研究業績

2015年 研究業績


原著

1. Suzuki T, Ohashi Y, Oshika T, Goto H, Hirakata A, Fukushita K, Miyata K:
Japanese Ophthalmological Society HOYA Intraocular Lens–Related Endophthalmitis Investigation Commission: Outbreak of late-onset toxic anterior segment syndrome after implantation of one-piece intraocular lenses.
Am J Ophthalmol 159:934-939, 2015.e2. doi: 10.1016/j.ajo.2015.01.023. Epub 2015 Jan 28.
2. Nakajima M, Hiraoka T, Hirohara Y, Oshika T, Mihashi T:
Verification of the lack of correlation between age and longitudinal chromatic aberrations of the human eye from the visible to the infrared.
Biomed Opt Express 6:2676-2694, 2015. doi: 10.1364/BOE.6.002676. eCollection 2015 Jul 1.
3. Oshika T, Nishida K, Saika S, Fukushima A:
Commemorating the 20th Anniversary of the Kyoto Cornea Club, 20th Annual Meeting of the Kyoto Cornea Club, December 5 and 6, 2014.
Cornea 34 Suppl 11:S103-4, 2015. doi: 10.1097/ICO.0000000000000606.
4. Nejima R, Masuda A, Minami K, Mori Y, Hasegawa Y, Miyata K:
Topographic changes after excision surgery of primary pterygia and the effect of
pterygium sizeon topographic restoration.
Eye Cotact Lens 41:58-63, 2015.
5. Kurata I, Tsuboi H, Takahashi H, Abe S, Ebe H, Hagiwara S, Umeda N, Kondo Y, Ogishima H,Suzuki T, Matsumoto I, Hoshi S, Oshika T, Sumida T:
Successful treatment with Infliximab for refractory uveitis in a hemodialysis patient with Behçet's disease and a review of the literature for Infliximab use in patients on hemodialysis.
Intern Med 54:1553-1557, 2015. doi: 10.2169/internalmedicine.54.4274. Epub 2015 Jun 15.
6. Fukuda S, Kishino G, Hoshi S, Beheregaray S, Ueno Y, Fukuda M, Kasaragod D,
Yasuno Y, Oshika T:
Repeatability of corneal phase retardation measurements by polarization-sensitive optical coherence tomography.
Invest Ophthalmol Vis Sci 56:3196-3201, 2015. doi: 10.1167/iovs.14-16327.
7. Hoshi S, Okamoto F, Arai M, Hirose T, Sugiura Y, Kaji Y, Oshika T:
In vivo and in vitro feasibility studies of intraocular use of polyethylene glycol-based synthetic sealant to close retinal breaks in porcine and rabbit eyes.
Invest Ophthalmol Vis Sci 56:4705-11, 2015. 10.1167/iovs.14-15349.
8. Segawa H, Kaji Y, Leproux P, Couderc V, Ozawa T, Oshika T, Kano H:
Multimodal and multiplex spectral imaging of rat cornea ex vivo using a white-light laser source.
J Biophotonics 8:705-713, 2015. doi: 10.1002/jbio.201400059. Epub 2014 Nov 6.
9. Kaji Y, Oshika T, Nejima R, Mori S, Miyata K, Fujii N:
Immunohistochemical localization of d-β-aspartic acid-containing proteins in pterygium.
J Pharm Biomed Anal 116:86-89, 2015. doi: 10.1016/j.jpba.2015.01.057. Epub 2015 Feb 7.
10. Tanihara H, Inoue T, Yamamoto T, Kuwayama Y, Abe H, Suganami H, Araie M,
K-115 Clinical Study Group:
Additive intraocular pressure-lowering effects of the rho kinase inhibitor ripasudil
(K-115) combined with timolol or latanoprost: A report of 2 randomized clinical
trials.
JAMA Ophthalmol 133:755-761, 2015.
11. Nagamoto T, Oshika T, Fujikado T, Ishibashi T, Sato M, Kondo M, Kurosaka D,
Azuma N:
Clinical characteristics of congenital and developmental cataract undergoing surgical treatment.
Jpn J Ophthalmol 59:148-156, 2015. doi: 10.1007/s10384-015-0370-8. Epub 2015 Jan 23.
12. Nagamoto T, Oshika T, Fujikado T, Ishibashi T, Sato M, Kondo M, Kurosaka D,
Azuma N:
A survey of the surgical treatment of congenital and developmental cataracts in Japan.
Jpn J Ophthalmol 59:203-208, 2015. doi: 10.1007/s10384-015-0385-1. Epub 2015 May 15.
13. Hiraoka T, Kakita T, Okamoto F, Oshika T:
Influence of ocular wavefront aberrations on axial length elongation in myopic children treated with overnight orthokeratology.
Ophthalmology 122:93-100, 2015. doi: 10.1016/j.ophtha.2014.07.042. Epub 2014 Sep 16.
14. Ueno Y, Hiraoka T, Miyazaki M, Ito M, Oshika T:
Corneal thickness profile and posterior corneal astigmatism in normal corneas.
Ophthalmology 122:1072-1078, 2015. doi: 10.1016/j.ophtha.2015.01.021. Epub 2015 Mar 11.
15. Hiraoka T, Hoshi S, Okamoto Y, Okamoto F, Oshika T:
Mesopic functional visual acuity in normal subjects.
PLoS One 2015 Jul 28;10(7):e0134505. doi: 10.1371/journal.pone.0134505. eCollection 2015.
16. Okamoto F, Sugiura Y, Okamoto Y, Hiraoka T, Oshika T:
Stereopsis and optical coherence tomography findings after epiretinal membrane surgery.
Retina 35:1415-1421, 2015. doi: 10.1097/IAE.0000000000000470.
17. Okamoto F, Sugiura Y, Okamoto Y, Hiraoka T, Oshika T:
Inner nuclear layer thickness as a prognostic factor for metamorphopsia after epiretinal membrane surgery.
Retina 35:2107-2114, 2015. doi: 10.1097/IAE.0000000000000602.
18. 浅野宏規,平岡孝浩,大鹿哲郎:
コンタクトレンズ装用眼におけるレバミピド点眼の安全性と有効性.
眼科臨床紀要 8:151-157, 2015.
19. 木内貴博,井上隆史,高林南緒子,大鹿哲郎:
眼圧下降薬4剤併用緑内障患者におけるブナゾシン塩酸塩からブリモニジン酒石酸塩への切り替え.
眼科臨床紀要 8:891-895, 2015.
20. 岡本史樹:
認知症と眼治療.
日本医師会雑誌 144:1826, 2015.
21. 秋山敏宏,瀬川尋貴,加治優一,大鹿哲郎,加納英明:
マルチモーダル多光子分光顕微鏡を用いたラット眼組織の分子イメージング.
日本レーザー医学会誌 36:201-208, 2015.
22. 木内貴博:
何が見える?何がわかる? OCT.OCTによる濾過胞評価.
臨床眼科69:74-79, 2015.
23. 天野文保,岡本史樹,平岡孝浩,大鹿哲郎:
インフルエンザワクチン接種後に片眼性視神経乳頭炎と毛様網膜動脈閉塞症が発症した小児の1例.
臨床眼科 69:327-331, 2015.
24. 田原由希子,長谷川優実,岡本史樹,福田慎一,中野伸一郎,大鹿哲郎:
黄斑浮腫を伴った高γグロブリン血症の2例.
臨床眼科 69:333-339, 2015.

総説

1. 佐藤正樹,林研,根岸一乃,神谷和孝,ビッセン宮島弘子:
2013年度JSCRS会員アンケート.
IOL&RS 29:47-66, 2015.
2. 佐藤正樹:
眼内レンズ 海外と国内の違い.
IOL&RS 29:57-62, 2015.
3. 周藤真,平岡孝浩:
他分野の最新情報 iPhoneを用いた前眼部,眼底撮影.
IOL & RS 29:419-425, 2015.
4. 平岡孝浩:
眼鏡とコンタクトレンズの実際的処方 実際的コンタクトレンズ処方 特殊なコンタクトレンズの処方 オルソケラトロジーコンタクトレンズの処方.
あたらしい眼科 32:181-188, 2015.
5. 平岡孝浩:
眼鏡とコンタクトレンズの実際的処方 実際的コンタクトレンズ処方 コンタクトレンズによる近視抑制効果 オルソケラトロジーコンタクトレンズの近視抑制.
あたらしい眼科 32:232-235, 2015.
6. 平岡孝浩:
屈折矯正手術セミナー スキルアップ講座 オルソケラトロジーによる近視進行抑制効果.
あたらしい眼科 32: 513-514, 2015.
7. 加治優一:
ニキビダニ 特集:眼感染症診断の温故知新.
あたらしい眼科 32: 657-660, 2015.
8. 加治優一:
塩化ベンザルコニウム 特集:薬剤性角膜上皮障害.
眼科 57: 931-936, 2015.
9. 平岡孝浩:
オルソケラトロジー 合併症とその対策.
眼科 57:1011-1017, 2015.
10. 大鹿哲郎:
縫着CTRの使い方.
眼科グラフィック 4:19-23, 2015.
11. 平岡孝浩,上野勇太:
角膜後面形状評価の進歩とその臨床的意義.
視覚の科学 36:4-11, 2015.
12. 大鹿哲郎,小椋祐一郎,稲谷 大,岡田アナベルあやめ,小沢忠彦,近藤峰生,
榛村重人,園田康平,前田直之:
戦略企画会議第一委員会の活動を終えるに当たって.
日本眼科学会雑誌 119: 22-23, 2015.
13. 大鹿哲郎:
ISER2016 Tokyoのご案内.
日本眼科学会雑誌 119:826-827, 2015.
14. 平岡孝浩:
私の処方 私の治療(第20回) オルソケラトロジー.
日本コンタクトレンズ学会誌 57:127-128, 2015.
15. 加治優一,赤松 恵,冨所康志,玉岡 晃,加納英明,大鹿哲郎:
白内障基礎研究の最前線.水晶体はアルツハイマー病の早期診断に利用可能か?
日本白内障学会誌 27:19-22, 2015.
16. 周藤真,平岡孝浩:
スマートフォンを用いた前眼部および眼底撮影.
臨床眼科 69:1301-1307, 2015.

著書

1. 岡本史樹:
黄斑上膜,黄斑円孔.
専門医のための眼科診療クオリファイ 「視野検査とその評価」(松本長太,編)
中山書店(東京)166-171, 2015.
2. 石井晃太郎:
近視の本態としての眼軸延長と眼球の変形について,小児の場合を中心に教えてください.
専門医のための眼科診療クオリファイ 「近視の病態とマネジメント」
(大野京子,編)中山書店(東京)15-17, 2015.
3. 上野勇太:
トーリック眼内レンズ乱視軸決定.
前眼部画像診断AtoZ OCT・角膜形状・波面収差の読み方.
メジカルビュー社(東京)194-202, 2015.

学会発表

1. 大鹿哲郎:
承認の経緯,ガイドライン,使用上の注意.
第9回HOYA CTR講習会(大阪市)1月, 2015.
2. 松島博之,永田万由美,松田優治,大鹿哲郎:
プリロード型眼内レンズ テクニス オプティブルー®iTecの操作機能性評価.
第38回日本眼科手術学会学術総会(京都市)1月, 2015.
3. 長谷川優実,平岡孝浩,大鹿哲郎,中野伸一郎:
乱視が動体視力に及ぼす影響.
第46回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2015.
4. 星 崇仁,平岡孝浩,権 伍勇,村上智哉,加治優一,大鹿哲郎:
筑波大学附属病院における涙道内視鏡下涙管チューブ挿入術の治療成績.
第46回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2015.
5. 権 伍勇,加治優一,大鹿哲郎,石橋康久:
レンズケースに付着した蛋白質およびバイオフィルムのアカントアメーバ接着能への影響.
第46回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2015.
6. 平岡孝浩,上野勇太,飯田将元,権 伍勇,周藤 真,加治優一,大鹿哲郎:
円錐角膜眼に対するKeraSoft®の処方経験.
第46回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2015.
7. 加治優一,大鹿哲郎,子島良平,森 洋斉,宮田和典:
翼状片における過酸化脂質の沈着と喫煙との関係.
第46回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2015.
8. 井上友輔,岡本史樹,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
網膜下に迷入したパーフルオロカーボンを除去した裂孔原性網膜剥離の3例.
第46回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2015.
9. Kasaragod D, Fukuda S, Hoshi S, Oshika T, Yasuno Y:
Non-invasive birefringence imaging of anterior eye by PS-OCT: Application for glaucoma filtration surgery evaluation.
BiOS, SPIE Photonics West (San Francisco) February, 2015.
10. 中野伸一郎,平岡孝浩,大鹿哲郎:
HOYA社製トーリック眼内レンズの早期術後成績.
角膜カンファランス2015,第39回日本角膜学会総会,第31回日本角膜移植学会
(高知市)2月, 2015.
11. 上野勇太,平岡孝浩,大鹿哲郎:
白内障術後の内方弁形状異常により角膜後面乱視が増加した2例.
角膜カンファランス2015,第39回日本角膜学会総会,第31回日本角膜移植学会
(高知市)2月, 2015.
12. Kaji Y, Oshika T, Nejima R, Mori S, Miyata K, Fujii N:
Immunohistochemical localization of D--aspartic acid-containing proteins, a molecular marker of aging, in pterygium.
Asia-ARVO 2015(Yokohama) February, 2014.
13. Okamoto F:
Metamorphopsia in epiretinal membrane.
Asia-ARVO 2015(Yokohama) February, 2014.
14. Morita Sato Y, Fukuda S, Hiraoka T, Oshika T:
Noninvasive assessment of extraocular muscle insertion using 3-dimentional anterior segment optical coherence tomography before strabismus reoperation.
Asia-ARVO 2015(Yokohama) February, 2014.
15. 大鹿哲郎:
白内障診療ステップアップ.
第2回雪明・新潟眼科フォーラム(特別講演)(新潟市)2月, 2015.
16. 佐藤正樹:
緑内障の臨床(一般検査からMIGSまで).
興和創薬社内研修会(つくば市)3月, 2015.
17. 平岡孝浩:
点眼液とコンタクトレンズと点眼液と視機能に関する最近の知見.
大洗・眼科診療グループセミナー(つくば市)3月, 2015.
18. 大鹿哲郎:
眼内レンズの選択―どの眼内レンズを,どう選ぶか.
新眼科臨床アップデートセミナー(京都市)3月, 2015.
19. 岡本史樹:
最新の網膜硝子体手術.
守谷薬剤師懇談会(守谷市)3月, 2015.
20. 秋山敏宏,瀬川尋貴,加治優一,大鹿哲郎,加納英明:
マルチモーダル多光子顕微鏡を用いたラット眼組織の分子イメージング.
第62回応用物理学会春季学術講演会(平塚市)3月, 2015.
21. 大鹿哲郎:
眼内レンズの最新事情.
第5回北海道IOL勉強会(特別講演)(札幌市)3月, 2015.
22. 加治優一:
塗抹検鏡講座 眼科における塗抹検査の重要性.
富山県塗抹検鏡講座(富山市)3月, 2015.
23. Oshika T:
Clinical study of TECNIS Toric IOL.
AMO Refractive Cataract Surgery Advancement Forum (Invited lecture)
(Guangzhou(広州), China) March, 2015.
24. 平岡孝浩:
前眼部疾患と視機能検査.
第1回視機能を考えるセミナー(つくば市)3月, 2015.
25. Oshika T:
Keys for success with Toric IOLs: Preoperative, intraoperative and postoperative considerations.
Asia Pacific Academy of Ophthalmology (Luncheon Seminar)(Guangzhou, China) April, 2015.
26. Hoshi S:
Anterior segment polarization sensitive OCT.
Asia-Pacific Academy of Ophthalmology (Symposium) (Guangzhou, China) April, 2015.
27. Oshika T:
Clinical pearls for TECNIS Toric IOL.
Tecnis Toric User Meeting (Symposium) (Guangzhou, China) April, 2015.
28. Oshika T:
Cataract surgery in complicated and difficult cases.
Jiangsu Ophthalmology Society (Symposium)( Nantong, Jiangsu(江蘇省南通), China) April, 2015.
29. Oshika T:
History of Japanese Ophthalmology - Import of Chinese medicine and subsequent development.
The International Symposium on Ophthalmic History (Symposium)
(Nantong, Jiangsu, China) April, 2015.
30. 佐藤正樹:
DME治療の実例.
参天製薬社内研修会(つくば市)4月, 2015.
31. 上野勇太:
画像診断-垣根を超えて-前眼部OCT.
第119回日本眼科学会総会(シンポジウム)(札幌市) 4月, 2015.
32. 平岡孝浩:
ドライアイ診療のパラダイムシフト,CL装用者のドライアイについて.
第119回日本眼科学会総会(札幌市)4月, 2015.
33. 柴田哲平,田畑賀章,佐々木麻衣,関祐介,長田ひろみ, 柴田奈央子,猿田貴紀,藤掛福美,浅野宏規,久保江理, 佐々木洋:
タンザニアの農村部在住の若年者における瞼裂斑有病率.
第119回日本眼科学会総会(札幌市)4月, 2015.
34. 村上智哉,平岡孝浩,星 崇仁,宮田理沙,上野勇太,加治優一,大鹿哲郎:
コンタクトレンズの多重装用による感染性角膜潰瘍の1例.
第119回日本眼科学会総会(札幌市)4月, 2015.
35. 寺内亜佳里,上野勇太,平岡孝浩,大鹿哲郎:
AutoSert®を使用した極小切開白内障手術における切開幅と術後惹起乱視の検討.
第119回日本眼科学会総会(札幌市)4月, 2015.
36. 岡本芳史,星 崇仁,岡本史樹,大鹿哲郎:
家兎眼の線維柱帯切開術に対するトレハロース術中塗布の効果.
第119回日本眼科学会総会(札幌市)4月, 2015.
37. 中野伸一郎,宮田 章,木澤純也,黒坂大次郎,宮田和典,大鹿哲郎:
分光透過特性の異なる眼内レンズを片眼ずつ用いた白内障手術の前向き比較試験.
第119回日本眼科学会総会(札幌市)4月, 2015.
38. 大鹿哲郎:
白内障手術の進歩.CENTURION ®を中心に.
2015 Cataract Update Seminar in 東京(東京)4月,2015.
39. 加治優一:
コンタクトレンズ関連感染症に対して我々のできること.
第342回 岩手眼科集談会(盛岡市)4月, 2015.
40. Hiraoka T, Ito T, Kakee H, Yamamoto T, Oshika T:
Post-marketing surveillance of overnight orthokeratology: 3-year follow-up study in Japan.
Association for Research in Vision and Ophthalmology (Denver, Colorado) May, 2015.
41. Miyata R, Okamoto F, Sugiura Y, Okamoto Y, Hiraoka T, Oshika T:
Inner nuclear layer thickness as a prognostic factor for metamorphopsia after epiretinal membrane surgery.
Association for Research in Vision and Ophthalmology (Denver, Colorado) May, 2015.
42. Yoshida Y, Suto S, Hiraoka T, Okamoto F, Oshika T:
Fluorescein fundus angiography with smartphone.
Association for Research in Vision and Ophthalmology (Denver, Colorado) May, 2015.
43. Inoue Y, Ueno Y, Hiraoka T, Okamoto F, Oshika T:
Quantitative evaluation of refractive components of posterior corneal surface using Fourier analysis: an attempt to determine a normal range of values for each Fourier index.
Association for Research in Vision and Ophthalmology (Denver, Colorado) May, 2015.
44. Okamoto F, Sugiura T, Okamoto Y, Hiraoka T, Oshika T:
Changes in metamorphopsia in patients undergoing treatment for various vitreoretinal disorders.
Association for Research in Vision and Ophthalmology (Denver, Colorado) May, 2015.
45. Hoshi S, Okamoto F, Sugiura Y, Kishino G, Murakami T, Arai M, Hirose T, Oshika T:
Sealing retinal breaks with FocalSeal® in experimental rhegmatogenous retinal detachment in rabbit eyes.
Association for Research in Vision and Ophthalmology (Denver, Colorado) May, 2015.
46. Murakami T, Okamoto F, Sugiura Y, Okamoto Y, Hiraoka T, Oshika T:
Relationship between metamorphopsia and foveal microstructure in patients with cystoid macular edema caused by branch retinal vein occlusion.
Association for Research in Vision and Ophthalmology (Denver, Colorado) May, 2015.
47. Hasegawa Y, Hiraoka T, Oshika T:
Effects of bilateral astigmatic defocus on binocular functional visual acuity.
Association for Research in Vision and Ophthalmology (Denver, Colorado) May, 2015.
48. Sugiura Y, Okamoto F, Okamoto Y, Hiraoka T, Oshika T:
Metamorphopsia and optical coherence tomography findings following surgery for idiopathic macular hole.
Association for Research in Vision and Ophthalmology (Denver, Colorado) May, 2015.
49. Okamoto Y, Hoshi S, Fukuda S, Okamoto F, Yasuno Y, Oshika T:
Effect of intraoperative trehalose in trabeculectomy using rabbit eyes.
Association for Research in Vision and Ophthalmology (Denver, Colorado) May, 2015.
50. Terauchi A, Okamoto Y, Okamoto F, Nakano S, Oshika T:
Ultrasound biomicroscopic analysis of normal human ciliary body.
Association for Research in Vision and Ophthalmology (Denver, Colorado) May, 2015.
51. Iida M, Okamoto Y, Hoshi S, Okamoto F, Hiraoka T, Oshika T:
Functional visual acuity in patients with age-related macular degeneration.
Association for Research in Vision and Ophthalmology (Denver, Colorado) May, 2015.
52. Kasaragod D, Fukuda S, Ueno Y, Oshika T, Yasuno Y:
Bleb analysis of glaucoma filtration surgery using quantitative birefringence imaging of the anterior eye.
Association for Research in Vision and Ophthalmology (Denver, Colorado) May, 2015.
53. 大鹿哲郎:
前眼部疾患の観察と治療の精度を上げる.
第85回九州眼科学会(特別講演)(鹿児島市)5月, 2015.
54. 大鹿哲郎:
承認の経緯,ガイドライン,使用上の注意.
第9回HOYA CTR講習会(東京)5月, 2015.
55. 加治優一:
コンタクトレンズ関連感染症に対して我々のできることは.
第245回 鹿児島眼科集談会(鹿児島市)5月, 2015.
56. 岡本史樹.:
DME患者のQOLとQOV.
バイエル社内講演会. (東京) 5月, 2015.
57. 岡本史樹:
RVOの変視.
RVO scientific Advisory Meeting. (大阪)5月, 2015.
58. 長谷川優実:
どう使う?トーリック眼内レンズ.
第18回茨城EYE FORUM(つくば市)5月, 2015.
59. 星 崇仁:
最新涙道診療—QOLの向上を目指してー.
第18回茨城EYE FORUM(つくば市)5月, 2015.
60. 石口奈世理:
病院,医院が提供できる「合理的配慮」を考える-眼科診療における小さな工夫.
倉敷発達障がい研究会 第14回研究会(倉敷市)6月, 2015.
61. 佐藤正樹,神谷和孝, Lewis R, Bellucci R, Gatinel D, ビッセン宮島弘子,
坪田一男:
日本のスタンダードは世界のスタンダードか?
第30回JSCRS学術総会(オープンフォーラム)(東京)6月, 2015.
62. 佐藤正樹,林研,根岸一乃,神谷和孝,ビッセン宮島弘子:
2014年度JSCRS会員アンケート.
第30回JSCRS学術総会(東京)6月, 2015.
63. 神谷和孝,林研,根岸一乃,佐藤正樹,ビッセン宮島弘子:
屈折矯正手術アンケート調査.
第30回JSCRS学術総会(東京)6月, 2015.
64. 中野伸一郎、大内雅之、杉田達、北澤耕司、ビッセン宮島弘子:
トーリックIOL の実力を考察する-地方病院でも出来る事.
第30回JSCRS学術総会(ランチョンセミナー)(東京)6月, 2015.
65. 加治優一:
アカントアメーバ角膜炎の制圧を目指して.
第51回関東甲信越眼科学会(水戸市)6月, 2015.
66. 大鹿哲郎:
最新の白内障手術.CENTURION ®を中心に.
2015 Cataract Update Seminar in 北陸(金沢市)6月, 2015.
67. Oshika T:
Management of cataract in glaucomatous eyes.
Secondary glaucoma (Symposium) 40th Anniversary of AOI (Ghent, Belgium) June, 2015.
68. 大鹿哲郎:
白内障手術道場~診断の基本.
北海道大白内障手術道場(特別講演)(札幌市)6月, 2015.
69. 大鹿哲郎:
アイサートMicro 255挿入後の安全性に関する前向き・多施設共同疫学研究の結果報告.
HOYAディーラー説明会(特別講演)(東京)6月, 2015.
70. 岡本史樹:
糖尿病黄斑浮腫の病態と最新の治療.
第12回つくば糖尿病と眼合併症研究会(つくば市)6月, 2015.
71. 岡本史樹:
硝子体手術アップデート.
第5回静岡サージャンズ・サミット(静岡)6月, 2015.
72. 長谷川優実:
乱視とToric適応について.
第5回AMO白内障研究会(長野市)6月, 2015.
73. Oshika T:
Clinical study of Tecnis toric IOL.
Tianjin International Ophthalmology Forum 2015 (Invited lecture) (Tianjin(天津), China) June, 2015.
74. 木内貴博:
眼科診療から紐解く医療が果たす社会貢献―その理想と現実―.
拓殖大学大学院地方政治行政研究科公開授業 「拓く力・地方の課題」(東京)7月, 2015.
75. 荷見暢彦,加治優一,松本 功,住田孝之,大鹿哲郎:
筑波大学附属病院におけるリウマチアレルギー内科と眼科との連携.
第12回免疫疾患フォーラム(つくば市)7月, 2015.
76. 杉田 直、岩崎優子、真壁健一、鎌尾浩行、万代道子、高橋政代:
iPS 細胞由来網膜色素上皮細胞の in vivo 拒絶反応動物モデル解析.
フォーサム2015大阪,第 49 回日本眼炎症学会(大阪市)7 月, 2015.
77. 平岡孝浩:
コンタクトレンズによる個別化医療.近視進行抑制の観点から.
フォーサム2015大阪,第58回日本コンタクトレンズ学会(シンポジウム)
(大阪市)7月, 2015.
78. 平岡孝浩:
合併症と対処法.
フォーサム2015大阪,第58回日本コンタクトレンズ学会総会
(オルソケラトロジー講習会)(大阪市)7月, 2015.
79. 村上智哉,加治優一,権伍勇,石橋康久,大鹿哲郎:
レンズケースに付着した蛋白質およびバイオフィルムのアカントアメーバ接着能への影響.
フォーサム2015大阪,第58回日本コンタクトレンズ学会(大阪市)7月, 2015.
80. 井上友輔,加治優一,村上智哉,石橋康久,大鹿哲郎:
アカントアメーバがバイオフィルムを認識する受容体の同定.
フォーサム2015大阪,第52回日本眼感染症学会(大阪市)7月, 2015.
81. 加治優一,村上智哉,井上友輔,石橋康久,大鹿哲郎:
クリスタルバイオレットを用いたコンタクトレンズケース内バイオフィルムの可視化.
フォーサム2015大阪,第58回日本コンタクトレンズ学会(大阪市)7月, 2015.
82. 星 崇仁,平岡孝浩,片野智乙,周藤 真,木住野源一郎,村上智哉,宮田理紗,加治優一,大鹿哲郎:
ヘッドマウントディスプレイを用いた涙道内視鏡併用涙管チューブ挿入術.
フォーサム2015大阪,第52回日本眼感染症学会(大阪市)7月, 2015.
83. 加治優一:
角膜アミロイドーシスに対する光線力学療法の可能性.
第25回日本光線力学学会(東京)7月, 2015.
84. 大鹿哲郎:
スペシャリストの魅力.
第4回眼科サマーキャンプ(木更津市,千葉県)7月, 2015.
85. 平岡孝浩:
波面センサー最新情報と今後の展開-臨床の立場から-.
2015眼光学チュートリアルセミナー(東京)8月, 2015.
86. 大鹿哲郎:
白内障手術アップデート.
眼科臨床実践講座2015(東京)8月, 2015.
87. 岡本史樹:
黄斑前膜治療のQOVとQOL.
加越硝子体研究会(金沢)8月, 2015.
88. 岡本史樹:
RVOとDMEの抗VEGF注射と手術の適応.
つくば市眼科医の会 網膜疾患病院連携講演会(つくば市)8月, 2015.
89. 大鹿哲郎:
Tecnis toric IOLの総合力を考える.
AMOトーリックセミナー福岡(特別講演)(福岡市)8月, 2015.
90. 大鹿哲郎:
術後眼内炎を起こさないために.
第7回福島眼科シンポジウム(特別講演)(福島市)8月, 2015.
91. Kaji Y,Sato R,Oshika T:
Co-localization of advanced glycation end products and receptor for AGEs in
pterygium.
International Symposium of Maillard Reaction (Tokyo) September, 2015.
92. Sato R, Kaji Y, Oshika T:
Localization of advanced glycation end products in exfoliation syndrome.
International Symposium of Maillard Reaction (Tokyo) September, 2015.
93. Hiraoka T, Yamamoto T, Oshika T:
Apparent accommodation in pseudophakic eyes with against-the-rule, with-the-rule and minimum astigmatism.
XXXIII Congress of the ESCRS (Barcelona, Spain) September, 2015.
94. Nakano S, Hiraoka T, Oshika T:
Postoperative outcomes of HOYA 355 intraocular lens implantation.
XXXIII Congress of the ESCRS (Barcelona, Spain) September, 2015.
95. Hasegawa Y, Hiraoka T, Nakano S, Oshika T:
Effects of astigmatic defocus on kinetic visual acuity.
XXXIII Congress of the ESCRS (Barcelona, Spain) September, 2015.
96. Okamoto F, Sugiura Y, Okamoto Y, Hiraoka T, Oshika T:
Metamorphopsia in various vitreoretinal disorders.
15TH EURETINA Congress (Nice, France) September, 2015.
97. Okamoto Y, Hoshi S, Fukuda S, Okamoto F, Yasuno Y, Oshika T:
Effect of intraoperative trehalose in trabeculectomy using rabbit eyes.
15th EURETINA Congress (Nice, France) September, 2015.
98. Oshika T:
Management of complicated and difficult cataract surgery.
The First China -League of Arab States: International Forum of Ophthalmology
(1st CLASIFO) (Invited Lecture) (Yinchuan(銀川), Ningxia(寧夏), China) September, 2015.
99. 木内貴博:
眼圧日内変動Update.日内変動の実際―歴史的背景と現状―.
第26回日本緑内障学会(シンポジウム)(名古屋市)9月, 2015.
100. 木内貴博:
新明解!緑内障診断術アップデート.
第8回ちば総央eyeサークル(千葉市)9月, 2015.
101. 佐藤正樹:
全身疾患と続発性緑内障~薬剤誘発性を含めて~
第6回研究学園医療懇話会(つくば市)9月, 2015.
102. 加治優一,大鹿哲郎:
ニキビダニは瞼に炎症を引き起こす原因か?
第24回日本ダニ学会大会(東京)9月, 2015.
103. 中島 将,平岡孝浩,高木星宇,大鹿哲郎,山本敏哉,広原陽子,三橋俊文:
3波長の測定光源を有する波面センサーを用いたIOL眼の軸上色収差(LCA)他覚測定.
第51回日本眼光学学会総会(岡山市)9月, 2015.
104. 平岡孝浩,柿田哲彦,岡本史樹,大鹿哲郎:
オルソケラトロジー治療中の近視学童において眼球波面収差が眼軸長伸長に及ぼす影響.
第51回日本眼光学学会総会(学術論文賞受賞記念講演)(岡山市)9月, 2015.
105. 中野伸一郎、大木伸一、中村邦彦:
やってみようトーリック.
トーリックIOL勉強会(東京)9月, 2015.
106. 加治優一:
前眼部疾患治療のトライアルアンドエラー.
第19回 茨城Eye Forum(水戸市)10月, 2015.
107. 杉浦好美:
OCTから考える抗VEGF療法.
第19回 茨城Eye Forum(水戸市)10月, 2015.
108. 大鹿哲郎:
近未来の白内障手術.
第1回Medical Seminar Just Now.今の医療を考えるin SAPPORO.近未来の眼科治療(特別講演)(札幌市)10月, 2015.
109. Oshika T:
How to manage difficult and complicated cataract surgery.
International Confedrence of Cataract in Zhongshan Ophthalmic Center,
Sun Yat-sen University (Special Lectuture) (Guangzhou, China) October, 2015.
110. 大鹿哲郎:
白内障診療ステップアップ.
北九州ブロック眼科医会懇話会(特別講演)(北九州市)10月, 2015.
111. Arai M, Hoshi S, Okamoto F, Sugiura Y, Hirose T, Oshika T:
Sealing retina break with FocalSeal in rhegmatogenous retinal detachment.
The Retina Society Annual Scientific Meeting (Paris, France) October, 2015.
112. 上野勇太:
バルベルトインプラント挿入後に前房蓄膿を来たした一例.
第6回緑内障チューブの会(名古屋市) 10月, 2015.
113. 大鹿哲郎:
眼内レンズ選択.眼内レンズ選択と度数計算.
第69回日本臨床眼科学会(インストラクションコース)(名古屋市)10月, 2015.
114. 大鹿哲郎:
縫着CTR + Berger腔, Wieger靭帯.難症例の白内障手術.
第69回日本臨床眼科学会(インストラクションコース)(名古屋市)10月, 2015.
115. 平岡孝浩:
特殊用途のコンタクトレンズ.コンタクトレンズによる近視進行抑制効果.
第69回臨床眼科学会総会(シンポジウム)(名古屋市)10月, 2015.
116. 周藤 真,平岡孝浩,大鹿哲郎:
接写レンズとスリット光源を持つスマートフォンアタッチメントの試作.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
117. 長谷川優実,平岡孝浩,中野伸一郎,大鹿哲郎:
様々な乱視状態が両眼動体視力に及ぼす影響.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
118. 上野勇太,平岡孝浩,藤田亜佳里,大鹿哲郎:
白内障手術後の角膜前後面屈折力の経時変化.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
119. 杉浦好美,岡本史樹,大房理恵,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
未治療の嚢胞様黄斑浮腫を伴う網膜静脈分枝閉塞症患者のRanibizumab硝子体注射前後の変視.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
120. 加治優一,頓宮真紀,松本雄二郎,大鹿哲郎:
睫毛貧毛の原因としてのニキビダニの睫毛根への寄生.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
121. 平岡孝浩,山本敏哉,小塚淳子,岡本芳史,岡本史樹,大鹿哲郎:
カラーコンタクトレンズがコントラスト感度,散乱,波面収差へ及ぼす影響.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
122. 岡本芳史,加藤篤子,斎藤 誠,宮園弥生,杉浦好美,岡本史樹,大鹿哲郎:
未熟児網膜症患者におけるベバシズマブ注射後の早期眼圧変化.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
123. 湯川知恵,長谷川優実, 平岡孝浩,大鹿哲郎:
乱視がコントラスト感度に与える影響―複数の検査法での検討.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
124. 浅野宏規,平岡孝浩,長田ひろみ,柴田哲平,佐々木麻衣,関 祐介,猿田貴紀,藤掛福美,田畑賀章,大鹿哲郎,佐々木 洋:
タンザニア農村部における成人の近視と関連要因の検討.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
125. 柴田伸亮,柴田哲平,猿田貴紀,佐々木麻衣,長田ひろみ,関祐介,藤掛福美,
田畑賀章,浅野宏規,佐々木洋:
日本人,台湾人,タンザニア人中高生の視力と眼軸長.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
126. 山本敏哉,平岡孝浩,大鹿哲郎:
眼内レンズ挿入眼の前方散乱値―3測定方法の比較.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
127. 森 悠大,上野勇太,平岡孝浩,藤田亜佳里,大鹿哲郎:
次世代前眼部OCTによる水晶体断層像の描出.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
128. 井上友輔,上野勇太,平岡孝浩,福田慎一,藤田亜佳里,大鹿哲郎:
次世代前眼部OCTで測定した前房深度および水晶体厚の他機種との比較.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
129. 岡本史樹,杉浦好美,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
黄斑円孔患者の不等像視と網膜形態.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
130. 村上智哉,岡本史樹,杉浦好美,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
黄斑剥離を伴う裂孔原性網膜剥離術後の変視の経時的変化とその影響因子.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
131. 守屋友貴,岡本史樹,大鹿哲郎:
自然閉鎖した特発性黄斑円孔患者の視機能と日常生活での物の見え方.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
132. 藤田亜佳里,上野勇太,平岡孝浩,大鹿哲郎:
CENTURION®による1.8と2.4mm切開創白内障手術における手術効率と術後炎症の比較.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
133. 森川翔平,岡本芳史,岡本史樹,平岡孝浩,大鹿哲郎:
強膜内陥術後の屈折力の経時変化.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
134. 星 崇仁,平岡孝浩,加治優一,大鹿哲郎:
鼻涙管閉塞症に対する涙管チューブ挿入術前後のコントラスト感度の変化.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
135. 佐藤りえ,杉浦好美,加治優一,大鹿哲郎:
難治性角膜上皮障害の診断に細胞診が有効であった結膜扁平上皮癌.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
136. 石田祥子,上野勇太,平岡孝浩,森 悠大,大鹿哲郎:
前眼部OCTによる眼瞼内反症手術効果の戻りの定量評価.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
137. 高木星宇,中島 将,山本敏哉,広原陽子,三橋俊文,平岡孝浩,大鹿哲郎:
眼内レンズ挿入眼に対する多波長波面センサーを用いた色収差の生体計測.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
138. 宮田理紗,平岡孝浩,萩原希望,大房理恵,杉浦好美,大鹿哲郎:
サイバーナイフが有効であった眼窩内血管奇形の1例.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市)10月, 2015.
139. 平野隆雄,鳥山裕一,村田敏規,高村佳弘,杉本昌弘,岡本史樹,杉浦好美,
吉田茂生,長岡泰司, 野田航介:
糖尿病黄斑浮腫に対する光凝固併用ラニビズマブ硝子体注射の多施設臨床研究.
第69回日本臨床眼科学会(名古屋市) 10月, 2015.
140. 平岡孝浩:
合併症と対処法.
第69回臨床眼科学会総会(オルソケラトロジー講習会)(名古屋市)10月, 2015.
141. 大鹿哲郎:
アルコン眼内レンズ術後眼内炎症問題の現状報告.
第69回日本臨床眼科学会(イブニングセミナー)(名古屋市)10月, 2015.
142. 大鹿哲郎:
CENTURIONを活かすマイスターのこだわりポイント.マイスターが描く,白内障手術の近未来.
第69回日本臨床眼科学会(ランチョンセミナー)(名古屋市)10月, 2015.
143. 上野勇太:
前眼部OCT CASIA2による臨床例とその能力.
第69回日本臨床眼科学会(モーニングセミナー)(名古屋市) 10月, 2015
144. 大鹿哲郎:
承認の経緯,ガイドライン,使用上の注意.
第10回HOYA CTR講習会.(名古屋市)10月, 2015.
145. Kasaragod D, Sugiyama S, Ikuno Y, Caneiro DA, Yamanari M, Fukuda S, Oshika T,
Hong YJ, Li1 E, Makita S, Miura M, Yasuno Y:
Maximum-a-posteriori birefringence estimator for polarization sensitive optical coherence tomography.
Optics & Photonics Japan 2015( Tokyo) October, 2015.
146. 岡本史樹.:
RVOとDMEの抗VEGF注射と手術の適応.
土浦市眼科医の会 網膜疾患病院連携講演会(土浦市)10月, 2015.
147. 木内貴博:
眼圧日内変動 現在・過去・未来.
参天製薬社内講演会(つくば市)11月, 2015.
148. 中野伸一郎:
トーリックIOLは怖くない!導入の効果とそのコツ.
第2回千葉県眼科医会 病院見学会・講演会(千葉市)11月, 2015.
149. 平岡孝浩:
前眼部検査機器の最先端と臨床応用.
第35回金沢医科大学眼科研究会(特別講演)(金沢市)11月, 2015.
150. 平岡孝浩:
前眼部検査機器の進歩とQOVの観点から考える前眼部診療.
第19回 Cornea Update Seminar・Tokyo(招待講演)(東京)11月, 2015.
151. 岡本史樹:
黄斑前膜手術前後の視機能.
βの会. (横浜)11月, 2015.
152. 大鹿哲郎:
臨床に生きる眼光学.
第56回日本視能矯正学会(特別講演)(東京)11月, 2015.
153. 小塚淳子,佐藤友光子,平岡孝浩,加藤篤子,上野勇太,泉田真也,星 崇仁,
福田慎一,大鹿哲郎:
実用視力計による弱視治療眼の視機能の検討.
第56回日本視能矯正学会(東京)11月, 2015.
154. 猿田貴紀,浅野宏規,柴田伸亮,長田ひろみ,柴田哲平,関祐介,佐々木麻衣,
藤掛福美,田畑賀章,平岡孝浩,佐々木洋:
タンザニア農村部小児の眼屈折.
第56回日本視能矯正学会(東京)11月, 2015.
155. Oshika T:
How feasible is small incision cataract surgery through 1.8-mm incision?
The Annual Meeting of Guangdong Ophthalmological Society held in conjunction with the 11th International Symposium of Ophthalmology (John Chang Lecture)
(Guangdong(広東), China) October, 2015.
156. Oshika T:
New anterior segment OCT using polarization sensitive technology.
The Annual Meeting of Guangdong Ophthalmological Society held in conjunction with the 11th International Symposium of Ophthalmology (Symposium) (Guangdong, China) October, 2015.
157. 岡本史樹:
網膜疾患治療の最前線と未来.
第37回茨城医学会眼科分科会(水戸市) 11月, 2015.
158. 岡本芳史,加藤篤子,斎藤 誠,宮園弥生,杉浦好美,岡本史樹,大鹿哲郎:
未熟児網膜症患者におけるベバシズマブ注射後の早期眼圧変化.
第37回茨城医学会眼科分科会,平成27年度茨城県眼科医会集談会(水戸市) 11月, 2015.
159. 加治優一,平岡孝浩,大鹿哲郎:
周辺部角膜潰瘍を呈した結膜扁平上皮癌の1例.
第37回茨城医学会眼科分科会,平成27年度茨城県眼科医会集談会(水戸市) 11月, 2015.
160. 守屋友貴,岡本史樹,岡本芳史,杉浦好美,平岡孝浩,大鹿哲郎:
黄斑円孔患者の不等像視.
第37回茨城医学会眼科分科会,平成27年度茨城県眼科医会集談会(水戸市) 11月, 2015.
161. 渡部 岳,村上智哉,星 崇仁,岡本史樹,大鹿哲郎:
IgG4関連疾患に合併した原田病の1例.
第37回茨城医学会眼科分科会,平成27年度茨城県眼科医会集談会(水戸市) 11月, 2015.
162. 井坂太一,杉浦好美,周藤 真,大房理恵,上野勇太,大鹿哲郎:
CIRRUS HD-OCT plus モデル5000 前眼部撮影の使用経験と他機種との比較.
第37回茨城医学会眼科分科会,平成27年度茨城県眼科医会集談会(水戸市) 11月, 2015.
163. 飯田将元,長谷川優実,田原由希子,周藤 真,岡本芳史,加治優一,大鹿哲郎:
まつ毛エクステンション後に生じた角膜潰瘍の1例.
第37回茨城医学会眼科分科会,平成27年度茨城県眼科医会集談会(水戸市) 11月, 2015.
164. Koh S, Maeda N, Ikeda C, Asonuma S, Hiraoka T, Hoshi S, Oshika T, Nishida K:
Contrast sensitivity and ocular forward light scattering in dry eye.
Annual Meeting of American Academy of Ophthalmology ( Las Vegas) November, 2015.
165. 平岡孝浩:
QOV・QOLの観点から考えるコンタクトレンズ診療.
医療機器・販売業等の管理者に対する継続的研修(コンタクトレンズ販売管理者継続的研修)(福岡市)11月, 2015.
166. 岡本史樹:
自覚的検査で理解する, 硝子体手術後の視機能 .
第54回日本網膜硝子体学会総会・第32回日本眼循環学会(シンポジウム)(東京)12月, 2015.
167. 中野伸一郎:
乱視の治療と白内障手術.
第35回龍ケ崎済生会市民健康教室(龍ケ崎市)12月, 2015.
168. 岡本芳史,岡本史樹,川野純廣,坂本泰二,大鹿哲郎:
開放性眼外傷の視力予後.
第54回日本網膜硝子体学会総会・第32回日本眼循環学会(東京)12月, 2015.
169. 杉浦好美,岡本史樹,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
嚢胞様黄斑浮腫を伴う網膜静脈分枝閉塞症患者のRanibizumab硝子体注射前後の変視.
第54回日本網膜硝子体学会総会・第32回日本眼循環学会(東京)12月, 2015.
170. 村上智哉,岡本史樹,杉浦好美,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
裂孔原性網膜剥離術後1年の変視の経時的変化とその影響因子.
第54回日本網膜硝子体学会総会・第32回日本眼循環学会(東京)12月, 2015.
171. 椎原秀樹,芳原直也,坂本泰二,岡本史樹,大鹿哲郎,三田村佳典,緒方奈保子,福地健郎:
定量的評価法によるシリコーン抜去法の比較研究.
第54回日本網膜硝子体学会総会・第32回日本眼循環学会(東京)12月, 2015.
172. 平岡孝浩:
学童の近視進行抑制法―低濃度アトロピン点眼治療を中心として―.
近視進行抑制研究会(つくば市)12月, 2015.
173. 大鹿哲郎:
Tecnis toric IOLの総合力を考える.
AMOトーリックセミナー札幌(特別講演)(札幌市)12月, 2015.
174. 大鹿哲郎:
ブラッシュアップ白内障手術.
第336回金沢眼科集談会(特別講演)(金沢市)12月, 2015.