研究業績

2009年 研究業績


原著

1. Ishii Y, Okamoto C, Hiraoka T, Okamoto F, Oshika T :
Mesopic contrast sensitivity and ocular higher-order aberrations in eyes with conventional spherical intraocular lenses.
Am J Ophthalmol 148, 298-302, 2009
2. Okamoto F, Okamoto Y, Hiraoka T, Oshika T:
Effect of vitrectomy for epiretinal membrane on visual function and vision-related quality of life.
Am J Ophthalmol 147, 869-874, 2009
3. Ohtani S, Gekka S, Honbou M, Kataoka Y, Minami K, Miyata K, Oshika T:
One-year prospective intrapatient comparison of aspherical and spherical intraocular lenses in patients with bilateral cataract.
Am J Ophthalmol 147, 984-989, 2009
4. Hiraoka T, Daito M, Okamoto F, Kiuchi T, Hirohara Y, Mihashi T, Oshika T:
Time course of changes in ocular wavefront aberration after instillation of 0.5% timolol gel-forming solution.
Br J Ophthalmol [Epub ahead of print], 2009
6. Shirayama-Suzuki M, Amano S, Honda N, Usui T, Yamagami S, Oshika T:
Longitudinal analysis of corneal topography in suspected keratoconus.
Br J Ophthalmol 93, 815-819, 2009
7. Kaji Y, Oshika T, Okamoto F, Fujii N:
Immunohistochemical localization of d-beta-aspartic acid in pinguecula.
Br J Ophthalmol 93, 974-976, 2009
8. Kaji Y, Oshika T, Takazawa T, Fukayama M, Fujii N:
Immunohistochemical localization of D-beta-aspartic acid-containing proteins in climatic droplet keratopathy.
Br J Ophthalmol 93, 977-979, 2009
9. Fukuda S, Okamoto F, Yuasa M, Kunikata T, Okamoto Y, Hiraoka T, Oshika T:
Vision-related quality of life and visual function in patients undergoing vitrectomy, gas tamponade, and cataract surgery for macular hole.
Br J Ophthalmol 93, 1595-1599, 2009
10. Hiraoka T, Kaji T, Okamoto F, Oshika T:
Corneal sensation after overnight orthokeratology.
Cornea 28, 891-895, 2009
11. Okamoto Y, Hiraoka T, Okamoto F, Oshika T:
A case of subperiosteal abscess of the orbit with central retinal artery occlusion.
Eur J Ophthalmol 19, 288-291, 2009
12. Hiraoka T, Ishii Y, Okamoto F, Oshika T:
Influence of cosmetically tinted soft contact lenses on higher-order wavefront aberrations and visual performance.
Graefe’s Arch Clin Exp Ophthalmol 247, 225-233, 2009
13. Kaji Y, Yamamoto E, Hiraoka T, Oshika T:
Toxicities and pharmacokinetics of subconjunctival injection of liposomal amphotericin B.
Graefe’s Arch Clin Exp Ophthalmol 247, 549-553, 2009
14. Kaji Y, Hiraoka T, Oshika T:
Increased level of (1,3)-beta-D-glucan in tear fluid of mycotic keratitis.
Graefe’s Arch Clin Exp Ophthalmol 247, 989-992, 2009
15. Kondo Y, Ito S, Ohi Y, Satou H, Hiraoka T, Tsuboi H, Sugihara M, Hayashi T, Goto D, Matsumoto I, Sumida T:
Atypical Cogan's syndrome with aortitis.
Intern Med. 48, 1093-1097, 2009
16. Okamoto F, Okamoto Y, Fukuda S, Hiraoka T, Oshika T:
Vision-related quality of life and visual function after vitrectomy for various vitreoretinal disorders.
Invest Ophthalmol Vis Sci. [Epub ahead of print], 2009
17. Yasuno Y, Miura M, Kawana K, Makita S, Sato M, Okamoto F, Yamanari M, Iwasaki T, Yatagai T, Oshika T:
Visualization of sub-retinal pigment epithelium morphologies of exudative macular diseases by high-penetration optical coherence tomography.
Invest Ophthalmol Vis Sci 50, 405-413, 2009
18. Watanabe K, Okamoto F, Yokoo T, Tada Iida K, Suzuki H, Shimano H, Oshika T, Yamada N, Toyoshima H:
SPARC is a major secretory gene expressed and involved in the development of proliferative diabetic retinopathy.
J Atheroscler Thromb 16, 69-76, 2009
19. Yasuno Y, Okamoto F, Kawana K, Yatagai T, Oshika T:
Investigation of multifocal choroiditis with panuveitis by three-dimensional high-penetration optical coherence tomography.
J Biophotonics 2, 435-441, 2009
21. Hiraoka T, Mihashi T, Okamoto C, Okamoto F, Hirohara Y, Oshika T:
Influence of induced decentered orthokeratology lens on ocular higher-order wavefront aberrations and contrast sensitivity function.
J Cataract Refract Surg 35, 1918-1926, 2009
22. Kawana K, Kiuchi T, Yasuno T, Oshika T:
Evaluation of trabeculectomy blebs using 3-dimensional cornea and anterior segment optical coherence tomography.
Ophthalmology 116, 848-855, 2009
23. Fukuda S, Kawana K, Yasuno Y, Oshika T:
Anterior ocular biometry using 3-dimensional optical coherence tomography.
Ophthalmology 116, 882-889, 2009
24. Ohtani S, Miyata K, Samejima T, Honbou M, Oshika T:
Intraindividual comparison of aspherical and spherical intraocular lenses of same material and platform.
Ophthalmology 116, 896-901, 2009
26. Hiraoka T, Okamoto C, Ishii Y, Kakita T, Okamoto F, Oshika T:
Patient satisfaction and clinical outcomes following overnight orthokeratology.
Optom Vis Sci 86, 875-882, 2009
27. 加治優一,藤井紀子:
加齢性眼疾患と糖化蛋白質・D型アミノ酸
Anti-Aging Medicine 5, 207-211, 2009
28. 大谷伸一郎,月花 慎,本坊正人,片岡康志,南 慶一郎,宮田和典,大鹿哲郎:
シリコーン製非球面眼内レンズの視機能に対する検討.
IOL&RS 23, 205-209, 2009
29. 須藤史子,島村恵美子,大鹿哲郎,堀 貞夫:
新しい光干渉眼軸長測定装置OA-1000の測定精度と最適化A定数.
IOL&RS 23, 568-572, 2009
30. 佐藤正樹,大鹿哲郎:
2008年日本眼内レンズ屈折手術学会会員アンケート.
IOL&RS 23, 578-601, 2009
31. 藤井紀子,森本幸生,渡邊正己,杉山正明,木之内忠捻,斎藤毅,三田肇,加治優一:
宇宙環境下における眼や皮膚組織中の蛋白質の構造変化.(PDFファイル)
Space Utilization Research 25, 35-36, 2009.
32. 岡本史樹, 大鹿哲郎:
視力検査のすべて 視力検査とQuality of Life.
あたらしい眼科 26, 1489-1493, 2009
33. 田倉智之,大鹿哲郎,三宅謙作,小沢忠彦,山下英俊:
医療費原価と患者効用値による白内障手術の社会経済的な評価研究.
眼科手術 22, 67-76, 2009
34. 菅井 滋,大鹿哲郎:
白内障手術における経結膜・強角膜一面切開.
眼科手術 22, 173-177, 2009
35. 加治優一, 大鹿哲郎, 岡本史樹, 平岡孝浩, 天野史郎, 臼井智彦, 深山正久, 高澤豊, 石田晋, 山城健児, 永井竜児, 山本博, 山本靖彦, 藤井紀子, 高田巧, 森雄平, AdamisAnthony P., MooreJonathan, MooreTara:
生活習慣病と眼 蛋白質の翻訳後修飾がもたらす眼疾患.
日眼会誌 113,424-443, 2009
36. 平岡孝浩,大東正和,木内貴博,岡本史樹,大鹿哲郎:
抗緑内障薬点眼後のコントラスト感度の経時的変化.
日眼会誌 113, 1139-1144, 2009
37. 上野久美子,平岡孝浩,大鹿哲郎:
シンナー吸入離脱後に生じた中毒性視神経症の1例.
臨床眼科 63, 485-489, 2009
38. 真壁健一,武井一夫,大鹿哲郎:
後期高齢者の緑内障診療における網膜神経線維層厚解析(GDxVCC)の有用性.
臨床眼科 63, 659-664, 2009

総説

1. Sato M:
Pearls for the Visco-Shell Technique
Cataract & Refractive Surgery Today Europe 4 , 34-36, 2009
2. 木内貴博:
正常眼圧緑内障における体位依存性眼圧変動と眼潅流圧の関連性.
Conference walk in ophthalmology 55, 7, 2009 (リンクアウト)
3. 岡本史樹,大鹿哲郎:
視力検査とQuality of Life.
あたらしい眼科 26, 1489-1493, 2009
4. 大鹿哲郎:
American Society of Cataract and Refractive Surgery (ASCRS) 2009.
視覚の科学 30, 47-48, 2009
5. 加治優一, 大鹿哲郎, 岡本史樹, 平岡孝浩, 天野史郎, 臼井智彦, 深山正久, 高澤豊, 石田晋, 山城健児, 永井竜児, 山本博, 山本靖彦, 藤井紀子, 高田巧, 森雄平,AdamisAnthony P., MooreJonathan, MooreTara:
生活習慣病と眼 蛋白質の翻訳後修飾がもたらす眼疾患.
日眼会誌113, 424-443, 2009
6. 大橋裕一, 金井淳, 糸井素純, 木下茂, 澤充, 下村嘉一, 西田輝夫, 吉野健一, 上松聖典, 高橋浩, 高橋義徳, 土至田宏, 俊野敦子, 平岡孝浩, 松原正男, 宮本裕子, 森秀樹, 門田遊, 柳井亮二:
オルソケラトロジー・ガイドライン.
日眼会誌113,676-679, 2009
7. 大橋裕一,木下 茂,澤 充,大鹿哲郎:
エキシマレーザー屈折矯正手術のガイドライン.
日眼会誌 113, 741-742, 2009
8. 木内貴博:
姿勢変化に伴う眼圧変動を制する!?
臨床眼科63(増刊号)278-279, 2009
9. 加治優一,榊原 潤,大鹿哲郎:
レーザー虹彩切開術後の水疱性角膜症はなぜ起こるのか.シェアストレス説.
臨床眼科 63, 348-349, 2009

著書

1. Klyce SD, Oshika T:
Corneal structure and function: Placido-based corneal topography. In Brightbill FS, McDonnelPJ, McGhee CNJ, Fargo AA, Serdarevic ON (eds): Corneal Surgery ? Theory, Technique and Tissue. 4th edition.
Mosby Elsevier, 75-81, 2009
2. 加治優一,榊原潤,大鹿哲郎:
レーザー虹彩切開術後の水疱性角膜症はなぜ起こるのか
臨床眼科増刊号63 緑内障診療グレーゾーンを越えて(根木昭,編) 医学書院,東京,348-350, 2009
3. 加畑隆通:
糖尿病網膜症.
病気と薬パーフェクトBOOK2009薬局60.増刊号 (池田宇一、大越教夫、横田千津子 編) 南山堂,東京,578-579,2009
4. 加治優一:
失明につながる眼の病気とその治療法 ―糖尿病網膜症―
からだの科学「気になる目の病気のすべて」(坪田一男,編) 日本評論社,東京,60-63, 2009
5. 大鹿哲郎:
定性的評価から定量的評価へ.
眼科プラクティス25「眼のバイオメトリー 眼を正確に測定する」(大鹿哲郎,編) 文光堂,東京,2-10, 2009.
6. 川名啓介:
濾過胞.
眼科プラクティス25「眼のバイオメトリー 眼を正確に測定する」(大鹿哲郎,編) 文光堂,東京,103-107, 2009
7. 川名啓介:
強膜圧.
眼科プラクティス25「眼のバイオメトリー 眼を正確に測定する」(大鹿哲郎,編) 文光堂,東京,108-109, 2009
8. 川名啓介:
3次元OCTによる前房容積測定.
眼科プラクティス25「眼のバイオメトリー 眼を正確に測定する」(大鹿哲郎,編) 文光堂,東京,119-120, 2009
9. 木内貴博:
中間透光体 瞳孔間距離.
眼科プラクティス25「眼のバイオメトリー 眼を正確に測定する」(大鹿哲郎 編) 文光堂,東京,140-141, 2009
10. 大鹿哲郎:
Light adjustable IOL(度数可変眼内レンズ).
眼科プラクティス26「眼科レーザー治療」(田野保雄,編) 文光堂,東京,332-333, 2009
11. 平岡孝浩:
新しい屈折矯正法 オルソケラトロジーの処方.
眼科プラクティス27「標準コンタクトレンズ診療」(坪田一男,編) 文光堂,東京,230-233, 2009
12. 加治優一:
血中抗原スクリーニング
眼科プラクティス28「眼感染症の謎を解く」(大橋裕一,編) 文光堂,東京,248-250, 2009
13. 大鹿哲郎:
白内障術後眼内炎の発生頻度.
眼科プラクティス28「眼感染症の謎を解く」(大橋裕一,編) 文光堂,東京,318, 2009
14. 大鹿哲郎:
角膜切開と術後眼内炎.
眼科プラクティス28「眼感染症の謎を解く」(大橋裕一,編) 文光堂,東京,325, 2009
15. 加治優一:
アカントアメーバ角膜炎に対するPHMB単独療法
眼科プラクティス28「眼感染症の謎を解く」(大橋裕一,編) 文光堂,東京,446-447, 2009
16. 岡本史樹:
進行度と緊急度 黄斑剥離・裂孔の種類.
眼科プラクティス30「理に適った網膜復位術」(田野保雄,編) 文光堂,東京,236-239, 2009
17. 岡本史樹:
One Point Advice 予防的抗菌薬投薬.
眼科プラクティス30「理に適った網膜復位術」(田野保雄,編) 文光堂,東京,244-245, 2009
18. 加治優一:
瞼裂斑炎の治療.
眼科インストラクションコース No.19 眼科診療のスキルアップ 前眼部編 (前田直之,編) メジカルビュー社,東京,96-99, 2009
19. 平岡孝浩:
オルソケラトロジーの適応.
眼科インストラクションコース No.19 眼科診療のスキルアップ 前眼部編 (前田直之,編) メジカルビュー社,東京,190-197, 2009

学会発表

1. 大鹿哲郎:
超音波装置の理解.
第32回日本眼科手術学会(教育セミナー「白内障手術の基本手技」)(神戸市) 1月, 2009
2. 園尾純一郎,大房隆行,杉山浩司,大鹿哲郎:
生体組織接着剤ボルヒールTMを用いた無縫合翼状片手術(遊離結膜弁移植)
第32回日本眼科手術学会(神戸市)1月, 2009
3. 木内貴博:
正常眼圧緑内障研究 瓦版 別視点からのアプローチ.
琉球眼研究フロンティア(那覇市)1月,2009
4. 木内貴博:
もうこわくない 眼科救急疾患.
取手市医師会学術講演会(特別講演)(取手市)1月,2009
5. 藤井紀子,三田 肇,加治優一:
宇宙環境下における眼や皮膚組織中の蛋白質の構造変化
第25回宇宙利用シンポジウム(相模原市)1月,2009
6. 加治優一:
角膜潰瘍の治療に難渋した際の対処法.
埼玉県眼科医会教育講演会(さいたま市)1月,2009
7. Yasuno Y, Yamanari M, Kawana K, Miura M, Makita S, Oshika T:
Investigation of anterior chamber angle by swept-source polarization sensitive optical coherence tomography.
BiOS (San Jose) January, 2009
8. 岡本芳史,岡本史樹,平岡孝浩,大鹿哲郎:
黄斑円孔手術における乳頭周囲網膜神経線維層厚の経時的変化.
第40回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2009
9. 加治優一,大鹿哲郎,高橋昭光,島野 仁,山田信博:
内分泌異常を伴ったWaardenburg症候群の1例.
第40回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2009
10. 大房隆行,園尾純一郎,杉山浩司,大鹿哲郎:
生体組織接着剤を用いた無縫合翼状片手術(遊離結膜弁移植).
第40回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2009
11. 田島万莉,岡崎光彦,糸賀ひでみ,大房隆行,園尾純一郎,平岡孝浩,大鹿哲郎:
翼状片に対する自己遊離結膜弁移植術後に化膿性肉芽腫が発生した2例.
第40回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2009
12. 木内貴博,川名啓介,大鹿哲郎:
線維柱帯切除術におけるマイトマイシンCの術前投与.
第40回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2009
13. 真壁健一,武井一夫,大鹿哲郎:
ハンフリー視野検査とGDxCCの各緑内障進行指標の経年的相関.
第40回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2009
14. 中岫典子,川名啓介,大鹿哲郎,安野嘉晃:
2次元および3次元前眼部光干渉断層計による隅角形態の比較.
第40回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2009
15. 加畑隆通:
小児眼疾患診療のポイント
茨城県水戸小児科医師会講演会(水戸市)2月, 2009
16. 加治優一:
右手型アミノ酸は加齢性変化の陰の役者か?
第27回筑波大学医学4専攻セミナー(つくば市)2月, 2009
17. 加治優一:
糖尿病網膜症発症におけるAGE/RAGEの役割.
第23回日本糖尿病・肥満動物年次学術集会(岡山市)2月, 2009
18. 川名啓介,福田慎一,安野嘉晃,大鹿哲郎:
前眼部3次元光干渉断層計による円錐角膜の前房容積評価.
第33回角膜カンファランス,第25回日本角膜移椊学会(大阪市)2月, 2009
19. 加治優一,岡本史樹,竹村太郎,箕輪貴司,藤井紀子,大鹿哲郎:
瞼裂斑を構成する蛋白質のプロテオーム解析.
第33回角膜カンファランス,第25回日本角膜移植学会(大阪市)2月, 2009
20. 平岡孝浩,高林南緒子,岡本史樹,大鹿哲郎:
カラーコンタクトレンズとクリアコンタクトレンズ装用後の高次収差の比較.
第33回角膜カンファランス,第25回日本角膜移植学会(大阪市)2月, 2009
21. 平岡孝浩:
角膜形状および眼表面変化とQuality of Vision.
第33回角膜カンファランス,第25回日本角膜移植学会(大阪市)2月, 2009
22. 加治優一:
蛋白糖化最終産物AGEと接着分子.
眼炎症・接着分子研究会(東京)2月, 2009
23. 石井晃太郎,亀田敏弘,大鹿哲郎:
角膜材料特性の定量的測定.
第33回角膜カンファランス,第25回日本角膜移植学会(大阪市)2月, 2009
24. 岡本史樹:
トリプル手術でのシングルピースIOLの使用.
アルコン社内講演会(東京)2月, 2009
25. 大鹿哲郎:
眼内レンズ手術の進歩.
眼科診療アップデートセミナー2009(IN京都)(京都市)3月, 2009
26. 木内貴博:
緑内障診療Up Date.
成田香取地区緑内障診療セミナー(成田市)3月, 2009
27. 大鹿哲郎:
白内障手術のこれまでとこれから.
第4回ベイエリア眼科フォーラム(特別講演)(東京)3月, 2009
28. 大鹿哲郎:
白内障手術:満足できる結果を得るために.
八甲田眼科セミナー(特別講演)(青森市)3月, 2009
29. 杉浦好美,岡本史樹:
糖尿病患者における硝子体手術中の眼底動脈圧測定.
第6回つくば糖尿病と網膜症研究会(つくば市)3月, 2009
30. Oshika T:
Endopthalmitis prophylaxis. Regional perspective.
American Scociety of Cataract and Refractive Surgery (Symposium)( San Francisco)April, 2009
31. Sato M, Oshika T:
Iatrogenic retinal break and vitreous hemorrhage by inadvertent cannula release.
American Scociety of Cataract and Refractive Surgery ( San Francisco) April, 2009
32. Sato M, Oshika T:
Tear-film stability in patients with obstructive sleep apnea syndrome.
American Scociety of Cataract and Refractive Surgery ( San Francisco) April, 2009
33. No.1Sato M:
「Warning: You Have the Hydro-Cannula Gun」
American Scociety of Cataract and Refractive Surgery (San Francisco) April, 2009
34. 木内貴博:
プロスタグランジン関連薬の基礎と臨床.
第2回茨城緑内障診断セミナー(つくば市)4月, 2009
35. 大鹿哲郎:
不正乱視の評価法.
第113回日本眼科学会総会(シンポジウム)(東京)4月, 2009
36. 岡本史樹:
白内障手術と他疾患の管理 その他の網膜疾患.
第113回日本眼科学会総会(教育セミナー2)(東京)4月, 2009
37. 川名啓介,木内貴博,安野嘉晃,大鹿哲郎:
輪部基底と円蓋部基底の線維柱帯切除術における濾過胞3次元構造比較.
第113回日本眼科学会総会(東京)4月, 2009
38. 真壁健一,武井一夫,大鹿哲郎:
ハンフリー視野検査とGDxVCCの各緑内障進行指標の経年的相関.
第113回日本眼科学会総会(東京)4月, 2009
39. 安野嘉晃,黒川和博,玉田大輝,巻田修一,三浦雅博,川名啓介,岡本史樹,大鹿哲郎:
超高分解能レーザー走査検眼鏡による正常眼視細胞・血流の直接可視化.
第113回日本眼科学会総会(東京)4月, 2009
40. 石井晃太郎,孫 智剛,安藤知明,大鹿哲郎:
ゴールドマン圧平眼圧計の数値解析.
第113回日本眼科学会総会(東京)4月, 2009
41. 岡本史樹,長谷川優実,森谷充雄,岡本芳史,杉浦好美,平岡孝浩,大鹿哲郎:
ガスタンポナーデを行わない硝子体術後の早期眼圧変動とその影響因子.
第113回日本眼科学会総会(東京)4月, 2009
42. 佐藤りえ,加治優一,岡本史樹,永井竜児,大鹿哲郎:
糖尿病網膜症における蛋白糖化最終産物AGEと抗AGE抗体の増加.
第113回日本眼科学会総会(東京)4月, 2009
43. 加治優一,黄 蓉,福田慎一,大鹿哲郎:
エストロゲン製剤を用いた実験的破嚢モデルにおける硝子体可視化法の開発.
第113回日本眼科学会総会(東京)4月, 2009
44. 平岡孝浩,岡本芳史,岡本史樹,大鹿哲郎:
眼軟膏が高次波面収差に及ぼす影響.
第113回日本眼科学会総会(東京)4月, 2009
45. 岡本芳史,岡本史樹,平岡孝浩,大鹿哲郎:
黄斑円孔手術における乳頭周囲網膜神経線維層厚の経時的変化.
第113回日本眼科学会総会(東京)4月, 2009
46. 川名啓介:
前眼部画像診断の進歩 OCT.
第113回日本眼科学会総会(東京)4月, 2009
47. 大鹿哲郎:
白内障手術:満足できる結果を得るために.
平成21年度静岡県眼科医会総会(特別講演)(東京)4月, 2009
48. 大鹿哲郎:
白内障手術2009.
第3回九州眼科アカデミー(特別講演)(福岡市)4月, 2009
49. 岡本史樹:
最新の糖尿病網膜症の治療.
つくば女医の会(つくば市)4月, 2009
50. Nouchi T, Makita S, Miura M, Kawana K, Okamoto F, Oshika T, Yasuno Y:
Standard- and high-resolution investigation of age-related macular degeneration by high-penetration optical coherence tomography with one micrometer probe.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida) May, 2009
51. Yasuno Y, Kawana K, Yamanari M, Miura M, Fukuda S, Oshika T:
Improved visualization of trabecular meshwork by polarization sensitive optical coherence tomography.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida) May, 2009
52. Miyazawa A, Yamanari M, Makita S, Miura M, Kawana K, Oshika T, Yasuno Y:
Discrimination of conjunctiva and sclera by analysis of local statistics of polarization sensitive optical coherence tomography images.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida) May, 2009
53. Kurokawa K, Makita S, Miura M, Kawana K, Okamoto F, Oshika T, Yasuno Y:
Visualization of human photoreceptors using 1 μm wavelength adaptive optics scanning laser ophthalmoscope.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida) May, 2009
54. Kawana K, Kiuchi T, Yasuno Y, Oshika T:
Comparison of limbus- and fornix-based trabeculectomy blebs using three dimensional cornea and anterior segment optical coherence tomography.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida) May, 2009
55. Nakakuki N, Kawana K, Yasuno Y, Oshika T:
Comparison of two-and three-dimensional anterior segment optical coherence tomography in the evaluation of anterior chamber angle structures.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida) May, 2009
56. 大鹿哲郎:
白内障手術2009.
Tsurumai Ophthalmic Seminar(特別講演)(名古屋市)5月, 2009
57. 大鹿哲郎:
白内障手術ステップアップ.
第三回四国Eyeランドセミナー(シンポジウム)(高松市)5月, 2009
58. 木内貴博:
難治緑内障レスキュー2009.
第6回茨城EYE FORUM(つくば市)5月, 2009
59. 岡本史樹:
QOLとQOVから考える硝子体手術.
第6回茨城EYE FORUM(つくば市)5月, 2009
60. Yasuno Y, Kurokawa K, Makita S, Miura M, Kawana K, Okamoto F, Oshika T:
Investigation of retinal micro-structure by adaptive optics scanning laser ophthalmoscope with 1-micrometer wavelength probe.
European Conference on Biomedical Optics ( Munich, Germany)June, 2009
61. 大鹿哲郎:
トーリック眼内レンズ.
第24回日本眼内レンズ屈折手術学会総会(シンポジウム)(東京)6月, 2009
62. 佐藤正樹:
デバイスを極めるー①OVDの使い分け.
第24回日本眼内レンズ屈折手術学会総会(シンポジウム)(東京)6月, 2009
63. 須藤史子,島村恵美子,大道千秋,氣田明香,大鹿哲郎:
光干渉眼軸長測定装置OA-1000におけるA定数.
第24回日本眼内レンズ屈折手術学会総会(東京)6月, 2009
64. 佐藤正樹,大鹿哲郎:
2008年日本眼内レンズ屈折手術学会会員アンケート.
第24回日本眼内レンズ屈折手術学会総会(東京)6月, 2009
65. 大鹿哲郎:
老眼の診断基準についての討論.
老眼研究会モーニングセッション.第24回日本眼内レンズ屈折手術学会総会(東京)  6月, 2009
66. 大鹿哲郎:
トーリック眼内レンズ登場.
第24回日本眼内レンズ屈折手術学会総会(イブニングセミナー)(東京)6月, 2009
67. 大鹿哲郎:
緑内障症例での白内障手術.明日から役立つ白,緑,黄色.
第24回日本眼内レンズ屈折手術学会総会(モーニングセミナー)(東京)6月, 2009
68. 平岡孝浩:
オルソケラトロジーとQuality of Vision.
第48回日本白内障学会総会,第24回日本眼内レンズ屈折手術学会総会, 第45回日本眼光学学会総会,22nd APACRS Annual Meeting(東京)6月, 2009
69. 岡本史樹:
Quality of vision: 各種疾患と視機能 黄斑疾患.
第48回日本白内障学会総会,第24回日本眼内レンズ屈折手術学会総会, 第45回日本眼光学学会総会,22nd APACRS Annual Meeting(東京)6月, 2009
70. 岡本史樹:
東西対抗 硝子体手術者の白内障手術.
第48回日本白内障学会総会,第24回日本眼内レンズ屈折手術学会総会, 第45回日本眼光学学会総会,22nd APACRS Annual Meeting(東京)6月, 2009
71. Yuichi Kaji, Yutaka Takazawa, Masashi Fukayama, Noriko Fujii:
Accumulation of D-β-Asp-containing proteins in age-related and hereditary ocular diseases.
International Conference of D-amino Acid Research(淡路市)7月, 2009
72. 加治優一:
角膜の遺伝性混濁疾患におけるアミロイド沈着のメカニズム 大阪大学蛋白質研究所セミナー,
「蛋白質立体構造を基盤とするプリオン現象の解明と制御」(大阪市)7月, 2009
73. 平岡孝浩:
オルソケラトロジーによる近視矯正. *日本初の認可:オルソ K― 国内臨床試験の成績.
第52回日本コンタクトレンズ学会総会(モーニングセミナー)(大阪市)7月, 2009
74. 高林南緒子,平岡孝浩,大鹿哲郎:
1DAY ACUVUE DEFINE(R)装用による高次波面収差の変化.
第52回日本コンタクトレンズ学会(大阪市)7月, 2009
75. 平岡孝浩:
オルソケラトロジーの可能性と限界.
平成21年度第1回千葉県眼科医会学術講演会(特別講演)(幕張市)7月, 2009
76. 木内貴博:
正常眼圧緑内障における眼圧変動の考え方.
第4回いわき眼科セミナー(いわき市)7月, 2009
77. 高林南緒子,佐藤正樹,加治優一,森田一輝,梅田直人,伊藤 聡,大鹿哲郎:
急激な視力低下をきたした肥厚性硬膜炎の1例.
第6回免疫疾患フォーラム(つくば市)7月, 2009
78. 高野洋平,林 太智,梅田直人,石川瑞恵,堀越正信,近藤裕也,坪井洋人,後藤大輔, 松本 功,伊藤 聡,川名啓介,大鹿哲郎,住田孝之:
ステロイドパルス療法が奏功する視神経炎を合併した全身性エリテマトーデスの1例.
第6回免疫疾患フォーラム(つくば市)7月, 2009
79. 大鹿哲郎:
白内障手術アップデート.
眼科診療アップデートセミナー2009(IN東京)(東京)7月, 2009
80. 大鹿哲郎:
二つの目の不思議.
市民公開講座「見るよろこび,聞くよろこび-2つの目と2つの耳-」(教育講演) (東京)8月, 2009
81. 大鹿哲郎:
白内障手術―より良い結果を得るために―.
第2回Alconオフサルミックセミナーin Okinawa(特別講演)(沖縄県宜野湾市)8月, 2009
82. Oshika T:
Use of topical NSAIDs to obtain optimal visual results after cataract surgery. Recent advances in clinical application of topical NSAIDs.
The 14th Congress of Chinese Ophthalmological Society (Lunchon Seminar)(Chongqing, China) August, 2009
83. Oshika T:
How to manage severe intraoperative floppy iris syndrome.
5th International Meeting on Advanced Cataract and Refractive Surgery (Symposium) ( Seoul, Korea )September, 2009
84. Oshika T:
Cataract surgery in complicated cases.
5th International Meeting on Advanced Cataract and Refractive Surgery (Symposium) ( Seoul, Korea )September, 2009
85. 大鹿哲郎:
最近のIOLの話題.
札幌IOL研究会(特別講演)(札幌市) 10月, 2009
86. 木内貴博:
知って得する緑内障の秘密.
茨城県眼科医会市民公開講座(土浦市)10月, 2009
87. 木内貴博:
正常眼圧緑内障における一歩進んだ眼圧管理.
第6回長野県眼科学術講演会(松本市)10月, 2009
88. 大鹿哲郎:
眼内レンズ度数計算を極める.術後度数ずれ対策.
第63回日本臨床眼科学会(インストラクションコース)(福岡市) 10月, 2009
89. 大鹿哲郎:
難症例の白内障手術.
第63回日本臨床眼科学会(インストラクションコース)(福岡市) 10月, 2009
90. 岡本史樹:
日本眼科学会専門医制度第51回講習会 眼科手術とQuality of vision  5) 網膜・硝子体手術.
第63回日本臨床眼科学会(福岡)10月, 2009
91. 浅野宏規,籠谷保明,岡田明,柏瀬光寿,池田欣史,松本英樹,黒田真一郎,飽浦淳介:
開眼手術を目的とした,ネパール及びインドでの眼科医療活動の比較
第63回日本臨床眼科学会(福岡)10月, 2009
92. 宮井尚宏,平岡孝浩,斉藤純一郎,水島由紀子,大鹿哲郎:
急激な視力低下で発見され保存的治療により軽快した眼窩リンパ管腫の3例.
第63回日本臨床眼科学会(福岡市) 10月, 2009
93. 宮井絢佳,石井晃太郎,坂田典繁,大鹿哲郎:
間質性腎炎ぶどう膜炎症候群患者におけるHLAの検討.
第63回日本臨床眼科学会(福岡市) 10月, 2009
94. 國方俊雄,菅野美貴子,野田康雄,藤野雄次郎,蕪城俊克,大鹿哲郎:
非壊死性前部強膜炎に対するトリアムシノロン結膜下注射.
第63回日本臨床眼科学会(福岡市) 10月, 2009
95. 石井晃太郎,亀田敏弘,森 樹郎,大鹿哲郎:
Ocular pulse amplitudeと前眼部構造の検討.
第63回日本臨床眼科学会(福岡市) 10月, 2009
96. 木内貴博,井上隆史,坂田千穂,中岫典子,大鹿哲郎:
多剤併用治療中緑内障眼におけるラタノプロストからタフルプロストへの切り替え効果.
第63回日本臨床眼科学会(福岡市) 10月, 2009
97. 高林南緒子,栗原勇大,宮園弥生,平岡孝浩,大鹿哲郎:
両側の小眼球および眼窩嚢胞を合併したJoubert症候群の1例.
第63回日本臨床眼科学会(福岡市) 10月, 2009
98. 南川裕香,中岫典子,平岡孝浩,大鹿哲郎:
マイトマイシンCの術前点眼が著効した巨大結膜扁平上皮癌の1例.
第63回日本臨床眼科学会(福岡市) 10月, 2009
99. 平岡孝浩,加治優一,岡本史樹,大鹿哲郎:
インドシアニングリーンとヒーロンVを用いた破裂眼窩嚢胞の摘出.
第63回日本臨床眼科学会(福岡市) 10月, 2009
100. 岡本芳史,岡本史樹,平岡孝浩,大鹿哲郎:
増殖糖尿病網膜症手術における乳頭周囲網膜神経線維層厚の経時的変化.
第63回日本臨床眼科学会(福岡市) 10月, 2009
101. 中岫典子,長谷川優実,平岡孝浩,大鹿哲郎:
自然縮小した結膜乳頭腫の1例.
第63回日本臨床眼科学会(福岡市) 10月, 2009
102. 上野勇太,岡本史樹,岡本芳史,大鹿哲郎:
裂孔原性網膜剥離に対する硝子体手術後の乳頭周囲網膜神経線維層厚の変化.
第63回日本臨床眼科学会(福岡市) 10月, 2009
103. 野口篤子,岡本史樹,白石さや香,大鹿哲郎:
硝子体手術を行った開放性眼外傷の視力予後.
第63回日本臨床眼科学会(福岡市) 10月, 2009
104. 伊藤泰明,岡本史樹,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
網膜静脈分枝閉塞症における硝子体手術前後の視覚関連QOLと視機能.
第63回日本臨床眼科学会(福岡市) 10月, 2009
105. 増田綾美,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
眼窩骨膜下膿瘊の治療に関する臨床的検討.
第63回日本臨床眼科学会(福岡市) 10月, 2009
106. 加治優一,岡本史樹,大鹿哲郎:
病変より嚢子を認めず栄養体のみを認めた早期のアカントアメーバ角膜炎の2症例.
第63回日本臨床眼科学会(福岡市) 10月, 2009
107. 黄 蓉,平岡孝浩,石井祐子,大鹿哲郎:
Normal level of mesopic contrast sensitivity with and without glare of OPTEC6500.
第63回日本臨床眼科学会(福岡市) 10月, 2009
108. 佐藤りえ,加治優一,岡本史樹,大鹿哲郎:
増殖性硝子体網膜症における硝子体中の抗酸化物質量の低下.
第63回日本臨床眼科学会(福岡市) 10月, 2009
109. 園尾純一郎:
体験!眼科医の視点~情報共有の有用性~
第22回筑波パラメディカル講習会(つくば市)10月, 2009
110. Oshika T:
Microcoaxial phacoemulsificatioin and implantation of hydrophobic acrylic foldable IOL through 2.0-mm incision.
HOYA Surgical Optics Education Program (Evening seminar) (San Francisco) October, 2009
111. 大鹿哲郎:
白内障手術2009.
第3回北陸オフサルミックフォーラム(特別講演)(金沢市)10月, 2009
112. 加治優一:
遺伝性角膜混濁疾患の発症におけるアミロイド形成のメカニズム
第2回ンパク質の異常凝集とその防御・修復機構に関する研究会(熊取郡,大阪)11月, 2009
113. 木内貴博,川名啓介,大鹿哲郎:
体位依存性眼圧変動に対する線維柱帯切除術による抑制効果とその影響因子.
第20回日本緑内障学会(那覇市)11月, 2009
114. 石井晃太郎,孫 智剛,安藤知明,大鹿哲郎:
Dynamic Contour Tonometerに対する角膜弾性率の影響.
第20回日本緑内障学会(那覇市)11月, 2009
115. 大鹿哲郎:
屈折を重要視した眼科手術.
第10回神奈川県眼科学術講演会(特別講演)(横浜市) 11月, 2009
116. 木内貴博:
正常眼圧緑内障における一歩進んだ眼圧管理.
松戸市眼科医会学術講演会(松戸市)11月, 2009
117. 平岡孝浩:
眼窩腫瘍の診かたと治療のポイント.
第7回茨城Eye Forum (水戸市) 11月, 2009
118. 佐藤正樹:
抗VEGF療法の実際.
第7回茨城Eye Forum (水戸市) 11月, 2009
119. 上野勇太,岡本史樹,岡本芳史,大鹿哲郎:
裂孔原性網膜剥離に対する硝子体手術後の乳頭周囲網膜神経線維層厚の変化.
第31回茨城医学会眼科分科会・平成21年度茨城県眼科医会集談会 (水戸市) 11月, 2009
120. 白石さや香,加治優一,大鹿哲郎:
リポソーム化アムホテリシンB製剤の基礎と角膜真菌症治療への応用.
第31回茨城医学会眼科分科会・平成21年度茨城県眼科医会集談会 (水戸市) 11月, 2009
121. 岡本史樹,杉浦好美,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
VGFIを用いた23G硝子体手術の各種手技における眼内圧動態.
第31回茨城医学会眼科分科会・平成21年度茨城県眼科医会集談会 (水戸市) 11月, 2009
122. 加治優一,高林南緒子,大鹿哲郎:
新しい核酸増幅法を用いた角膜ヘルペスの超迅速診断.
第31回茨城医学会眼科分科会・平成21年度茨城県眼科医会集談会 (水戸市) 11月, 2009
123. 宮井絢佳,石井晃太郎,坂田典繁,大鹿哲郎:
間質性腎炎ぶどう膜炎症候群(TINU)に対するHLA検査の有用性.
第31回茨城医学会眼科分科会・平成21年度茨城県眼科医会集談会 (水戸市) 11月, 2009
124. 南川裕香,樋口明宏,中岫典子,平岡孝浩,大鹿哲郎:
マイトマイシンC術前点眼が極めて有効であった巨大結膜扁平上皮癌の1例.
第31回茨城医学会眼科分科会・平成21年度茨城県眼科医会集談会 (水戸市) 11月, 2009
125. 野口篤子,高林南緒子,木内貴博,大鹿哲郎,森谷充雄,川吊啓介,関谷栄規:
トラベクレクトミー・トリプル術後にCapsular block syndromeを来した1例.
第31回茨城医学会眼科分科会・平成21年度茨城県眼科医会集談会 (水戸市) 11月,2009
126. 大鹿哲郎:
筑波大眼科2009.
第31回茨城医学会眼科分科会・平成21年度茨城県眼科医会集談会(特別講演)(水戸市) 11月, 2009
127. 杉浦好美,岡本史樹,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
VGFIを用いた硝子体手術の各種手技における眼内圧動態.
第48回日本網膜硝子体学会(名古屋市)12月, 2009
128. 佐藤正樹:
官と民の融合.
銀海 208, 3, 2009
129. 佐藤正樹:
プリロードIOL(PY-60AD)を用いた水晶体再建術(ビデオ放映).
第63回日本臨床眼科学会(併設器械展示会)(福岡市), 10月, 2009