研究業績

2010年 研究業績


原著

1. Kaji Y, Oshika T, Takazawa Y, Fukayama M, Fujii N:
Pathological role of D-amino acid-containing proteins and advanced glycation end products in the development of age-related macular degeneration.(PDFファイル)
Anti-Aging Medicine 7(10):107-111, 2010
2. Nagai R, Mori T, Yamamoto Y, Kaji Y, Yonei Y:
Significance of advanced glycation end products in aging-related disease.(PDFファイル)
Anti-aging Medicine 7(10):112-119, 2010
3. Oka K, Nagayama R, Kabata T, Saito H:
Aggressive and fatal extramedullary plasmacytoma: A report of two cases.
APMIS 118,418-420, 2010
4. Choi JW, Yamashita M, Sakakibara J, Kaji Y,Oshika T, Wicker RB:
Combined micro and macro additive manufacturing of a swirling flow coaxial phacoemulsifier sleeve using internal micro-vanes.
Biomedical Microdevices12(5):875-886, 2010
5. Hiraoka T, Daito M, Okamoto F, Kiuchi T, Hirohara Y, Mihashi T, Oshika T:
Time course of changes in ocular wavefront aberration after instillation of 0.5% timolol gel-forming solution.
Br J Ophthalmol 94:433-439, 2010
6. Kaji Y, Oshika T, Takazawa Y, Fukayama M, Fujii N:
Accumulation of D-beta-Aspartic acid-containing proteins in age-related ocular diseases.
Chem Biodivers 7(6):1364-1370, 2010
7. Fujii N, Kaji Y, Fujii N, Nakamura T, Motoie R, Mori Y, Kinouchi T:
Collapse of Homochirality of Amino Acids in Proteins from Various Tissues during Aging.
Chem Biodivers. 7(6):1389-1397, 2010.
8. Oshika T, Bissen-Miyajima H, Fujita Y, Hayashi K, Mano T, Miyata K, Sugita T, Taira Y:
Prospective randomized comparison of DisCoVisc and Healon5 in phacoemulsification and intraocular lens implantation.
Eye 24:1376-1381, 2010
9. Okamoto F, Okamoto Y, Fukuda S, Hiraoka T, Oshika T:
Vision-related quality of life and visual function following vitrectomy for various vitreoretinal disorders.
Invest Ophthalmol Vis Sci 51:744-751, 2010
10. Okamoto Y, Okamoto F, Yamada S, Honda M, Hiraoka T, Oshika T:
Vision-related quality of life following transsphenoidal surgery for pituitary adenoma.
Invest Ophthalmol Vis Sci 51:3405-3410, 2010
11. Okamoto F, Sugiura Y, Okamoto Y, Hasegawa Y, Hiraoka T, Oshika T:
Measurement of ophthalmodynamometric pressure with the vented-gas forced-infusion system during pars plana vitrectomy.
Invest Ophthalmol Vis Sci 51:4195-4199, 2010
12. Yasuno Y, Yamanari M, Kawana K, Miura M, Fukuda S, Makita S, Sakai S, Oshika T:
Visibility of trabecular meshwork by standard and polarization-sensitive optical coherence tomography.
J Biomed Opt 15:061705, 2010
13. Sugai S, Yoshitomi F, Oshika T:
Transconjunctival single-plane sclerocorneal incision versus clear corneal incision in cataract surgery.
J Cataract Refract Surg 36:1503-1507, 2010
16. Hiraoka T, Kaji Y, Okamoto F, Oshika T:
Successful removal of a ruptured orbital cyst using 2.3% sodium hyaluronate and indocyanine green.
Ophthalmic Surg Lasers Imaging Mar 9:1-3. 2010 doi: 10.3928/15428877-20100215-10. [Epub ahead of print].
19. 佐藤正樹,大鹿哲郎:
2009年日本眼内レンズ屈折手術学会会員アンケート
IOL&RS 24:462-485, 2010
20. 岡田 明,浅野宏規,柏瀬光寿,籠谷保明,黒田真一郎,飽浦淳介:
インドのチベット難民に対する眼科医療協力 ~ダラムサラでの10年の活動報告~
IOL&RS 24:647-655,2010
21. 高橋幸輝, 大谷伸一郎, 南慶一郎, 本坊正人, 三根慶子, 宮田和典:
非球面眼内レンズFY-60ADの術後成績
あたらしい眼科27:115-118, 2010
22. 園尾純一郎,大房隆行,杉山浩司,平岡孝浩,大鹿哲郎:
生体組織接着剤ボルヒールRを用いた無縫合翼状片手術
眼科手術 23:143-146, 2010
23. 白山真理子,Wang Li,Koch DD,大鹿哲郎:
角膜屈折矯正手術後の白内障眼における眼内レンズ度数計算方法
眼科手術 23:221-227, 2010
24. 水島由紀子,川名啓介,須藤史子,島村恵美子,福山 誠,大鹿哲郎:
新しい光干渉式眼軸長測定装置による眼軸長測定の検討
眼科手術 23:453-457, 2010
25. 石口奈世理,上野久美子,栁原万里子,上遠野賢之助,大鹿哲郎:
リファブチンによる薬剤性ぶどう膜炎を生じた後天性免疫上全症候群患者の1例
日眼会誌 114:683-686, 2010
26. 平岡孝浩:
就寝時装用オルソケラトロジーレンズの臨床評価
日本コンタクトレンズ学会誌 52: S1-S7, 2010
27. 高橋幸輝, 宮井尊史, 子島良平, 丸山葉子, 宮田和典, 天野史郎:
再発翼状片に対する羊膜移植およびアロ角膜輪部移植併用手術の手術成績
臨床眼科 64:219-223, 2010
28. 南川裕香, 平岡孝浩, 中岫典子, 岡本芳史, 大鹿哲郎:
マイトマイシンCの術前点眼が著効した巨大結膜扁平上皮癌の1例
臨床眼科 64:559-562, 2010
29. 浅野宏規, 籠谷保明, 岡田 明, 柏瀬光寿, 池田欣史, 松本英樹, 黒田真一郎, 飽浦淳介:
開眼手術を目的としたネパールとインドでの眼科医療活動の比較
臨床眼科 64:441-444, 2010
30. 宮井尚宏, 平岡孝浩, 斉藤純一郎, 水島由紀子, 大鹿哲郎:
急激な眼球突出で発見され保存的治療により軽快した眼窩リンパ管腫の3例
臨床眼科64:899-906, 2010
31. 國方俊雄,藤野雄次郎,菅野美貴子,野田康雄,蕪城俊克,大鹿哲郎:
非壊死性前部強膜炎に対するトリアムシノロンアセトニド結膜下注射
臨床眼科64:991-996, 2010
32. 高林南緒子,平岡孝浩,佐藤由香,栗原勇大,宮園弥生,大鹿哲郎:
両側の小眼球と眼窩嚢胞を合併したJoubert症候群の一例
臨床眼科 64:1359-1363, 2010

総説

1. 川名啓介:
前眼部OCTの特徴を教えてください.
あたらしい眼科27: 3-6, 2010
2. 平岡孝浩:
オルソケラトロジーの原理と角膜形状変化
あたらしい眼科27: 1493-1499, 2010
3. 木内貴博:
周術期所見(濾過胞管理)
眼科画像診断-最近の進歩-(眼科52 増刊号),1556-1561, 2010
4. 上野勇太,川名啓介,大鹿哲郎:
術後濾過胞の画像評価.
眼科手術 23:11-17, 2010
5. 大鹿哲郎,小椋祐一郎,相原 一,岡田アナベルあやめ,近藤峰生,榛村重人,園田康平,前田直之:
戦略企画会議第一委員会 *WOC 2014に向けて*.
日眼会誌 114:62-64, 2010
6. 石井晃太郎,大鹿哲郎:
白内障とうつ.
日本医師会雑誌 139:1665, 2010
7. 石井晃太郎,大鹿哲郎:
認知症患者の白内障手術―眼科医の立場から.
日本の眼科81:18-21,2010.

著書

1. Kaji Y:
Accumulation of D-β-Aspartic acid-contaning proteins in age-related ocular diseases.
D-Amino Acids in Chemistry, Life Sciences, and Biotechnology. (Hans Bruckner,Noriko Fujii編集) Wiley-VCH, Germany, 2010
2. 大鹿哲郎:
屈折異常.
今日の診断指針 第6版(金澤一郎,永井良三,総編集) 医学書院 東京,1631-1632, 2010
3. 加治優一:
加齢性眼疾患の発症における蛋白糖化最終産物.
糖化による疾患と抗糖化食品・素材(米井嘉一 編集) シーエムシー出版 東京, 90-97, 2010
4. 加治優一:
角膜上皮にびらんを認めない再発性角膜上皮びらんがある.
眼科検査のグノーティ・セアウトン(山下英俊,谷原秀信編集) シナジー 東京, 72-77, 2010
5. 加治優一:
アカントアメーバ角膜炎の初期では角膜生検検体を検鏡しても病原体がみつかりにくい.
眼科検査のグノーティ・セアウトン.(山下英俊,谷原秀信編集) シナジー 東京, 78-82, 2010
6. 大鹿哲郎:
白内障,緑内障.
「GUIDELINE 膠原病・リウマチ―治療ガイドラインをどう読むか―(改訂第2版)《(小池隆夫,住田孝之,編) 診断と治療社 東京, 220-224, 2010
7. 平岡孝浩:
その他の視機能検査(コントラスト感度など).
専門医のための眼科診療クオリファイ1 屈折異常と眼鏡矯正(大鹿哲郎,編) 中山書店 東京, 74-80, 2010
8. 大鹿哲郎:
視力の種類.
専門医のための眼科診療クオリファイ1 屈折異常と眼鏡矯正(大鹿哲郎,編) 中山書店 東京, 81-84, 2010
9. 大鹿哲郎:
集まった視力の測定値の平均や偏差をとるにはどうしたらよいでしょう?
専門医のための眼科診療クオリファイ1 屈折異常と眼鏡矯正(大鹿哲郎,編) 中山書店 東京, 85-87, 2010
10. 加畑隆通:
糖尿病網膜症.
病気と薬パーフェクトBOOK2010 薬局61.増刊号 (池田宇一、大越教夫、横田千津子 編) 南山堂,東京,669-670,2010
11. 大鹿哲郎:
術後乱視.
角膜パーツ移植(坪田一男,編) 文光堂 東京,111-115, 2010
12. 加治優一:
瞼裂斑が茶色いのはなぜか?
眼のサイエンス~視覚の不思議~(根木 昭,田野保雄,大橋裕一,坪田一男,大鹿哲郎,編) 文光堂 東京, 55, 2010
13. 加治優一:
糖尿病で角膜障害が多いのはなぜか?
眼のサイエンス~視覚の不思議~(根木 昭,田野保雄,大橋裕一,坪田一男,大鹿哲郎,編) 文光堂 東京, 68-69, 2010
14. 木内貴博:
仰臥位で眼圧が上昇するのはなぜか?
眼のサイエンス~視覚の不思議~(根木 昭,田野保雄,大橋裕一,坪田一男,大鹿哲郎,編) 文光堂 東京,90-91,2010
15. 大鹿哲郎:
なぜ,加齢とともに倒乱視化するのか?
眼のサイエンス~視覚の不思議~(根木 昭,田野保雄,大橋裕一,坪田一男,大鹿哲郎,編) 文光堂 東京, 218-219, 2010
16. 大鹿哲郎:
なぜ,瞳孔径が小さくなると見えにくくなるのか?
眼のサイエンス~視覚の不思議~(根木 昭,田野保雄,大橋裕一,坪田一男,大鹿哲郎,編) 文光堂 東京, 225, 2010
17. 根木 昭,田野保雄,大橋裕一,坪田一男,大鹿哲郎:
眼のサイエンス~眼疾患の謎~
文光堂 東京,2010
18. 木内貴博:
トラベクレクトミー 白内障との同時手術.
新ES NOW 緑内障手術 これでバッチリ!(山本哲也 編) メジカルビュー社 東京, 44-51, 2010
19. 平岡孝浩:
処方の手順とチェックポイント
眼科ケア12巻4号 はじめてのオルソケラトロジーQ&A メディカ出版 大阪, 784-788, 2010

学会発表

1. 星 崇仁,園尾純一郎,大鹿哲郎:
睫毛列切除が奏効した睫毛乱生の1例.
第41回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月,2010
2. 長谷川優実,岡本史樹,平岡孝浩,大鹿哲郎:
黄斑部に漿液性網膜剥離を伴った脈絡膜骨腫の1例.
第41回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月,2010
3. 樋口明宏,石井晃太郎,大鹿哲郎,亀田敏弘:
高速度カメラを用いた角膜動的変形の定量的解析.
第41回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月,2010
4. 加治優一,大鹿哲郎,山下正木,榊原 潤:
白内障手術時の前房内灌流液動態の3次元的計測法の開発.
第41回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月,2010
5. 岡本史樹,長谷川優実,杉浦好美,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
硝子体手術後24時間以内の眼圧変動とその影響因子.
第41回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月,2010
6. 加治優一,小澤大作,八木寿梓,後藤祐児,大鹿哲郎:
格子状角膜ジストロフィーのin vitroモデルを用いた光線力学療法開発.
第34回角膜カンファランス,第26回日本角膜移植学会(仙台市)2月,2010
7. 平岡孝浩:
波面センサーの新しい展開:角膜疾患編.
第34回角膜カンファランス,第26回日本角膜移植学会(ランチョンセミナー) (仙台市)2月,2010
8. 宮井尊史,森 洋斉,子島良平,尾方美由紀,宮田和典,榛村重人,雑賀 誠,三橋俊文,大鹿哲郎,天野史郎:
角膜内皮移椊術及び全層角膜移椊術の角膜前面収差の比較.
第34回角膜カンファランス,第26回日本角膜移植学会(仙台市)2月,2010
9. 加治優一:
鏡の国の眼科学
第73回東京女子医科大学東医療センター眼科集談会(東京)3月, 2010
10. Kaji Y, Yamashita M, Sakakibara J, Oshika T:
Visualization and quantification of the velocity distribution of irrigation fluid in the anterior chamber using particle image velocimetry.
American Scociety of Cataract and Refractive Surgery( Boston)April, 2010
11. Kaji Y, Oshika T:
Essential qualifications of reagents for visualization of vitreous body prolapsed in the anterior chamber after posterior capsule rupture.
American Scociety of Cataract and Refractive Surgery( Boston)April, 2010
12. Kaji Y, Oshika T:
Comparison of triamcinolone acetonide, 11-deoxycortisol and other lipid formulae for visualization of vitreous body in the anterior chamber after posterior capsule rupture in animal model.
American Scociety of Cataract and Refractive Surgery( Boston)April, 2010
13. 木内貴博:
緑内障オーダーメイド治療は可能か 眼圧変動を指標としたオーダーメイド治療.
第114回日本眼科学会(シンポジウム)(名古屋)4月,2010
14. 岡本史樹:
硝子体手術とQOL.
第114回 日本眼科学会総会(名古屋)4月, 2010
15. 加治優一,小澤大作,八木寿梓,後藤祐児,大鹿哲郎:
Avellinoおよび格子状角膜ジストロフィーに対する光線力学療法の基礎開発.
第114回 日本眼科学会総会(名古屋)4月, 2010
16. 平岡孝浩,山本敏哉,岡本芳史,岡本史樹,大鹿哲郎:
眼軟膏が実用視力に及ぼす影響.
第114回 日本眼科学会総会(名古屋)4月, 2010
17. 岡本史樹,杉浦好美,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
Vented Gas Forced Infusion(VGFI)を用いた23G硝子体手術の眼内圧動態.
第114回 日本眼科学会総会(名古屋)4月, 2010
18. 石井晃太郎,亀田敏弘,大鹿哲郎:
眼球壁の固有振動数解析に基づく新しい眼圧測定法.
第114回日本眼科学会総会(名古屋)4月,2010
19. 平岡孝浩:
処方の手順.
第114回日本眼科学会総会(オルソケラトロジー講習会)(名古屋)4月, 2010
20. 佐藤りえ, 加治優一,岡本史樹,大鹿哲郎:
増殖硝子体網膜症の硝子体液における抗酸化物質とVEGFの定量
第114回 日本眼科学会総会(名古屋)4月, 2010
21. 高林南緒子,平岡孝浩,大鹿哲郎:
輪部強調用コンタクトレンズが高次波面収差へ及ぼす影響
第114回 日本眼科学会総会(名古屋)4月, 2010
22. 長谷川優実,岡本史樹,杉浦好美,岡本芳史,大鹿哲郎:
硝子体術後の早期眼圧とそれに影響を与える因子の検討.
第114回 日本眼科学会総会(名古屋)4月, 2010
23. 星 崇仁,岡本史樹,杉浦好美,長谷川優実,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
裂孔原性網膜剥離に対する硝子体手術後の前房フレア値経時変化.
第114回 日本眼科学会総会(名古屋)4月, 2010
24. Okamoto Y, Okamoto F, Hiraoka T, Oshika T:
Retinal nerve fiber layer thickness following pars plana vitrectomy for proliferative diabetic retinopathy.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida)May, 2010
25. Okamoto F, Hasegawa Y, Sugiura Y, Okamoto Y, Oshika T:
Intraocular pressure elevation after vitrectomy for proliferative diabetic retinopathy.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida)May, 2010
26. Nakano S, Okamoto F, Okamoto Y, Oshika T:
Vision-Related Quality of Life and Visual Function Following Vitrectomy and Triamcinolone Injection for Diabetic Macular Edema.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida)May, 2010
27. Watanabe H, Okamoto F, Hasegawa Y, Sugiura Y, Okamoto Y, Oshika T:
Intraocular pressure elevation after vitrectomy for rhegmatogenous retinal detachment.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida)May, 2010
28. Kakita T, Hiraoka T, Oshika T:
Influence of overnight orthokeratology on axial length elongation in childhood myopia.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida)May, 2010
29. Sugiura Y, Okamoto F, Okamoto Y, Oshika T:
Measurement of ophthalmodynamometric pressure using vented gas forced infusion system during pars plana vitrectomy.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida)May, 2010
30. Hoshi S, Okamoto F, Sugiura Y, Hasegawa Y, Okamoto Y, Oshika T:
Time course of changes in aqueous flare intensity after vitrectomy for rhegmatogenous retinal detachment.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida)May, 2010
31. Hirohara Y, Saika M, Fujikado T, Oshika T, Mihashi T:
Wavefront aberrations and modulation transfer functions of multifocal intraocular lenses in visible and infrared wavelengths.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida)May, 2010
32. Minamikawa Y, Okamoto F, Ueno Y, Okamoto Y, Oshika T:
Retinal nerve fiber layer thickness following pars plana vitrectomy for rhegmatogenous retinal detachment.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida)May, 2010
33. Lim Y, Yamanari M, Miura M, Oshika T, Yasuno Y:
Office based polarization sensitive anterior eye segment optical coherence tomography.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida)May, 2010
34. Miyazawa A, Yamanari M, Makita S, Miura M, Kawana K, Iwaya K, Goto H, Oshika T, Yasuno Y:
Tissue contrast imaging of anterior eye based on optical properties measured by polarization sensitive optical coherence tomography.
Association for Research in Vision and Ophthalmology( Fort Lauderdale, Florida)May, 2010
35. 加治優一:
糖化とラセミ化がもたらす多彩な眼疾患.
第15回国際食品素材/添加物会議 第8回ヘルスフードエキスポ ifia JAPAN 2010 「抗糖化セミナー」(東京)5月, 2010
36. 木内貴博:
正常眼圧緑内障における一歩進んだ眼圧管理.
万有製薬学術講演会(つくば市)5月, 2010
37. Hiraoka T, Daito M, Okamoto F, Kiuchi T, Oshika T:
Contrast sensitivity, ocular higher-order aberration, and corneal surface light scattering after instillation of timolol maleate gel-forming solution and brinzolamide ophthalmic suspension.
World Ophthalmology Congress 2010( Berlin, Germany) June, 2010
38. Ueno Y, Okamoto F, Okamoto Y, Oshika T:
Retinal nerve fiber layer thickness following pars plana vitrectomy for rhegmatogenous retinal detachment.
World Ophthalmology Congress 2010( Berlin, Germany) June, 2010
39. Masuda A, Okamoto F, Hiraoka T, Oshika T:
Vision-related quality of life and visual function following vitrectomy and triamcinolone injection for diabetic macular edema.
World Ophthalmology Congress 2010( Berlin, Germany) June, 2010
40. Okamoto F, Hasegawa Y, Sugiura Y, Hiraoka T, Oshika T:
Intraocular pressure elevation after vitrectomy for proliferative diabetic retinopathy.
World Ophthalmology Congress 2010( Berlin, Germany) June, 2010
41. Sugiura Y, Okamoto F, Hiraoka T, Oshika T:
Ophthalmodynamometric pressure in eyes with proliferative diabetic retinopathy.
World Ophthalmology Congress 2010( Berlin, Germany) June, 2010
42. 加治優一:
加齢黄斑変性症の発症における蛋白糖化最終産物と右手型アミノ酸.
第10回 日本抗加齢学会総会.シンポジウム「加齢関連疾患におけるAGEsの意義」(京都)6月, 2010
43. 佐藤正樹,大鹿哲郎:
2009年日本眼内レンズ屈折手術学会会員アンケート.
第49回日本白内障学会,第25回日本眼内レンズ屈折手術学会(大阪市)6月,2010
44. 川名啓介:
前眼部光干渉断層計.
第49回日本白内障学会,第25回日本眼内レンズ屈折手術学会(大阪市)6月,2010
45. Sakakibara J, Yamashita M, Kobayashi T, Kaji Y, Oshika T:
Stereo-PIV study of flow inside an eye under cataract surgery.
15th Internationa Symposium on Application of Laser Technique to FLuid Mechanics( Lisbon, Portugal)July, 2010
46. 石井晃太郎,岩田洋佳,大鹿哲郎:
楕円フーリエ記述子に基づく眼球形状発達の定量的解析.
第66回日本弱視斜視学会総会・第35回日本小児眼科学会総会(東京)7月, 2010
47. 平岡孝浩,加治優一,岡本史樹,大鹿哲郎:
オルソケラトロジーによる角膜後面形状変化の経時的評価.
第53回日本コンタクトレンズ学会(東京)7月, 2010
48. 平岡孝浩:
処方の手順.
第53回日本コンタクトレンズ学会総会(オルソケラトロジー講習会)(東京)7月, 2010
49. 國方俊雄,樋口明宏,岡本史樹,加治優一,杉原誠人,林 太智,住田孝之,大鹿哲郎:
重症なSLE網膜症の2症例.
第7回免疫疾患フォーラム(つくば市)7月, 2010
50. 廣田敏哉,林 太智,高野洋平,萩原晋也,梅田直人,堀越正信,近藤裕也,國方俊雄,加治優一,坪井洋人,杉原誠人,萩島 博,鈴木 豪,松本 功,大鹿哲郎,住田孝之:
片眼性視力障害をきたしたANCA関連血管炎の1例.
第7回免疫疾患フォーラム(つくば市)7月, 2010
51. 中野伸一郎:
乱視について(トーリック眼内レンズ使用経験から)
コーワ社内研修会(つくば市)7月, 2010
52. 加治優一:
角膜潰瘍の治療に難渋したときの対処法.
京都府眼科医会夏季集談会(京都)8月, 2010
53. 岡本芳史:
加齢黄斑変性のポイント.
第8回茨城EYE FORUM(つくば市) 8月, 2010
54. Kaji Y, Yamashita M, Sakakibara J, Oshika T:
Visualization and quantification of the velocity distribution of irrigation fluid in the anterior chamber using particle image velocimetry.
XXVIII European Society of Cataract and Refractive Surgery (Paris, France) September, 2010
55. 広原陽子,雜賀 誠,三橋俊文,上二門尚,大鹿哲郎:
可視、近赤外波長による多焦点IOLの波面収差とMTF測定.
第46回日本眼光学学会(横浜)9月, 2010
56. 石井晃太郎,亀田敏弘,大鹿哲郎:
角膜の固有振動数解析による新しい眼圧測定法.
第21回日本緑内障学会(福岡市)9月, 2010
57. 川名啓介:
前眼部OCTによるろ過胞の評価.
第21回日本緑内障学会(福岡)9月, 2010
58. 加治優一,岡本史樹,大鹿哲郎:
糖尿病網膜症の硝子体液における蛋白糖化最終産物と抗酸化物質量.
第20回日本メイラード学会(東京)9月, 2010
59. 森谷充雄, 子島良平, 森洋斉, 尾方美由紀, 南慶一郎, 宮田和典, 大鹿哲郎:
角膜内皮移椊術と全層角膜移椊術の臨床成績の比較.
第226回鹿児島眼科集談会(鹿児島市)9月, 2010
60. 榊原 潤,小林竜也,山下正木,加治優一,大鹿哲郎:
白内障手術時における眼球内流動計測.
日本機械学会流体工学部門講演会(米沢市)10月, 2010
61. 加治優一:
眼感染症 ここまで対処 ここから紹介
第181回 宮城県眼科医会集談会(仙台市)10月, 2010
62. 木内貴博:
体位依存性眼圧変動と正常眼圧緑内障~その奇妙な関係~
瀬戸内眼科コロシアム(広島市)10月,2010
63. 増田綾美,平岡孝浩,岡本芳史,岡本史樹,大鹿哲郎:
眼腫瘍患者における視覚関連QOL.
第32回茨城医学会眼科分科会,平成22年度茨城県眼科医会集談会(水戸市)11月, 2010
64. 周藤 真,杉浦好美,岡本史樹,大鹿哲郎,星野朝文,上前泊功,阿久津博義:
交通外傷による眼窩内巨大異物の1例.
第32回茨城医学会眼科分科会,平成22年度茨城県眼科医会集談会(水戸市)11月, 2010
65. 加治優一,Santos S,平岡孝浩,大鹿哲郎:
眼表面疾患の診断におけるウイルス超迅速診断の応用.
第32回茨城医学会眼科分科会,平成22年度茨城県眼科医会集談会(水戸市)11月, 2010
66. 渡部大樹,石井晃太郎,岩田洋佳,大鹿哲郎:
フーリエ解析を用いた小児眼球形状の定量的解析.
第32回茨城医学会眼科分科会,平成22年度茨城県眼科医会集談会(水戸市)11月, 2010
67. 長谷川優実,中野伸一郎,大鹿哲郎:
トーリック眼内レンズ挿入後の乱視量についての検討.
第32回茨城医学会眼科分科会,平成22年度茨城県眼科医会集談会(水戸市)11月, 2010
68. 星 崇仁,岡本史樹,杉浦好美,長谷川優実,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
増殖性糖尿病網膜症に対する硝子体手術後の前房フレア.
第32回茨城医学会眼科分科会,平成22年度茨城県眼科医会集談会(水戸市)11月, 2010
69. 岡本芳史,岡本史樹,平岡孝浩,大鹿哲郎:
増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術後の虹彩後癒着の頻度.
第32回茨城医学会眼科分科会,平成22年度茨城県眼科医会集談会(水戸市)11月, 2010
70. 山成正宏,石井晃太郎,三浦雅博,大鹿哲郎,安野嘉晃:
偏光OCTによる豚眼強膜の光レオロジー.
Optics & Photonics Japan 2010(東京)11月, 2010
71. リン・イー・ヘン,山成正宏,福田慎一,加治優一,木内貴博,三浦雅博,大鹿哲郎,安野嘉晃:
偏光OCTによる前眼部解析.
Optics & Photonics Japan 2010(東京)11月, 2010
72. 加治優一:
眼科領域におけるアミロイド沈着病の単純さと複雑さ.
第2回 蛋白質の異常凝集とフォールディング病研究会(大阪)11月,2010
73. 大鹿哲郎:
小角膜・小眼球.難症例の白内障手術.
第64回日本臨床眼科学会(インストラクションコース)(神戸市)11月, 2010
74. 大鹿哲郎:
眼内レンズの選択.眼内レンズ選択と度数計算を極める2010.
第64回日本臨床眼科学会(インストラクションコース)(神戸市)11月, 2010
75. 平岡孝浩:
角結膜疾患に対する各種検査の有用性―基礎から臨床へ― 前眼部と視機能検査.
第64回日本臨床眼科学会総会(シンポジウム)(神戸市)11月, 2010
76. 岡本史樹:
どう評価する?最近のIOL
第64回日本臨床眼科学会(神戸市)11月, 2010
77. 平岡孝浩:
合併症と対処法.
第64回日本臨床眼科学会総会(オルソケラトロジー講習会)(神戸)11月, 2010
78. 増田綾美,平岡孝浩,岡本芳史,岡本史樹,大鹿哲郎:
眼腫瘍患者における視覚関連QOLの検討.
第64回日本臨床眼科学会(神戸市)11月, 2010
79. 渡部大樹,平岡孝浩,上野勇太,大鹿哲郎:
3種類の前眼部形状解析装置の正常眼における比較.
第64回日本臨床眼科学会(神戸市)11月, 2010
80. 高木美善,山本敏哉,平岡孝浩,大鹿哲郎:
白内障手術にヒーロンVが有用であった虹彩分離症の3例.
第64回日本臨床眼科学会(神戸市)11月, 2010
81. 山本敏哉,平岡孝浩,大鹿哲郎:
オフロキサシンゲル化製剤点眼後の波面収差と実用視力の経時的変化.
第64回日本臨床眼科学会(神戸市)11月, 2010
82. 星 崇仁,平岡孝浩,大鹿哲郎,佐藤裕也:
オルソケラトロジーの長期臨床経過.
第64回日本臨床眼科学会(神戸市)11月, 2010
83. 平岡孝浩,高橋幸輝,岡本史樹,大鹿哲郎, 宮井尊史, 中村ヤス子,宮田和典:
アトロピン点眼前後の波面収差変化.
第64回日本臨床眼科学会(神戸市)11月, 2010
84. 南川裕香,平岡孝浩,大鹿哲郎:
ゾビラックスR眼軟膏点入後の実用視力,コントラスト感度,高次波面収差の経時的変化.
第64回日本臨床眼科学会(神戸市)11月, 2010
85. 木内貴博,川吊啓介,大鹿哲郎:
前眼部三次元光干渉断層計による上全濾過胞の病態分類.
第64回日本臨床眼科学会(神戸市)11月, 2010
86. 石井晃太郎,岩田洋佳,大鹿哲郎:
楕円フーリエ記述子に基づく水晶体形状発達の定量的解析.
第64回日本臨床眼科学会(神戸市)11月, 2010
87. 中岫典子,石井晃太郎,周藤 真,大鹿哲郎:
先天緑内障を合併した先天無虹彩症に対し線維柱帯切開術を施行した一例.
第64回日本臨床眼科学会(神戸市)11月, 2010
88. 岡本史樹,大鹿哲郎:
新しい周辺部観察用接触型硝子体レンズの試作.
第64回日本臨床眼科学会(神戸市)11月, 2010
89. 杉浦好美,岡本史樹,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
黄斑剥離のない網膜剥離患者の術前後コントラスト感度.
第64回日本臨床眼科学会(神戸市)11月, 2010
90. 伊藤泰明,平岡孝浩,南川裕香,大鹿哲郎:
放射線治療後マイボーム腺の非接触型マイボグラフィーによる評価.
第64回日本臨床眼科学会(神戸市)11月, 2010
91. 福田慎一,黄 蓉,大鹿哲郎:
白内障術前ジクロード点眼の前房内炎症・角膜体積・中心窩網膜厚に対する影響.
第64回日本臨床眼科学会(神戸市)11月, 2010
92. 大房隆行,平岡孝浩,森谷充雄,岡本史樹,大鹿哲郎:
飲酒が涙液安定性に及ぼす影響.
第64回日本臨床眼科学会(神戸市)11月, 2010
93. 森谷充雄,平岡孝浩,大房隆行,岡本史樹,大鹿哲郎:
飲酒が実用視力に及ぼす影響.
第64回日本臨床眼科学会(神戸市)11月, 2010
94. 上野勇太,平岡孝浩,渡部大樹,大鹿哲郎:
3種類の前眼部形状解析装置の円錐角膜眼における比較.
第64回日本臨床眼科学会(神戸市)11月, 2010
95. 浅野宏規,岡田 明, 柏瀬光寿, 籠谷保明, 黒田真一郎, 飽浦淳介:
海外医療協力活動に携行する眼内レンズ度数の検討.
第64回日本臨床眼科学会(神戸市)11月, 2010
96. 岡田 明,浅野宏規, 柏瀬光寿, 籠谷保明, 黒田真一郎, 飽浦淳介:
医療協力活動の実施地域における患者背景の変化について.
第64回日本臨床眼科学会(神戸市)11月, 2010
97. 加治優一:
角膜ジストロフィー研究の新展開.
大阪大学眼科先端医療研究会(大阪)11月, 2010
98. Fukuda S, Nagano M, Yamashita T, Oshika T, Ohneda O:
Endothelial progenitor cells from umbilical cord blood rescued vessel and photoreceptor with retinal degeneration.
Leading Graduate Schools International Conference (Tsukuba) November, 2010
99. 岡本芳史,岡本史樹,大鹿哲郎:
増殖糖尿病網膜症に対する患者における硝子体術後の虹彩後癒着の頻度.
第49回日本網膜硝子体学会総会,第16回日本糖尿病眼学会総会(大阪市)11月, 2010
100. 岡本史樹,大鹿哲郎:
新しい接触型レンズを用いた硝子体手術.
第49回日本網膜硝子体学会総会,第16回日本糖尿病眼学会総会(大阪市)11月, 2010
101. 杉浦好美,岡本史樹,岡本芳史,大鹿哲郎:
糖尿病黄斑浮腫患者の術前後コントラスト感度.
第49回日本網膜硝子体学会総会,第16回日本糖尿病眼学会総会(大阪市)11月, 2010
102. 星 崇仁,岡本史樹,杉浦好美,長谷川優実,岡本芳史,大鹿哲郎:
増殖性糖尿病網膜症対する硝子体手術後の前房フレア値の経時変化.
第49回日本網膜硝子体学会総会,第16回日本糖尿病眼学会総会(大阪市)11月, 2010
103. Hiraoka T:
Quality of Vision and Higher-Order Aberrations after Overnight Orthokeratology.
2nd Asia Orthokeratology and Specialty Lens Conference (Symposium) (Kyoto) December, 2010