教育・研修について

診療スタッフより一言

教授:大鹿 哲郎 (おおしか てつろう)
筑波大学眼科は若さとやる気に溢れた診療グループで、仲良く楽しい雰囲気の中にも、科学する心が満ちています。

臨床能力を身につけたい人、手術をやりたい人、研究をやってみたい人、国際学会で発表してみたい人、世界を相手に臨床・研究で勝負したい人、どんな人でも大歓迎です。是非一緒に仕事をしませんか、私たちは全力で皆さんをサポートします。興味のある方はいつでも連絡してください。
講師:平岡 孝浩 (ひらおか たかひろ)
眼球は直径20mmちょっとの小さな器官ですが、重要な組織が凝縮されています。この器官には想像を超える非常に多くの疾患があり、その検査法、治療法も奥深く、手術に関してもまだ確立されていないものがたくさんあります。

また眼は感覚器であり治療結果が患者さんにもすぐわかります。当然、治療に際しては緊張を保ち、全力で取り組むことが不可欠ですが、視力を取り戻した患者さんの喜びは言葉に表せないものがあり、とてもやりがいのある仕事だと感じています。筑波大学には苦しみや喜びを分かち合える多くの良き仲間がいますが、もっと多くの仲間を必要としていますので、興味のある方は、是非連絡してください。

初期研修について

現在,初期研修はスーパーローテート方式となっています.本院眼科を希望する先生は,他科との調整もありますが,1年目と2年目で1ヶ月~6ヶ月を眼科にすることができます.
また,筑波大学眼科では,約100ページにわたる眼科スーパーローテートマニュアル(レジデントマニュアル)という小冊子を独自に作成し,配付しています.1年目,2年目の到達目標を具体的に掲げ,熟練した指導医の指導をうけながら研修に励んで頂くシステムとなっています.ちなみに2013年度は,14人の眼科スーパーローテート希望者を受け入れており,後期研修の医師と引けを取らないような研修プログラムになっています。
なお,他大学の卒業生や中途で研修を受けられる方も,本学の卒業生と比べてなんら変わりない研修を受けることができます.
初期研修を受けた研修医の感想については初期研修医の経験談のページを御参照ください。

筑波大学眼科の特徴や後期研修については後期研修のページを御参照ください

ご質問、お問い合わせは下記連絡先までご連絡ください。また、卒後研修の全体的な内容については筑波大学卒後臨床研修部のページに詳細がのべられておりますのでご参照ください。

連絡先

研修に関するご質問をメールにて送る場合は g-tukuba@md.tsukuba.ac.jp までお願いします。
なお、お送りいただいたメールすべてにはお返事できない場合がございます。また、メールでの医療相談には原則としてお返事いたしておりません。申し訳ございませんが御了承ください。