼科学会(インストラクションコース)(京都市)11月, 2016.
135. 平岡孝浩:
一から学ぶ円錐角膜~明日から迷わない対処方法 ソフトコンタクトレンズによる矯正.
第70回臨床眼科学会総会(インストラクションコース)(京都市)11月, 2016.
136. 大鹿哲郎:
アルコン社製眼内レンズに生じた術後炎症問題について.
第70回日本臨床眼科学会(ランチョンセミナー)(京都市)11月, 2016.
137. 平岡孝浩:
多焦点IOLと遠近両用CL~高齢化の近方視に挑む~ 遠近両用コンタクトレンズ.
第70回臨床眼科学会総会(ランチョンセミナー)(京都市)11月, 2016.
138. 平岡孝浩:
合併症と対処法.
第70回臨床眼科学会総会(オルソケラトロジー講習会)(京都市)11月, 2016.
139. 三橋俊文,中島 将,Wolffsohn J,平岡孝浩,大鹿哲郎:
分節状屈折型二重焦点眼内レンズのシャックハルトマン波面センサーと光線法による評価.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
140. 加治優一,村上智哉,岡本史樹,大鹿哲郎:
強膜穿孔と特異な前房蓄膿を呈した真菌性胸膜炎.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
141. 木内貴博,吉田祐史,大鹿哲郎:
白内障手術周術期における心理的ストレスが僚眼の眼圧に及ぼす影響.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
142. 山本敏哉,平岡孝浩,大鹿哲郎:
倒乱視,直乱視,微小乱視を有する眼内レンズ挿入眼の偽調節.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
143. 中島 将,三橋俊文,大鹿哲郎:
3波長波面センサーを用いたトーリック眼内レンズの非点収差の色収差成分の評価.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
144. 周藤 真,杉浦好美,大房理恵,大鹿哲郎:
移動性網膜下液を伴い,さらに裂孔原性網膜剥離に至った後部強膜炎の1例.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
145. 大房理恵,杉浦好美,周藤 真,佐藤りえ,大鹿哲郎:
失明状態から劇的に視機能が改善した真菌性鼻性視神経症の1例.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
146. 飯田将元,平岡孝浩,林寺 健,高田慶太,本坊正人,森 洋斉,子島良平,南慶一郎,
宮田和典,大鹿哲郎:
眼内レンズのsub-surface nano-glisteningが実用視力に及ぼす影響.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
147. 井坂太一,岡本史樹,杉浦好美,守屋友貴,村上智哉,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
黄斑円孔術後の不等像視の長期経過とOCT所見.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
148. 岡本史樹,杉浦好美,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
種々の網膜疾患における手術前後の不等像視.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
149. 木下雄人,星 崇仁,平岡孝浩,小塚淳子,佐藤友光子,加藤篤子,上野勇太,福田慎一,大鹿哲郎:
実用視力計による弱視治療眼の視機能の検討.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
150. 関真理子,星 崇仁,平岡孝浩,小塚淳子,佐藤友光子,加藤篤子,上野勇太,福田慎一,大鹿哲郎:
実用視力計による弱視種類別の視機能の検討.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
151. 星 崇仁,Kasaragod D,上野勇太,藤田亜佳里,福田慎一,安野嘉晃,大鹿哲郎:
偏光OCTによる翼状片の局所複屈折の可視化.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
152. 村上智哉,岡本史樹,杉浦好美,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
黄斑剥離を伴う裂孔原性網膜剥離術後の不等像視の経時的変化と影響因子.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
153. 守屋友貴,岡本史樹,杉浦好美,村上智哉,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
黄斑円孔患者の立体視と網膜形態.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
154. 杉浦好美,岡本史樹,大房理恵,周藤 真,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
網膜静脈分枝閉塞症に対する患者のRanibizumab硝子体注射治療後の変視経過.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
155. 森 悠大,上野勇太,平岡孝浩,長谷川優実,萩原希望,藤田亜佳里,大鹿哲郎:
高深達・前眼部OCTによる水晶体核混濁の定量評価.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
156. 萩原希望,長谷川優実,平岡孝浩,上野勇太,森 悠大,大鹿哲郎:
Pentacamによる水晶体核混濁の定量評価と視機能の関連.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
157. 長谷川優実,平岡孝浩,萩原希望,上野勇太,森 悠大,大鹿哲郎:
白内障眼の視機能と光学特性との関連.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
158. 湯川知恵,上野勇太,平岡孝浩,大鹿哲郎:
CASIA2によるトーリック眼内レンズ術後固定軸の測定.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
159. 平岡孝浩,関根康生,星 崇仁,岡本史樹,大鹿哲郎:
オルソケラトロジー長期継続症例の臨床経過.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
160. 大久保智貴,上野勇太,Kasaragod D,星 崇仁,福田慎一,藤田亜佳里,安野嘉晃,
大鹿哲郎:
偏光感受型前眼部OCTによる濾過胞線維化スコアの経時的評価.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
161. 上野勇太,平岡孝浩,藤田亜佳里,大鹿哲郎:
白内障手術後の角膜前後面形状と乱視の経時変化.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
162. 森川翔平,岡本芳史,岡本史樹,香留 崇,石川裕人,上田哲生,川野純廣,杉谷和彦,
澤田 修,木下貴正,高村佳弘,大鹿哲郎:
スポーツに起因する開放性眼外傷の検討.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
163. 岡本芳史,木野弘善,阿久津博義,松村 明,平岡孝浩,岡本史樹,大鹿哲郎:
視力良好な下垂体部腫瘍患者における実用視力.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
164. 藤田亜佳里,加治優一,大上智弘,大鹿哲郎:
結膜弛緩症に対するレバミピド点眼前後の涙液機能とimpression cytologyの評価.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
165. 中野伸一郎,天野文保,高木星宇,平岡孝浩,大鹿哲郎:
倒乱視症例における角膜後面乱視の乱視用眼内レンズの選定に与える影響についての検討.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
166. 藤田亜佳里:
Vivinexアイサート(XY-1) 極小切開創からの挿入の利点.
第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
167. 鳥居秀成,根岸一乃,栗原俊英,石子智士,大鹿哲郎,平岡孝浩,稗田 牧,長谷部 聡,神田寛行,坪田一男,不二門 尚:
近視進行予防メガネの多施設共同二重盲検ランダム化比較試験における近視進行の季節性.第70回日本臨床眼科学会(京都市)11月, 2016.
168. 加治優一,佐藤りえ,大鹿哲郎:
角膜へのアミロイド沈着を認める膠様滴状角膜ジストロフィにおけるAGEの局在.
第26回日本メイラード学会(つくば市)11月, 2016.
169. 佐藤りえ,加治優一,大鹿哲郎:
糖尿病網膜症患者の硝子体液におけるAGE濃度と病型の比較.
第26回日本メイラード学会(つくば市)11月, 2016.
170. 湯川知恵,上野勇太,平岡孝浩,大鹿哲郎:
CASIA2を用いたトーリックIOLの術後固定軸の測定.
茨城医学会眼科分科会兼茨城県眼科医会集談会(水戸市)11月, 2016.
171. 周藤 真,杉浦好美,大房理恵,岡本史樹,大鹿哲郎:
移動性網膜下液を伴い,裂孔原性網膜剥離に至った後部強膜炎の1例.
茨城医学会眼科分科会兼茨城県眼科医会集談会(水戸市)11月, 2016.
172. 加治優一,石橋康久,大鹿哲郎:
アカントアメーバ角膜炎患者のコンタクトレンズケースにおけるバイオフィルムの検出.
茨城医学会眼科分科会兼茨城県眼科医会集談会(水戸市)11月, 2016.
173. 林寺 健,加藤篤子,平岡孝浩,大鹿哲郎:
眼瞼に発生したメルケル細胞癌3症例の検討.
茨城医学会眼科分科会兼茨城県眼科医会集談会(水戸市)11月, 2016.
174. 加治優一:
コンタクトレンズ関連眼合併症の過去・現在・未来.
福岡コンタクトレンズ販売管理者講習会(福岡市)11月, 2016.
175. 平岡孝浩:
QOVの観点から考える前眼部診療.
Tsukuba Ophthalmology Symposium(つくば市)11月, 2016.
176. 平岡孝浩:
コンタクトレンズ装用者のドライアイと点眼薬.
Keep the Visual Field in Chiba(成田市)11月, 2016.
177. Kaji Y, Akiyama T, Segawa H, Oshika T, Kano H:
Visualization of biomolecules in cornea using Raman microscope: a non-invasive method to
visualize the localization of lipids, proteins, and nucleic acids.
The 22nd Annual Meeting of Kyoto Cornea Club(京都市)11月, 2016.
178. 平岡孝浩:
Symposium I Review.Refractive Surgery & Optics, Corneal Transplantation.
The 22nd Annual Meeting of Kyoto Cornea Club(京都市)11月, 2016.
179. 平岡孝浩:
オルソケラトロジーアップデート.
The 7th Asia Medical Contact Lens Seminar(広島市)11月, 2016.
180. Kakinoki M, Iwasaki M, Moriya Y, Sakamoto T, Araki T, Takamura Y, Kojima M,
Sugitani K, Sano H, Sawada O, Ohji M:
Surgical outcomes of macular hole retinal detachment in highly myopic eyes.
第55回日本網膜硝子体学会総会(東京)12月, 2016.
181. 杉浦好美,岡本史樹,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
網膜静脈分枝閉塞症に対するRanibizumab硝子体注射後のコントラスト感度.
第55回日本網膜硝子体学会総会(東京)12月, 2016.
182. 星 崇仁,岡本史樹,酒井崇匡,木住野源一郎,杉浦好美,村上智哉,大鹿哲郎:
新規臨界ハイドロゲルを用いた人工硝子体の開発.
第55回日本網膜硝子体学会総会(東京)12月, 2016.
183. 岡本史樹,星 崇仁,酒井崇匡,杉浦好美,村上智哉,守屋友貴,大鹿哲郎:
新規臨界ハイドロゲルによる人工硝子体の網膜剥離モデルにおける評価.
第55回日本網膜硝子体学会総会(東京)12月, 2016.
184. 守屋友貴,岡本史樹,杉浦好美,村上智哉,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
特発性黄斑円孔術後の立体視と網膜形態.
第55回日本網膜硝子体学会総会(東京)12月, 2016.
185. 森川翔平,岡本芳史,岡本史樹,猪本尚毅,三田村佳典,石川裕人,五味 文,上田哲生,緒方奈保子,川野純廣,坂本泰二,杉谷和彦,平野佳男,安川 力,澤田 修,柿木雅志,大路正人,木下貴正,高村佳弘,大鹿哲郎:
交通事故に起因する開放性眼外傷の視力予後.
第55回日本網膜硝子体学会総会(東京)12月, 2016.
186. Hiraoka T:
Post-marketing surveillance of overnight orthokeratology: 5-year follow-up study in Japan.
The 5th Asia Orthokeratology and Specialty Lens Conference (Invited lecture) (Seoul, Korea)
December, 2016.
187. Nakano S, Hiraoka T, Oshika T:
Comparison of corneal astigmatism axis measurement using anterior segment optical coherent tomography, IOLMaster500, and auto refractokearatometer.
The 5th Biennial Scientific Meeting Asia Cornea Society 2016, the 5th Asia Orthokeratology and Specialty Lens Conference(Seoul, Korea) December, 2016.
188. Hasegawa Y, Hiraoka T, Nakano S, Oshika T:
Effects of monocularly and binocularly induced astigmatic defocus on kinetic visual acuity.
The 5th Biennial Scientific Meeting Asia Cornea Society 2016, the 5th Asia Orthokeratology and Specialty Lens Conference(Seoul, Korea) December, 2016.
189. Fujita A, Kaji Y, Ogami T, Oshika T:
Tear fluid instability and surface epithelial changes of in eyes with pinguecula.
The 5th Biennial Scientific Meeting Asia Cornea Society 2016, the 5th Asia Orthokeratology and Specialty Lens Conference(Seoul, Korea) December, 2016.
190. Okubo T, Ueno Y, Hiraoka T, Oshika T:
Influence of aging on pachymetric mapping in normal corneas.
The 5th Biennial Scientific Meeting Asia Cornea Society 2016, the 5th Asia Orthokeratology and Specialty Lens Conference(Seoul, Korea) December, 2016.
191. Isaka T, Ueno Y, Miyazaki M, Oshika T:
Assessment of true internal astigmatism by removing the effect of posterior corneal astigmatism in pseudophakic eyes.
The 5th Biennial Scientific Meeting Asia Cornea Society 2016, the 5th Asia Orthokeratology and Specialty Lens Conference(Seoul, Korea) December, 2016.
192. Kinoshita K, Hasegawa Y, Hiraoka T, Oshika T:
Effects of astigmatic blur on conventional and functional visual acuity.
The 5th Biennial Scientific Meeting Asia Cornea Society 2016, the 5th Asia Orthokeratology and Specialty Lens Conference(Seoul, Korea) December, 2016.
193. Seki M, Hasegawa Y, Yukawa C, Hiraoka T, Oshika T:
Effects of induced astigmatic defocus on contrast sensitivity assessed with multiple
measurement charts.
The 5th Biennial Scientific Meeting Asia Cornea Society 2016, the 5th Asia Orthokeratology and Specialty Lens Conference(Seoul, Korea) December, 2016.
194. Okamoto F, Ueno Y, Hiraoka T, Oshika T:
Quantitative evaluation of refractive components of posterior corneal surface using Fourier analysis: an attempt to determine the normal range for each Fourier index.
The 5th Biennial Scientific Meeting Asia Cornea Society 2016, the 5th Asia Orthokeratology and Specialty Lens Conference(Seoul, Korea) December, 2016.