研究業績

2013年 研究業績


原著

2. Okamoto F, Sugiura Y, Okamoto Y, Hiraoka T, Oshika T:
Changes in contrast sensitivity after surgery for macula-on rhegmatogenous retinal detachment.
Am J Ophthalmol 2013;156:667-672.
3. Sugiura Y, Okamoto F, Okamoto Y, Hiraoka T, Oshika T:
Intraocular pressure fluctuation during microincision vitrectomy with constellation vision system.
Am J Ophthalmol 2013;156:941-947.
5. Fukuda S, Beheregaray S, Hoshi S, Yamanari M, Lim Y, Hiraoka T, Yasuno Y, Oshika T:
Comparison of three-dimensional optical coherence tomography and combining a rotating Scheimpflug camera with a Placido topography system for forme fruste keratoconus diagnosis.
Br J Ophthalmol 2013;97:1554-1559.
6. Ishii K, Saito K, Kameda T, Oshika T:
Elastic hysteresis in human eyes is an age-dependent value.
Clin Experiment Ophthalmol 2013;41:6-11.
8. Hasegawa Y, Okamoto F, Sugiura Y, Okamoto Y, Hiraoka T, Oshika T:
Intraocular pressure elevation after vitrectomy for various vitreoretinal disorders.
Eur J Ophthalmol. 2013 Aug 7:0. doi: 10.5301/ejo.5000350. [Epub ahead of print]
9. Fukuda S, Ohneda O, Oshika T:
Oxidative stress retards vascular development before neural degeneration occurs in retinal degeneration rd1 mice.
Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2014 Mar;252(3):411-6. doi: 10.1007/s00417-013-2551-9. Epub 2013 Dec 21.
10. Ishii K, Yamanari M, Iwata H, Yasuno Y, Oshika T:
Relationship between changes in crystalline lens shape and axial elongation in young children.
Invest Ophthalmol Vis Sci 2013;54:771-777.
11. Fukuda S, Yamanari M, Lim Y, Hoshi S, Beheregaray S, Oshika T, Yasuno Y:
Keratoconus diagnosis using anterior segment polarization-sensitive optical coherence tomography.
Invest Ophthalmol Vis Sci 2013;54:1384-1391.
12. Kato Y, Yagi H, Kaji Y, Oshika T, Goto Y:
Benzalkonium chloride accelerates the formation of the amyloid fibrils of corneal dystrophy-associated peptides.
J Biol Chem 2013;288:25109-25118.
13. Hasegawa Y, Okamoto F, Nakano S, Hiraoka T, Oshika T:
Effect of preoperative corneal astigmatism orientation on results with a toric intraocular lens.
J Cataract Refract Surg 2013;39:1846-1851.
14. Itagaki H, Kunikata T, Hiratsuka K, Saito J, Oshika T:
Reverse pupillary block associated with pigment dispersion syndrome after in-the-bag intraocular lens implantation.
J Cataract Refract Surg 2013;39:1925-1928.
15. Hiraoka T, Yamamoto T, Okamoto F, Oshika T:
Changes in functional visual acuity and ocular wavefront aberration after administration of eye ointment.
J Ocul Pharmacol Ther 2013;29:770-775.
16. Takabayashi N, Hiraoka T, Kiuchi T, Oshika T:
Influence of decorative lenses on higher-order wavefront aberrations.
Jpn J Ophthalmol 2013;57:335-340.
17. Hagiya C, Tsuboi H, Yokosawa M, Hagiwara S, Hirota T, Takai C, Asashima H, Miki H, Umeda N, Horikoshi M, Kondo Y, Sugihara M, Ogishima H, Suzuki T, Hiraoka T, Kaji Y, Matsumoto I, Oshika T, Sumida T:
Clinicopathological features of IgG4-related disease complicated with orbital involvement.
Mod Rheumatol. 2014 May;24(3):471-6. doi: 10.3109/14397595.2013.844307. Epub 2013 Oct 21.
18. Hiraoka T, Miyata K, Nakamura Y, Miyai T, Ogata M, Okamoto F, Oshika T:
Influences of cycloplegia with topical atropine on ocular higher-order aberrations.
Ophthalmology 2013;120:8-13.
19. Fukuda S, Nagano M, Yamashita T, Kimura K, Tsuboi I, Salazar G, Ueno S, Kondo M, Kunath T, Oshika T, Ohneda O:
Functional endothelial progenitor cells selectively recruit neurovascular protective monocyte-derived F4/80(+) /Ly6c(+) macrophages in a mouse model of retinal degeneration.
Stem Cells. 2013;31:2149-2161.
20. 上野勇太,福田慎一,大鹿哲郎:
光干渉断層計アップデート2013.前眼部編.角膜の形態解析.
あたらしい眼科 30:15-23, 2013
21. 増田綾美、森洋斉、子島良平、丸山葉子、南慶一郎、宮田和典:
LASIK術後のドライアイに対するジクアホソルナトリウム点眼液の長期における有効性.
あたらしい眼科 30:249-253, 2013
22. 大鹿哲郎:
サイドポートナイフと鑷子.
あたらしい眼科 30:1393-1394, 2013
23. 加藤篤子,石井晃太郎,大鹿哲郎:
眼軸伸長と眼球間隔の発達についての検討.
眼科臨床紀要 6:538-541, 2013
24. 増田綾美, 高橋幸輝, 子島良平, 南慶一郎, 宮田和典:
初発翼状片1832眼に対する術中マイトマイシンCを併用した有茎結膜弁移植術の検討.
日本眼科学会雑誌 117:743-748, 2013
25. 大鹿哲郎,平岡孝浩:
オルソケラトロジーが小児期の眼軸伸長に及ぼす影響に関する研究.
全文(PDFファイル)
日本の眼科 6:42-50, 2013
26. 渡部大樹,岡本史樹,杉浦好美,大鹿哲郎:
小児のStickler症候群に伴う裂孔原性網膜剥離に対して硝子体手術を行った1例.
臨床眼科 67:475-479, 2013

総説

1. 平岡孝浩:
オルソケラトロジーフォローアップ.
IOL & RS 27:369-376, 2013
3. 平岡孝浩:
小児近視進行抑制法アップデート.
あたらしい眼科 30:343-347, 2013
5. 大鹿哲郎,小椋祐一郎,稲谷 大,岡田アナベルあやめ,小沢忠彦,近藤峰生,
榛村重人,園田康平,前田直之:
戦略企画会議第一委員会―WOC2014まであと15か月―.
日本眼科学会雑誌 117: 59-60, 2013
6. 大鹿哲郎:
WOCまであと半年.
日本眼科学会雑誌 117:715-716, 2013

著書

1. 平岡孝浩:
瞼板縫合.
眼手術学2 眼瞼(野田美香,編)文光堂, 東京, 502-507, 2013
2. 平岡孝浩:
眼科診療指針のパラダイムシフト オルソケラトロジーの功罪.
眼科2013年臨時増刊号 金原出版,東京,1372-1377, 2013

学会発表

1. 福田慎一,大鹿哲郎:
rd1網膜色素変性症モデルマウスにおけるフリーラジカルと血管萎縮の関連.
厚生労働省難治性疾患克服研究事業,網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班,平成24年度班会議(名古屋市)1月,2013
2. 岡本芳史,星 崇仁,岡本史樹,平岡孝浩,大鹿哲郎:
実用視力測定法を用いた加齢黄斑変性患者の視機能.
厚生労働省難治性疾患克服研究事業,網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班,平成24年度班会議(名古屋市)1月,2013
3. 大鹿哲郎:
水晶体と眼光学.
第39回水晶体研究会(特別講演)(東京)1月,2013
4. Oshika T:
Achieving stable IOL fixation in eyes without adequate capsular support.
The 28th Asia-Pacific Academy of Ophthalmology Congress (Symposium)(Hyderabard, India)January, 2013
5. Oshika T:
Transconjunctival single-plane sclerocorneal incision.
The 28th Asia-Pacific Academy of Ophthalmology Congress (Symposium) (Hyderabard, India)January, 2013
6. Oshika T:
Antimicrobial prophylaxis against endophthalmitis in cataract surgery.
The 28th Asia-Pacific Academy of Ophthalmology Congress (Symposium)(Hyderabard, India)January, 2013
7. Oshika T:
The need of preloaded IOL and my choice.
The 28th Asia-Pacific Academy of Ophthalmology Congress (Luncheon seminar), (Hyderabard, India)January, 2013
8. Ito Y, Hiraoka T, Minamikawa Y, Oshika T:
Morphological changes of meibomian glands after radiotherapy.
The 28th Asia-Pacific Academy of Ophthalmology Congress(Hyderabard, India)January, 2013
9. Beheregaray S, Ueno T, Hiraoka T, Oshika T:
Quantitative evaluation of posterior corneal surface using Fourier analysis: determining normal Fourier index values.
The 28th Asia-Pacific Academy of Ophthalmology Congress(Hyderabard, India)January, 2013
10. Nakano S, Hiraoka T, Hasegawa Y, Oshika T:
Effect of monocularly and binocularly induced astigmatic blur on visual acuity.
The 28th Asia-Pacific Academy of Ophthalmology Congress(Hyderabard, India)January, 2013
11. 平岡孝浩:
オキュラーサーフェスと視覚能.
第14回琉球眼研究フロンティア(那覇市)1月, 2013
12. 大鹿哲郎:
KKMのコツ.
第36回日本眼科手術学会総会(ランチョンセミナー)(福岡市)1月, 2013
13. 大鹿哲郎:
白内障手術~術中のリスクと対策~.
第36回日本眼科手術学会総会(フェアウェルセミナー)(福岡市)1月, 2013
14. 上野勇太,岡本史樹,杉浦好美,大鹿哲郎:
放射状角膜切開眼に対する白内障硝子体同時手術後の屈折誤差にpiggyback法が奏効した一例.
第36回日本眼科手術学会総会(福岡市)1月, 2013
15. 宮崎真希,上野勇太,平岡孝浩,大鹿哲郎:
角膜後面形状を考慮した屈折値を用いたトーリック眼内レンズ選択のシミュレーション.
第36回日本眼科手術学会総会(福岡市)1月, 2013
16. 杉浦好美,岡本史樹,岡本芳史,大鹿哲郎:
新しい硝子体手術装置における23ゲージと25ゲージ硝子体手術中の眼内動態の比較.
第36回日本眼科手術学会総会(福岡市)1月, 2013
17. 佐藤正樹:
網膜硝子体手術の実際.
大塚製薬社内セミナー(水戸市)1月, 2013
18. Yasuno Y, Yamanari M, Fukuda S, Beheregaray S, HoshiS, Lim Y, Oshika T:
High-sensitive detection of keratoconus and keratoconus suspect by corneal birefringence measured by Jones Matrix tomography.
BiOS 2013 ( San Francisco) February, 2013
19. 板垣秀夫,國方俊雄,平塚健太郎,斎藤純一郎:
眼内レンズ嚢内固定眼に生じたpigment dispersion syndromeの1例.
第44回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2013
20. 長谷川優実,平岡孝浩,大鹿哲郎:
両眼の乱視が両眼実用視力に及ぼす影響.
第44回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2013
21. 星 崇仁,平岡孝浩,Beheregaray S,加治優一,大鹿哲郎:
鼻涙管閉塞症の治療における鼻内視鏡の有用性とQOLの改善.両眼の乱視が両眼実用視力に及ぼす影響.
第44回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2013
22. 木内貴博,高林南緒子,井上隆史,大鹿哲郎:
薬剤性角膜上皮障害緑内障眼におけるラタノプロストからトラボプロストへの切り替え-第2報-.両眼の乱視が両眼実用視力に及ぼす影響.
第44回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2013
23. 渡部大樹,平岡孝浩,佐藤りえ,高林南緒子,大鹿哲郎:
原発眼内悪性リンパ腫に対してmethotrexate硝子体注射を施行した2例.両眼の乱視が両眼実用視力に及ぼす影響.
第44回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2013
24. 岡本史樹,杉浦好美,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
網膜剥離術後の変視とOCT所見.両眼の乱視が両眼実用視力に及ぼす影響.
第44回筑波大学眼科集談会(つくば市)2月, 2013
25. 山田豊,斉藤敏彦,舩山康則,木内貴博,増田美智子,小川良子,檜澤伸之,
渡部大樹,岡本芳史:
ぶどう膜炎で発症した塗抹肺陽性結核の1例.
第163回日本結核病学会関東支部学会 第203回日本呼吸器学会関東地方会 合同学会.(東京)2月, 2013
26. 上野勇太,平岡孝浩,宮崎真希,伊藤睦子,大鹿哲郎:
角膜厚分布の加齢による変化.
角膜カンファランス2013,第37回日本角膜学会総会,第29回日本角膜移植学会.
(和歌山県西牟婁郡白浜町)2月, 2013
27. 宮崎真希,上野勇太,平岡孝浩,伊藤睦子,大鹿哲郎:
2種類の角膜形状解析装置を用いた角膜乱視の比較.
角膜カンファランス2013,第37回日本角膜学会総会,第29回日本角膜移植学会.
(和歌山県西牟婁郡白浜町)2月, 2013
28. 増田綾美、森洋斉、子島良平、南慶一郎、宮田和典:
LASIK後ドライアイに対するジクアホソル点眼液の長期有効性.
角膜カンファランス2013,第37回日本角膜学会総会,第29回日本角膜移植学会.
(和歌山県西牟婁郡白浜町)2月, 2013
29. 子島良平、寺田裕紀子、増田綾美、森洋斉、南慶一郎、宮田和典:
水疱性角膜症に対する角膜クロスリンキングの効果の検討.
角膜カンファランス2013,第37回日本角膜学会総会,第29回日本角膜移植学会.
(和歌山県西牟婁郡白浜町)2月, 2013
30. 森洋斉、子島良平、増田綾美、八木彰子、南慶一郎、宮田和典、神谷和孝、福田昌彦
Boston Keratoprosthesis 術後の結膜嚢常在菌叢の検討.
角膜カンファランス2013,第37回日本角膜学会総会,第29回日本角膜移植学会.
(和歌山県西牟婁郡白浜町)2月, 2013
31. 大鹿哲郎:
老化に伴う目の病気.
平成24年度第8回都医学研都民講座(特別講演)(東京)2月, 2013
32. Oshika T:
Controlling postoperative inflammation after cataract surgery and how to perform minimally invasive surgery.
International Cataract Conference of Zhongshan Ophthalmic Center (Special Lecture), (Guangzhou, China) March, 2013
33. 大鹿哲郎:
白内障手術ブラッシュアップ.
第6回大橋オフサルモロジー研究会(特別講演)(東京)3月, 2013
34. 平岡孝浩:
眼科疾患の基礎知識.
平成25年度眼科コメディカル講習会(東京)3月, 2013
35. 杉浦好美:
糖尿病黄斑浮腫の視機能と治療成績.
第10回つくば糖尿病と眼合併症研究会(つくば市)3月, 2013
36. 大鹿哲郎:
テクニス・オプティブルー登場.
第117回日本眼科学会総会(ランチョンセミナー)(東京)4月, 2013
37. 平岡孝浩:
合併症と対処法.
第117回日本眼科学会総会(オルソケラトロジー講習会)(東京)4月, 2013
38. 福田慎一:
網膜再生医療の現状と今後「血管内皮前駆細胞の神経・血管保護効果」
第117回日本眼科学会総会(シンポジウム)(東京)4月, 2013
39. 不二門 尚,大鹿哲郎,大野京子,石子智士,長谷部 聡,稗田 牧,鳥居秀成:
近視発生機序から考えた進行予防の我が国での取り組み.
第117回日本眼科学会総会(東京)4月, 2013
40. 平岡孝浩,宮田和典,中村ヤス子,尾方美由紀,岡本史樹,大鹿哲郎:
シクロペントレートによる調節麻痺が小児近視眼の波面収差に及ぼす影響.
第117回日本眼科学会総会(東京)4月, 2013
41. 加治優一,加藤佑典,八木寿梓,後藤祐児,大鹿哲郎:
塩化ベンザルコニウムは角膜ジストロフィーの悪化因子か?
第117回日本眼科学会総会(東京)4月, 2013
42. 上野勇太,平岡孝浩,宮崎真希,伊藤睦子,大鹿哲郎:
角膜後面乱視がトーリック眼内レンズ挿入後の残余乱視に及ぼす影響.
第117回日本眼科学会総会(東京)4月, 2013
43. 福田慎一,星 崇仁,山成正宏,Lim Y,Beheregaray S,平岡孝浩,大鹿哲郎,
安野嘉晃:
前眼部OCTによる角膜形状各パラメーターの円錐角膜判別能力の比較.
第117回日本眼科学会総会(東京)4月, 2013
44. 石井晃太郎,黒川和博,大鹿哲郎:
乳幼児光学系に対する球面収差の影響.
第117回日本眼科学会総会(東京)4月, 2013
45. 高橋幸輝,平岡孝浩,福田慎一,斎藤純一郎,大鹿哲郎:
小児の孤立性脈絡膜血管腫に対して光線力学療法が有効であった一例.
第117回日本眼科学会総会(東京)4月, 2013
46. 長谷川優実,平岡孝浩,大鹿哲郎:
乱視が実用視力に及ぼす影響.
第117回日本眼科学会総会(東京)4月, 2013
47. 岡本史樹,星 崇仁,福田慎一,加治優一,新井三樹,広瀬竜夫,大鹿哲郎:
小切開硝子体手術における強膜創閉鎖剤としてのFocalSeal®の応用.
第117回日本眼科学会総会(東京)4月, 2013
48. 星 崇仁,岡本史樹,杉浦好美,加治優一,新井三樹,広瀬竜夫,大鹿哲郎:
FocalSeal®の網膜裂孔閉鎖に対する有用性と網膜毒性の評価.
第117回日本眼科学会総会(東京)4月, 2013
49. 平岡孝浩,福田慎一,斎藤純一郎,大鹿哲郎:
小児の孤立性脈絡膜血管腫に対して光線力学療法が有効であった一例.
第117回日本眼科学会総会(東京)4月, 2013
50. 中野伸一郎,平岡孝浩,長谷川優実,大鹿哲郎:
両眼および単眼乱視負荷の立体視への影響.
第117回日本眼科学会総会(東京)4月, 2013
51. Oshika T:
The experience of phaco technique and antimicrobial prophylaxis in cataract surgery.
Eye Hospital of Ho Chi Minh City Ophthalmology Seminar (Special Lecture)
(Ho Chi Minh, Vietnam) April, 2013
52. 萩谷千裕,坪井洋人,横澤将宏,萩原晋也,廣田智哉,高井千夏,浅島弘充,三木春香,梅田直人,堀越正信,近藤裕也,杉原誠人,荻島 博,鈴木 豪,平岡孝浩,加治優一,松本 功,大鹿哲郎,住田孝之:
IgG4関連眼窩疾患の臨床的および病理学的解析.
日本リウマチ学会(京都市)4月, 2013
53. 大鹿哲郎:
白内障手術2013春.
第3回北海道IOL研究会(特別講演)(札幌市)4月, 2013
54. 木内貴博:
緑内障診断グレーゾーンとOCTフル活用術.
葛南地区眼科勉強会.(浦安市)5月, 2013
55. Fukuda S, Hoshi S, Yamanari M, Beheregaray S, Hiraoka T, Yasuno Y, Oshika T:
Comparison of three-dimensional optical coherence tomography parameters for early keratoconus diagnosis.
Association for Research in Vision and Ophthalmology (Seatlle, Washington) May, 2013
56. Hiraoka T, Miyata K, Nakamura Y, Ogata TM, Okamoto F, Oshika T:
Influences of cycloplegia with topical cyclopentolate on higher-order aberrations in myopic children.
Association for Research in Vision and Ophthalmology (Seatlle, Washington) May, 2013
57. Kaji Y, Yagi H, Kato Y, Goto Y, Oshika T:
Benzalkonium chloride accelerates amyloid fibril formation in corneal dystrophies in vitro.
Association for Research in Vision and Ophthalmology (Seatlle, Washington) May, 2013.
58. Nejima R, Mori Y, Masuda A, Maruyama Y, Minami K, Miyata K:
Efficacy of Long-term treatment with diquafosol sodium for dry eye due to laser in situ keratomileusis
Association for Research in Vision and Ophthalmology(Seattle, Washington )May, 2013
59. Minami K, Masuda A, Mori Y, Neijima R, Miyata K:
Change of Irregular Astigmatism after Pterygium Excision Surgery
Association for Research in Vision and Ophthalmology(Seattle, Washington )May, 2013
60. Mori Y, Nejima R, Masuda A, Maruyama Y, Minami K, Miyata K:
Efficacy of Rebamipide for Laser In Situ Keratomileusys-associated Dry Eye
Association for Research in Vision and Ophthalmology(Seattle, Washington )May, 2013
61. 大鹿哲郎:
IOLアップデート.
IOL Update Seminar in松山(特別講演)(松山市)5月, 2013
62. 大鹿哲郎:
術後眼内炎を起こさないために.
11th Symposium of Ocular Surface and Infection(招待講演)(大阪市)5月, 2013
63. Hiraoka T:
Long-term effect of overnight orthokeratology on axial length elongation in childhood myopia: a 5-year follow-up study in Japan.
The 2nd Meeting of the European Academy of Orthokeratology, Brussels, June, 2013
64. 大鹿哲郎:
より良い白内障手術のために-Late-onset TASSの発生を受けて-.
HOYA症例報告会(特別講演)(郡山市)6月, 2013
65. 大鹿哲郎:
眼内炎の原因と対策-Late-onset TASS-.
第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会(ランチョンセミナー)(浦安市)6月, 2013
66. 佐藤正樹,林 研,根岸一乃,神谷和孝,ビッセン宮島弘子:
2012年度JSCRS会員アンケート.
第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会(浦安市)6月, 2013
67. 神谷和孝,林 研,根岸一乃,佐藤正樹,ビッセン宮島弘子:
多焦点眼内レンズ摘出例のアンケート調査.
第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会(浦安市)6月, 2013
68. 岡本史樹:
網膜疾患と視機能.
第2回札幌硝子体セミナー(札幌市) 6月, 2013
69. 岡本史樹:
網膜疾患の手術と視機能.
第2回North Kanto RETINA Club. (東京)7月, 2013
70. 岡本史樹:
網膜疾患の手術と視機能.
千葉県眼科医会総会・学術講習会. (浦安市)7月, 2013
71. Oshika T:
Preoperative consideration and patient selection. Optimzing Outcomes in Toric IOLs.
26th Asia-Pacific Association of Cataract and Refractive Surgeons (Core Instuructional Course) (Singapore) July, 2013
72. Oshika T:
Complication management and difficult cases. Optimzing Outcomes in Toric IOLs.
26th Asia-Pacific Association of Cataract and Refractive Surgeons (Core Instuructional Course) (Singapore) July, 2013
73. Oshika T:
What do you expect about new IOLs preloaded design? Practice, trends, and future.
26th Asia-Pacific Association of Cataract and Refractive Surgeons (Luncheon Seminar)
(Singapore) July, 2013
74. 佐藤正樹:
網膜硝子体手術の実際.
千寿製薬社内セミナー(水戸市)7月, 2013
75. 石井晃太郎,黒川和博,大鹿哲郎:
乳幼児光学系に対する生理的乱視の影響.
第69回日本弱視斜視学会総会・第38回日本小児眼科学会総会(広島市)7月,
2013
76. 平岡孝浩:
合併症と対処法.
第56回日本コンタクトレンズ学会総会(オルソケラトロジー講習会)(大阪市)7月, 2013
77. 平岡孝浩:
オルソケラトロジーの未来:認可後の3年間で見えてきたもの.アルファコーポレーション社の使用成績調査の詳細.
第56回日本コンタクトレンズ学会総会(シンポジウム)(大阪市)7月, 2013
78. 平岡孝浩,大鹿哲郎,伊藤孝雄,掛江裕之,山本輝一:
オルソケラトロジー使用成績調査 3年間の解析結果.
第56回日本コンタクトレンズ学会総会(大阪市)7月, 2013
79. 平岡孝浩:
合併症と対処法.
第56回日本コンタクトレンズ学会総会(オルソケラトロジー講習会)(大阪市)7月, 2013
80. 加治優一,平岡孝浩,萩原晋也、林 太智、松本 功、住田孝之,大鹿哲郎:
関節リウマチに対する生物製剤治療後に生じた無菌性角膜潰瘍の1例.
第10回免疫疾患フォーラム(つくば市)7月, 2013
81. 大鹿哲郎:
スペシャリストの魅力.
第2回眼科サマーキャンプ(木更津市)7月, 2013
82. 大鹿哲郎:
白内障を正しく診断する.
第1回眼科臨床実践講座(東京)8月, 2013.
83. 佐藤正樹:
最新の眼科救急診療.
第51回全国大学保健管理協会・関東甲信越地方部会研究集会(水戸市)8月, 2013
84. Oshika T:
Achieving stable IOL fixation in eyes without adequate capsular support.
XXX Pan-American Congress of Ophthalmology, XXXVII Congresso Brasileiro Oftalmologia (Symposium)(Rio de Janeiro, Brazil) August, 2013.
85. 大鹿哲郎:
WOC2014まであと7ヵ月.
第52回筑波TOC(つくば市)8月, 2013.
86. 長谷川優実,平岡孝浩,宮田和典,大鹿哲郎:
片眼乱視が両眼の視力と実用視力に及ぼす影響.
第49回日本眼光学学会(京都市)9月, 2013.
87. Oshika T:
How to control postoperative inflammation after cataract surgery and minimally invasive cataract surgery.
18th Congress of Chinese Ophthalmological Society (Luncheon Seminar) (Xiamen, China) September, 2013.
88. Oshika T:
Prevention of endophthalmitis and management of difficult cases in cataract surgery.
18th Congress of Chinese Ophthalmological Society (Booth Seminar) (Xiamen, China) September, 2013.
89. 木内貴博,高林南緒子,井上隆史,大鹿哲郎:
薬剤性角膜上皮障害緑内障眼におけるラタノプロストからトラボプロストへの切り替え(続報)
第24回日本緑内障学会(東京)9月, 2013
90. 平岡孝浩:
近視進行予防のストラテジー コンタクトレンズVS 眼鏡 オルソケラトロジーによる近視進行予防.
第49回日本眼光学学会総会(シンポジウム)(京都)9月, 2013
91. Oshika T:
What do you expect about new IOLs preloaded design? Practice, trends, and future.
XXXI Congress of the ESCRS (Evening Seminar)( Amsterdam, Netherland) October, 2013
92. Hagiya C, Tsuboi H, Yokosawa M, Hagiwara S, Hirota T, Takai C, Asashima H, Miki H, Umeda N, Kondo Y, Ogishima H, Suzuki T, Hiraoka T, Kaji Y, Matsumoto I, Oshika T, Sumida T:
Clinical and pathological analysis of patients with IgG4-related disease complicated with orbital involvements.
12th International Symposium on Sjogren's Syndrome ( Kyoto, Japan) September, 2013
93. 岡本史樹:
RVOの基礎知識.
ノバルティス研究会.(つくば市)10月, 2013
94. 大鹿哲郎:
白内障手術の進む道.
第7回Midland Seminar of Ophthalmology(招待講演)(名古屋市)10月, 2013
95. 大鹿哲郎:
クオリティ眼内レンズの今.
クオリティ眼内レンズセミナーin Nagoya(特別講演)(名古屋市)10月, 2013
96. 大鹿哲郎:
クオリティ眼内レンズの現状.
クオリティ眼内レンズセミナーin Fukuoka(特別講演)(福岡市)10月, 2013
97. 木内貴博:
緑内障診断グレーゾーンとOCTフル活用術.
柏眼科診療勉強会.(柏市)10月, 2013
98. 木内貴博:
緑内障診断グレーゾーンとOCTフル活用術.
Pfizer製薬社内研修会.(東京)10月, 2013
99. 大鹿哲郎:
乱視矯正とQOL & AutoSert.みんなのTORIC.
第67回日本臨床眼科学会(イブニングセミナー)(横浜市)11月, 2013
100. 大鹿哲郎:
OptiBlueの理論.クオリティ眼内レンズセミナー.オプティブルーの特徴を知ろう.
第67回日本臨床眼科学会(イブニングセミナー)(横浜市)11月, 2013
101. 大鹿哲郎:
眼光学の進歩と眼組織の可視化の関係.検査法の進歩による眼光学メカニズムの解明.
第67回日本臨床眼科学会(シンポジウム)(横浜市)11月, 2013
102. 大鹿哲郎:
眼内レンズ強膜内固定.難症例・合併症例の白内障手術.
第67回日本臨床眼科学会(インストラクションコース(横浜市)11月, 2013
103. 佐藤正樹:
硝子体手術・極小切開白内障手術におけるKS-SPの価値.
第67回日本臨床眼科学会(ランチョンセミナー)(横浜市)11月, 2013
104. 平岡孝浩:
合併症と対処法.
第67回日本臨床眼科学会(オルソケラトロジー講習会)(横浜市)11月, 2013
105. 大鹿哲郎:
眼内レンズ選択.眼内レンズ選択と度数計算.
第67回日本臨床眼科学会(インストラクションコース)(横浜市)11月, 2013
106. 木内貴博,高林南緒子,井上隆史,大鹿哲郎:
細隙灯顕微鏡用アダプター付き家庭用デジタルカメラによる静止画・動画撮影.
第67回日本臨床眼科学会(横浜市)11月, 2013
107. 平岡孝浩,柿田哲彦,岡本史樹,大鹿哲郎:
オルソケラトロジーの小児眼軸伸長抑制効果において眼球収差が果たす役割の検討.
第67回日本臨床眼科学会(横浜市)11月, 2013
108. 上野勇太,平岡孝浩,宮崎真希,伊藤睦子,大鹿哲郎:
前眼部OCTを用いた角膜厚分布と非対称性角膜不正乱視の加齢性変化の検討.
第67回日本臨床眼科学会(横浜市)11月, 2013
109. 周藤 真,平岡孝浩,大鹿哲郎:
スマートフォンを用いた前眼部フルオレセイン染色所見の記録および涙液層破壊時間の測定.
第67回日本臨床眼科学会(横浜市)11月, 2013
110. 田崎邦治,岡本史樹,杉浦好美,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
黄斑前膜術後の不等像視の経時変化.
第67回日本臨床眼科学会(横浜市)11月, 2013
111. 岡本史樹,杉浦好美,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
裂孔原性網膜剥離術後の不等像視.
第67回日本臨床眼科学会(横浜市)11月, 2013
112. 宮崎真希,上野勇太,平岡孝浩,大鹿哲郎:
角膜後面乱視の影響を除去した白内障術後の内部乱視の検討.
第67回日本臨床眼科学会(横浜市)11月, 2013
113. 大房理恵,杉浦好美,高木理央,岡本史樹,平岡孝浩,大鹿哲郎:
うっ血乳頭で発見された硬膜動静脈瘻の一例.
第67回日本臨床眼科学会(横浜市)11月, 2013
114. 岡本芳史,星 崇仁,岡本史樹,平岡孝浩,大鹿哲郎:
加齢黄斑変性患者における治療前後の視覚関連QOLの評価.
第67回日本臨床眼科学会(横浜市)11月, 2013
115. 杉浦好美,岡本史樹,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
糖尿病黄斑浮腫患者における硝子体手術前後の視機能.
第67回日本臨床眼科学会(横浜市)11月, 2013
116. 加治優一,石田祥子,松本雄二郎,大鹿哲郎:
ニキビダニに対するティーツリーオイル中の殺虫成分の同定.
第67回日本臨床眼科学会(横浜市)11月, 2013
117. 石田祥子,加治優一,松本雄二郎,大鹿哲郎:
ステロイド眼軟膏の長期使用患者の睫毛根部におけるニキビダニの寄生率.
第67回日本臨床眼科学会(横浜市)11月, 2013
118. 山本敏哉,平岡孝浩,シモーネ・ベヘレガレイ,大鹿哲郎:
眼内レンズ挿入眼の倒乱視と直乱視が偽調節へ及ぼす影響.
第67回日本臨床眼科学会(横浜市)11月, 2013
119. 大房理恵,福田慎一,Simone Beheregaray,Deepa Kasaragod,石井晃太郎,安野嘉晃,大鹿哲郎:
前眼部偏光OCTによる緑内障手術濾過胞解析.
第35回茨城医学会眼科分科会,平成25年度茨城県眼科医会集談会(水戸市)11月, 2013
120. 林寺 健,岡本芳史,星 崇仁,岡本史樹,平岡孝浩,大鹿哲郎:
実用視力測定法を用いた散瞳後の視機能.
第35回茨城医学会眼科分科会,平成25年度茨城県眼科医会集談会(水戸市)11月, 2013
121. 飯田将元,上野勇太,平岡孝浩,大鹿哲郎:
全層角膜移植後の角膜厚分布の経時変化.
第35回茨城医学会眼科分科会,平成25年度茨城県眼科医会集談会(水戸市)11月, 2013
122. 杉浦好美,岡本史樹,岡本芳史,平岡孝浩,大鹿哲郎:
黄斑円孔患者の術前後コントラスト感度と網膜形態.
第35回茨城医学会眼科分科会,平成25年度茨城県眼科医会集談会(水戸市)11月, 2013
123. 木内貴博,高林南緒子,井上隆史,大鹿哲郎:
細隙灯顕微鏡用アダプター付き家庭用デジタルカメラによる静止画・動画撮影.
第35回茨城医学会眼科分科会,平成25年度茨城県眼科医会集談会(水戸市)11月, 2013
124. 田崎邦治,上野勇太,伊藤泰明,平岡孝浩,大鹿哲郎:
多発転移をきたした涙腺原発粘表皮癌の1例.
第35回茨城医学会眼科分科会,平成25年度茨城県眼科医会集談会(水戸市)11月, 2013
125. 大鹿哲郎:
クオリティ眼内レンズの今.
クオリティ眼内レンズセミナーin Sapporo(特別講演)(札幌市)11月, 2013
126. 木内貴博:
もうこわくない 眼科救急疾患.
筑波メディカルセンター病院研修会 (つくば市) 11月, 2013
127. Oshika T:
Clinical pearls in the prevention of endophthalmitis after cataract surgery.
The 54th Annual Meeting of the Ophthalmological Society of Taiwan (Morning Seminar), (Taipei, Taiwan) December, 2013
128. Oshika T:
Cornea and anterior segment OCT.
The 10th Japan-Taiwan Joint Meeting of Ophthalmology (Symposium) (Taipei, Taiwan) December, 2013
129. Okamoto Y, Okamoto F, Hiraoka T, Oshika T:
Refractive change of nuclear sclerosis after vitrectomy for rhegmatogenous retinal detachment.
The 8th APVRS Congress & The 52nd Annual Meeting of Japanese Retina and Vitreous Society. (Nagoya) December, 2013
130. Okamoto F, Tasaki K, Sugiura Y, OkamotoY, Oshika T:
Associations between aniseikonia and foveal microstructure following vitrectomy for epiretinal membrane.
The 8th APVRS Congress & The 52nd Annual Meeting of Japanese Retina and Vitreous Society.( Nagoya) December, 2013
131. 大鹿哲郎:
白内障診療ステップアップ.
第147回和歌山眼科学会(特別講演)(和歌山市)12月, 2013
132. 木内貴博:
緑内障OCT診断学 最前線.
大塚製薬社内研修会.(東京)12月, 2013
133. 岡本史樹:
網膜疾患の視機能 ―網膜剥離と黄斑前膜の変視と不等像視―.
第4回UAC霧島眼科研鑚会 (都城市)12月, 2013
134. 平岡孝浩:
小児の近視進行抑制法アップデート ―オルソケラトロジーを中心として― .
第4回UAC霧島眼科研鑚会(都城市)12月, 2013